活動地内にて

4月28日(木)雨時々曇り。 遊水地内のクリンソウの花が段を重ね、三輪に。頂点につぼみが多く残っており、九輪になるのももう少し。
2021042801_t.jpg

昨日 ノジギクのポット苗づくりをしている時に、今年初めてジャコウアゲハの飛来を確認しましたが、ウマノスズクサの葉の裏に卵が産みつけられていました。
2021042803_t_20210429080548040.jpg

寒さの中で

1月30日(土) 野路菊の丘 寒さの中にも春に向かっての兆しが見えてきました。

昼過ぎ 水槽の中にはまだしっかりとした氷が張っていました
2021013003_s.jpg

そばのモミジの小枝の先には新しい芽の先が少し膨らみ、色づき出しました。
2021013007_ (2)s

ヤブツバキのつぼみも
2021013008_s.jpg

林の中では、自生のヤブランの葉が濃い緑に変わってきています
2021013005_s.jpg






ノジギク開花状況(11月19日)

11月19日(木)よこお野路菊の丘のノジギクの開会状況は、8~9分咲きです。
全体に菊のいい香りが満ちています。

斜面右の周回路
2020111958_s.jpg

2020111960_s.jpg

2020111979_s.jpg




ノジギク開花状況(11月12日)

11月12日(木)
よこお野路菊の丘のノジギクは花数を増やし、平均的には五部咲きほどですが、斜面の菊はこんもりとなるぐらいに元気に開花をし、既に見頃に入りました。
昨年は斜面の土止め柵の更新作業により植栽地を傷めた為、例年より約2倍の2000本の苗を作って補植したことと、8月に続けた早朝水遣りが今年の開花に寄与したようです。

2020111250_t.jpg

2020111210_t.jpg

2020111213_t.jpg

2020111231_t.jpg

2020111241_t.jpg


アサギマダラのオスとメス

10月15日 表のフジバカマの花の蜜に飽いたのか、谷筋の日が入りにくいところに咲くヨシノアザミの蜜を吸うアサギマダラ。
下翅の角に黒い模様(性標)があるのがオス、ないのがメス。
オス
2020101132_ (2)b

メス
2020101137_ (2)b

表に咲くフジバカマに珍客、イシガケチョウ
2020101529_b.jpg






ノジギクへの水遣り、アサギマダラ飛来第1号

8月19日(水) 日照りが続き、今年5回目のノジギクへの早朝散水を行いました。参加者 7名。故障しているポンプ1台を応急処置し、 2台同時にフル回転させて6時半に撒き終えました。
遊水地傍のフジバカマに今年の第1号のアサギマダラが飛来。

平地の水遣り
2020081909_s.jpg

2020081912_s.jpg

斜面の水遣り。2台のポンプで平地と斜面を同時散水。
2020081907_s.jpg

2020081910_s.jpg

メンバーの友人の方が朝の体操に見え、一緒にラジオ体操。
散水後の体操②s

早めに帰途に。遊水地傍のフジバカマに立ち寄ったところ大き目の蝶が1匹ゆっくりと飛んでいます。まぎれもなく「アサギマダラ」。今年の飛来第1号ですが、例年と比較し早すぎます。どのあたりから出発したのでしょう。
IMG_3149s.jpg

IMG_3230s.jpg

まだ花は殆ど咲いておらず、葉の上で翅を休めています。
2020081914_s.jpg

3月9日(月) 快晴。友が丘の自然教材園にて、ジャガイモの植付。総参加者 49名、当会から3名。
当初予定は昨日のAMでしたが雨のために中止し、今日の午後に延期。

 開始予定時間13:00が、12:45にはいつもの如く既にスタートしていました
2020030906_t.jpg

前もって掘って頂いている穴に、畝毎の半分づつに「だんしゃく」と「メークイン」の種イモを埋めていきます
2020030907_t.jpg

続々と人が集まり、みるみる内にイモは埋められていきます
2020030910_t.jpg

13:10にはほぼ埋め終わり、一息
2020030911_t.jpg

埋めた畝に黒い農ビをかぶせていきます
2020030913_t.jpg

13:40 完了し記念写真。お疲れさまでした。
2020030916_t.jpg

ノジギクへの水遣り開始

5月26日(日)晴れ 野路菊の丘に補植用の苗を植えてから5日間日照りが続いているため、有志3名で今年最初の水遣りを行いました。

平地から
P5260001-t.jpg

P5260004-t.jpg

夕日に映える斜面から
P5260005-t.jpg

文太郎道の整備

5月9日(水)曇り 参加者 当会5名、西神戸山の会4名。計9名。
登山路 文太郎道の取りつき部の整備を行いました。
加藤文太郎(1905~1936、単独行で有名な登山家、新田次郎の「孤高の人」のモデル)は須磨に住いし、六甲縦走路をトレーニング場所としていました。
現在の六甲縦走路の南から栂尾山山頂へは400段のコンクリ階段を登りますが、その東側にある元縦走路が加藤文太郎の名を冠した「文太郎道」です。
高倉からの陸橋を渡り、左が400段の階段、右が文太郎道ですが、分かれに表示が無く、また 文太郎道への取りつきの道が荒れて判りづらく、残念ながら利用する人が少ない。
登山グループの西神戸山の会の皆さんと相談し、取りつきの道の整備をすることにしました。
森林ボランティアグループと登山グループの有志による協働作業です。

整備前
P4150013-t.jpg

作業開始
P5090039-t.jpg

ニセアカシヤの古い倒木が多い
P5090040-t.jpg

入口部の整備が完了
P5090063-t.jpg

中央部の整備
P5090042-t.jpg

奥の取りつき部の整備
P5090043-t.jpg

P5090045-t_201905091937399d8.jpg

整備を終え記念写真
P5090047-t.jpg

全員で文太郎道を登りました
P5090048-t.jpg

P5090054-t.jpg

栂尾山頂上に今年1月に新たに設置された案内板には、文太郎道(黄色のルート)が記されていました
P5090055-t.jpg

帰りは、400段階段を下りました
P5090056-t.jpg

400段階段との別れに、手づくりの道標を設置しました。これを見て登ってみようと思われる人も増えることと思います。
P5090060-t.jpg






よこおのいろいろな作業

4月16日(火) 晴れ 参加者19名。
よこお野路菊の丘では2班に分かれ、斜面の草抜きと竹の土留め柵更新を実施。
その後 第2炭焼き窯跡周辺の整備を行いました。

上部で土留め柵更新、下部では草抜き
IMG_7912-t.jpg

P4160055-t.jpg

P4160057-t.jpg

P4160056-t.jpg

場所を変えて、雑木林の整備
P4160059-t.jpg


プロフィール

よこおみち森もりの会

Author:よこおみち森もりの会
森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログへようこそ!
私たちは兵庫県神戸市須磨区の須磨ニュータウンに隣接する六甲山系横尾山中腹と友が丘の森林・竹林・緑地などを、多くの人が自然にふれあえる癒しの場となるように整備活動を行っています。
お近くにお住まいの方で体験参加をご希望の方は、下記メールでお気軽にお問合せください。

この活動(2021年度)は、下記の団体様から助成を頂いて行っています。
☆コープこうべ環境基金
☆ひょうごボランタリー基金

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
訪問者累計
よこおみち森もりの会へのメール
ご意見、こ感想、お問合せ等はこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ