森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

10月10日、11日

10月11日 須磨FRSネットが11月に予定している須磨海岸ウオーキングの下見に、早朝 須磨海岸に。

岸壁に1本足で立つアオサギ(逆光)、昨年 多井畑で会った彼(彼女)か
2020101104_t.jpg

下見の後、須磨里海の会さんが、アサリの復活に取り組んでいる様子を見させて頂きました
舟でアサリを育てている場所に行き、区域ごとの砂を採集。(逆光)
待っている間に、潮が引き砂浜に取り残された5㎜~15㎜程のアサリの幼貝採集。
2020101111_t_20201011165515464.jpg

採集した海底の砂から貝を分別し、データ化をしていきます。
泥の中には小さなホトトギスガイが沢山入っていました。ホトトギスガイはマット状にびっしりと海底を覆い、アサリを窒息させ生長を阻害する憎っくき貝です。
2020101116_t.jpg


帰途 よこおのアサギマダラの飛来地に。遊水地傍のフジバカマに5頭ほどが吸蜜。
2020101149_ (2)t

遊水地に流れ込む溝を少し登るとアザミがまとまって自生。そこに5頭程が蜜を吸っていました。
2020101128_ (2)t

2020101132_ (2)t

木橋の山側に移動しました。そこでも5頭程が蜜を吸っていましたが、うち2頭がここでは少ないアザミを探して吸蜜していました。
アザミにとまっているのは、メスでしょうか。
2020101137_t.jpg

ヨシノザミ、高さ1.5m以上に伸び、葉には鋭い硬いとげがあります。
2020101145_t.jpg

2020101146_t.jpg

野路菊の丘の傍の雑木林内で自生のヤマジノホトトギス。ホトトギスの名前がつくものは、鳥に始まり、植物、貝等があります。
アサギマダラが吸蜜するヒヨドリバナも鳥のヒヨドリから。鳥が由来の名前がつくものが沢山あります。
2020101004__01t.jpg






別窓 | 日記
∧top | under∨

地元との交流

10月10日(土)地元の自治会が隣接する多井畑西地区の里山を歩くイベントを予定し、同行する予定であったが、天候不良のために屋内に変更となり、里地里山の一般の話や当地の里山について話をさせてもらいました。

2020101017_t.jpg

私たちが現在住んでいるところは、60年程前までは1軒の家もない典型的な里山でした。
2020101019_t.jpg

渡り蝶 アサギマダラの飛来も紹介..
この自治会さんの場所にも、昨年当会から苗を譲り、植えたフジバカマに今年始めて飛来を始めました。
2020101020_t.jpg



別窓 | 日記
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |