森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

貯水槽の回復作業等

7月17日(火) 参加者14名。真夏日。
先の豪雨にて、土砂に埋まった野路菊の水遣り用の貯水槽の彫り出し作業を、先週に引き続き実施。
並行して、遊水地へのヒヨドリバナの移植と、野路菊の丘の斜面の草刈りを行いました。

まず女性陣は、遊水地内の自生のヒヨドリバナの株の傍に、育てた苗を新たに移植。
P7170002-s.jpg

自生のヒヨドリバナの株は大きくなっており、花が咲く頃には沢山のアサギマダラが立ち寄ってくれるものと期待。
この上流部のヒヨドリバナの自生地は、残念ながら先の土石流で埋まってしまいました。
P7170025-s.jpg

刈払い班は、炎天下で野路菊の傍の雑草の刈取り作業。
P7170018-s.jpg

本隊は、貯水槽から土砂の掘り出し
P7170007-s.jpg

女性陣も合流。木漏れ日の下での作業。木陰を作っているカラスザンショの大木に日本一大きいといわれる「モンキアゲハ」が、何匹も飛来し、目を楽しませてくれます。
P7170015-s.jpg

土砂はまだ残り、貯水槽の回復作業は来週に持越し。このまま炎天が続けば、来週には水遣りが必要になるかも。
P7170021-s.jpg

メンバーの奥様が自宅の梅を漬けこんでの梅干を差し入れ。柔らかい梅干は一個毎にシソと一緒に包まれ、リボンが掛けれていました。
P7170009-s.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |