森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

竹について研究

5月8日 今日は、神戸婦人大学3年の「竹」研究チームの皆さんが、竹林を見たいとのことで見えられました。
竹の現状を知ってもらうには、タケヤブとテング巣病を知ってもらうことは大事と、現場と実物をじっくりみて頂きました。
これから 約1年 色々な場で調査・研究をされて、いい研究論文が出来ることを期待しています。

活動地に隣接するマダケのタケヤブに向かいます。
P5080016-s.jpg

段々畑であったところのタケヤブで説明。
P5080018-s.jpg

P5080019-s.jpg

荒れたタケヤブの中に、自生のランが1輪 顔を出していました。
P5080020-s.jpg

タケヤブを無事に抜け、畑地に出ました。周りでウグイスが競演。
P5080022-s.jpg

ハチクのタケヤブ、モウソウチクのタケヤブを経て竹林の道に戻り、昼食。
昼休みには、オカリナのクラブに入っている人達が、童謡を演奏。
P5080031-s.jpg

dc050804-s.jpg

午後は、竹についての雑知識の説明、竹林の周辺の散策、ウグイス笛づくり等をやってもらい、無事終了しました。お疲れ様でした。
dc050808-s.jpg





別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |