竹林の里看板づくり

3月30日(火) 晴れ、参加者20名。暖かく ウグイスの声を聴きながらの最高の作業日より。
4ヶ所の入り口の看板の更新や新設、テーブル広場の屋根の補修、植樹している木への施肥等を行いました。

看板一つ目(竹林の里への北の正面入り口)
テーブル広場で作成済みの立て看板(1年半前に伐倒し保管していたクヌギ材、非常に重たい)を、8人掛かりで運び出し
2021033005_s.jpg

林内の階段道を通過
2021033007_s.jpg

散策路を登り
2021033013_s.jpg

穴を掘って立て掛け
2021033021_s.jpg

竹林の里への北の正面入り口の看板完成
2021033032_s.jpg

二つ目の看板
住宅地から山道への入り口の看板(更新前の看板)
2021033024_s.jpg

前もって作った看板へ取り換え
2021033025_s.jpg

二つ目完成
2021033047_s_2021033017594861e.jpg

三つ目と四つ目の看板の女性陣による竹文字づくり
2021033015_s.jpg

三つ目の中入口の看板の取り付け
2021033034_s.jpg

三つ目完成
2021033043_s.jpg

四つ目の南入口の看板取り付け
2021033037_s.jpg

四つの看板全て完成しました
2021033042_s.jpg

小さい苗を植樹したマユミやモミジ、ニシキギ、クヌギ等の周りに肥料を埋め込み
2021033017_s.jpg

昨年増設した屋根に不具合が生じ、補修
2021033040_s.jpg

失敗を重ねながら、着実にレベルアップしています
2021033049_s.jpg





山桜の古木

3月28日 街ではソメイヨシノが、山ではヤマザクラが満開を迎えています。
谷間の雑木林では、人に殆ど見られることなく咲き続けてきたヤマザクラがあります。

木々に遮られたヤマザクラの大木の満開
2021032757_s.jpg

谷間の山桜の古木(キングコングが雄叫びを挙げている感じ。丁度満開です。
2021032785_ (2)s

幹は将に筋肉隆々そのもの。一抱え半ほどの太さがあります。数百年の樹齢があるでしょう。近くには炭焼き窯跡が残っていますが、何代もの先人たちはこの木を炭にせずに、大事にしてきたのではないかと思います。
2021032767_s.jpg

力強い
2021032769_s.jpg

2021032770_s.jpg

上部では、厚い表皮を破り新しい芽が出てきています。古木ではあっても老木ではありません。まだまだこれからも百年単位で長生きをしてくれるものと思います。
2021032775_s.jpg




ノジギクへの施肥、憩いの森の鹿子の木の伐倒

3月23日(火)晴れ、参加者26名。野路菊の丘のノジギクを咲き揃わそうと鉄棒で約12,000個の穴をあけ、粒状肥料の埋め込む作業が無事終了しました。この後 憩いの森に入り 笹刈りと常緑樹の伐倒を行いました。

2021032306_t.jpg

育ちの悪いところには、来月挿し芽で作る苗を植える予定です。
2021032308_t.jpg

2021032310_t.jpg

2021032318_t.jpg

2021032311_t.jpg

2021032316_t.jpg

憩いの森で、かごの木の伐倒準備中
2021032320_t.jpg








横尾道(遊歩道)傍の整備

3月20日(土)晴れ、参加者6名。土曜日の活動日に続けて行っている遊歩道傍の整備を継続。
遊歩道を行き来する人から、「ありがとうござます」と声を掛けられること多し。

2021032004_t.jpg

2021032006_t.jpg

2人が生い茂った木の中に潜り込んで強剪定
2021032006_ (3)t

2021032008_t.jpg



野路菊への施肥、看板づくり

3月16日(火)曇り、参加者26名。よこお野路菊の丘と友が丘の竹林とに二手に分かれて作業。

ノジギクの栽培を始めた頃のように元気な花をいっぱいに咲かせるようにと、肥料の埋め込みを先週に続けて実施。
きょうは中斜面の右側。テスト的に左側の倍の量の施肥。男女 ペアになって。
2021031605_t.jpg

2021031607_t.jpg

上斜面に移動し
2021031611_t.jpg

2021031614_t.jpg

無事に予定通りの作業を終え帰途に。登り坂にメンバーが植えたオキナグサ(翁草)が、花を着けました。(名札の右)
2021031618_t.jpg

野路菊の丘への登り口のオオシマザクラが満開になっています。
2021031620_t.jpg

友が丘竹林の南入り口の看板づくり
看板設置枠製作2t

きょうは横看板を吊るす枠が完成しました
2021031625_t.jpg

同時進行している住宅地から山道への入り口と竹林の北入り口に設置する看板が出来つつあります。
2021031622_t.jpg

2021031623_t_20210316183338a57.jpg







会員募集

私たちは、神戸市須磨区の須磨ニュータウン周辺の荒れた雑木林・竹林や緑地で、森林ボランティア活動を行っています。
よこおみち森もりの会の活動にご興味のある方、お気軽にお問い合わせして頂き、そしてまず体験参加をしてみてください。
下記の方にお勧め致します。
〇仕事中の休みの日を活かしたい  〇仕事を離れて余裕が出来た時間を活かしたい  〇屋外で身体を動かしたい 〇自然に接して新たな発見をしたい  〇汗をかいた成果を自分で実感し、そして多くの人に喜んでもらいたい  〇新たな出会いを求めたい  〇長く続けられることをしたい など

あt

いt

ノジギクヘの施肥

3月9日(火) 晴れ、参加者22名。 ノジギクを育て始めて12年。あまり堆肥・肥料を施すことをしてこなかった為か、株のボリュームの低下や花が小粒になってきたことなどから、初期の頃のように花が咲き揃うようにしようと、本格的な施肥を行うことにしました。
きょうは、その1日目。

久し振りの20名を越す参加者で、朝のストレッチ体操。
2021030901_ (2)s

まず左斜面からスタート。2人でペアを組み、鉄棒を刺して縦横20cm間隔に深さ20cmの穴をあけ、化成肥料をペットボトルのキャップを使って約12gを投入。
2021030903_s.jpg

2021030905_s.jpg

2021030910_s.jpg

この左斜面が無事終了しました。来週は、右斜面で1穴当たりの投入量を倍にしてみます。
2021030914_s.jpg

参加者全員で集合写真
2021030917_s.jpg








よこお緑地の整備

3月6日(土) 参加者5名。土曜の活動日に行っているハチクのタケヤブへの登り口近くを通る遊歩道脇の整備を行いました。
前回は道の東側を主体に行ったことに対し、今回は西側も追加して実施。

カマと草刈り機で除草、また密集したアカメガシワやヌルデ等をノコで切り取り
2021030604_s.jpg

Hさん 草刈り機の初体験。初めてとは思えません
2021030605_s.jpg

きれいになりました。遊歩道を歩く人が季節を楽しめる場所になって欲しいと思っています。
2021030606_s.jpg

野路菊の丘の下斜面のまだ幼い早咲きの桜が、開花を始めました
2021030614_s.jpg

先月末に植樹した河津桜が、初めて花を着けました
2021030601_s.jpg





プロフィール

よこおみち森もりの会

Author:よこおみち森もりの会
森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログへようこそ!
私たちは兵庫県神戸市須磨区の須磨ニュータウンに隣接する六甲山系横尾山中腹と友が丘の森林・竹林・緑地などを、多くの人が自然にふれあえる癒しの場となるように整備活動を行っています。
お近くにお住まいの方で体験参加をご希望の方は、下記メールでお気軽にお問合せください。

この活動(2021年度)は、下記の団体様から助成を頂いて行っています。
☆コープこうべ環境基金
☆ひょうごボランタリー基金

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
訪問者累計
よこおみち森もりの会へのメール
ご意見、こ感想、お問合せ等はこちらに

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ