森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

野路菊の丘周辺の整備

10月20日(火) 晴れ、参加者 18名。ノジギクの花のシーズンが近づき、野路菊の丘に鑑賞者を迎える準備を続けています。

周回路の北階段にロープ手摺りの設置。
2020102005_t.jpg

ヤブツバキ道の補修
2020102008_t.jpg

夏の日照りでノジギクの枯れるのを防いだ水遣り用のホース、今年のお役目が終わり片付け
2020102012_t.jpg

取り残した雑草の除去
2020102011_t.jpg

遊水地傍のフジバカマの花も終わりに近づき、飛来するアサギマダラも少なくなりました。今年は楽しませてもらいました。多くのアサギマダラは、たっぷりと蜜を吸って南の島に向かっているものと思います。
2020102030_ (2)t

珍客。アオイトトンボ?
2020101901_t.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

サツマイモ掘り

10月18日(日) 地元自治会の自然教材園のサツマイモ収穫祭が行われ、当会も参加。参加者総勢91名、うち当会11名。

早く来た人たちが、まずイモのツル切り
2020101815_b.jpg

開会
2020101816_b.jpg

各グループが、畝毎にわかれ芋掘り開始。もう10年近く続いた行事で、植付け、除草、収穫などを皆で行っています。
2020101821_ (2)t

2020101822_b.jpg

2020101823_t.jpg

サツマイモの次は玉ねぎの苗植え付け、そしてシイタケ狩りが続きます
2020101824_b.jpg




別窓 | 日記
∧top | under∨

アサギマダラのオスとメス

10月15日 表のフジバカマの花の蜜に飽いたのか、谷筋の日が入りにくいところに咲くヨシノアザミの蜜を吸うアサギマダラ。
下翅の角に黒い模様(性標)があるのがオス、ないのがメス。
オス
2020101132_ (2)b

メス
2020101137_ (2)b

表に咲くフジバカマに珍客、イシガケチョウ
2020101529_b.jpg







別窓 | 未分類
∧top | under∨

野路菊の丘周辺の整備

10月13日(火) 晴れ 参加者20名。野路菊の花のシーズンに備えて野路菊の丘周辺の整備を行いました。

野路菊の丘の下斜面の除草と引き上げ
2020101308_b.jpg

先週 やり残したクズのツルへの薬剤注入
2020101301_b.jpg

斜面下の横尾道脇の除草
2020101310_b.jpg

2020101309_b.jpg

上の平地の刈り払い
2020101305_b.jpg

野路菊と混在している草の引き抜き
2020101304_b.jpg

周回路の右階段補修
2020101302_b.jpg

作業終了後、近隣の方から珍しいキノコの話をお聞きしました
2020101314_b.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

10月10日、11日

10月11日 須磨FRSネットが11月に予定している須磨海岸ウオーキングの下見に、早朝 須磨海岸に。

岸壁に1本足で立つアオサギ(逆光)、昨年 多井畑で会った彼(彼女)か
2020101104_t.jpg

下見の後、須磨里海の会さんが、アサリの復活に取り組んでいる様子を見させて頂きました
舟でアサリを育てている場所に行き、区域ごとの砂を採集。(逆光)
待っている間に、潮が引き砂浜に取り残された5㎜~15㎜程のアサリの幼貝採集。
2020101111_t_20201011165515464.jpg

採集した海底の砂から貝を分別し、データ化をしていきます。
泥の中には小さなホトトギスガイが沢山入っていました。ホトトギスガイはマット状にびっしりと海底を覆い、アサリを窒息させ生長を阻害する憎っくき貝です。
2020101116_t.jpg


帰途 よこおのアサギマダラの飛来地に。遊水地傍のフジバカマに5頭ほどが吸蜜。
2020101149_ (2)t

遊水地に流れ込む溝を少し登るとアザミがまとまって自生。そこに5頭程が蜜を吸っていました。
2020101128_ (2)t

2020101132_ (2)t

木橋の山側に移動しました。そこでも5頭程が蜜を吸っていましたが、うち2頭がここでは少ないアザミを探して吸蜜していました。
アザミにとまっているのは、メスでしょうか。
2020101137_t.jpg

ヨシノザミ、高さ1.5m以上に伸び、葉には鋭い硬いとげがあります。
2020101145_t.jpg

2020101146_t.jpg

野路菊の丘の傍の雑木林内で自生のヤマジノホトトギス。ホトトギスの名前がつくものは、鳥に始まり、植物、貝等があります。
アサギマダラが吸蜜するヒヨドリバナも鳥のヒヨドリから。鳥が由来の名前がつくものが沢山あります。
2020101004__01t.jpg






別窓 | 日記
∧top | under∨

地元との交流

10月10日(土)地元の自治会が隣接する多井畑西地区の里山を歩くイベントを予定し、同行する予定であったが、天候不良のために屋内に変更となり、里地里山の一般の話や当地の里山について話をさせてもらいました。

2020101017_t.jpg

私たちが現在住んでいるところは、60年程前までは1軒の家もない典型的な里山でした。
2020101019_t.jpg

渡り蝶 アサギマダラの飛来も紹介..
この自治会さんの場所にも、昨年当会から苗を譲り、植えたフジバカマに今年始めて飛来を始めました。
2020101020_t.jpg



別窓 | 日記
∧top | under∨

野路菊の丘 下斜面の整備

10月6日(火) 晴れ、参加者18名。
ノジギクの開花が1ケ月近くとなり、周辺の整理を始めました。下斜面の除草や除伐等を行いました。

朝の集合前に、メンバーが見つけてきた大きなナメクジ(ヤマナメクジ」で、結構 盛り上がりました。
これは、皆に囲まれて緊張し縮こまっている時。
2020100602_t.jpg

ノジギクもボリュームが大きくなり、また先端には小さなつぼみも付いてきました。
2020100537_t.jpg

2020100534_t.jpg

除草。クズのツルには、根元部に除草剤を注入。
2020100606_t.jpg

2020100609_t.jpg

雑木の除伐や枝切り。
2020100612_t.jpg

無事作業を終え、久し振りに集合写真
2020100616_ (2)t

遊水地傍に飛来するアサギマダラの写真を撮りに、多くの人が訪れます。
2020100618_t.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

横尾道の整備、アサギマダラ

10月3日(土) 晴れ。参加者 4名。よこおの木橋南の道の側の除草を行いました。昼頃 遊水地傍や木橋の山側のアサギマダラ飛来数は増え、15頭、20棟ほどになってきました。

2020100301_t.jpg

2020100305_t.jpg

2020100303_t.jpg

遊水地傍のアサギマダラ
2020100334_t.jpg

アサギマダラの乱舞に感激する鑑賞者の皆さん
2020100309_t.jpg

木橋山側のアサギマダラ
2020100308_-2t.jpg









別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

須磨区横尾のアサギマダラ

10月2日(金) 横尾の活動地の遊水地傍のフジバカマに今日も沢山のアサギマダラが飛来しました。

遊水地傍のフジバカマ
2020100254_t.jpg

この写真の中に、8頭の花の蜜を吸っているアサギマダラがいます。
2020100208_t.jpg

2020100206_t.jpg

まだまだ 寄ってくれそうです。
2020100210_t.jpg





別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |