森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

解除後初の定例活動日

5月26日(火) 曇り。緊急事態宣言解除後(50日振り)の定例活動日。昼食時の接近を避けるため、1ヶ月早く昼までのサマータイムに。50日前の友が丘での作業を続行。

屋根の骨格の番線交換
2020052606_t.jpg

テーブル天板用の大径木クヌギの縦切り
2020052607_t.jpg

植え付けた草木の周りの除草等
2020052604_t.jpg





別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

ハチクのタケノコ採り

5月24日(日) 晴れ。新型コロナウイルスによる非常事態宣言が、兵庫県でも21日に解除され、当会の活動も再開です。
本日は有志8名にて、皆伐作業を続けているよこおのハチクのタケヤブでタケノコ採りと皆伐のための切り捨てを行いました。

今年のタケノコの最盛期は、例年より2週間程遅れましたが、きょう少し遅れた感じ。中斜面
2020052413_tt.jpg

2020052415_tt.jpg

上斜面
2020052417_tt.jpg

この斜面から、淡路島・明石海峡大橋を望む。
2020052419_tt.jpg

昨日のよこお野路菊の丘で.
ウマノスズクサの葉に産み付けられていた卵からジャコウアゲハの幼虫が孵り、成長を始めました。まだ体長5mm程ですが、葉をバリバリと食べて4㎝程の大きさになります。
2020052304_tt.jpg

2020052302__01tt.jpg


別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

霧のよこお野路菊の丘

5月19日(火) コロナ禍により定例活動は休止中。今朝は街も山も非常に濃い霧で覆われました。

霧の中で、ウツギが白い花を着け始めています。
2020051905_t.jpg

明石海峡大橋もすっぽりと霧の中。
2020051906_t.jpg

ノジギクの斜面も。
2020051907_t.jpg

反対側から見たウツギ。
2020051908_t.jpg




別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘での除草

5月13日(水) 晴れ。新型コロナウイルスの感染者数は、全国的に大きく減少し、明日14日には多くの県で緊急事態宣言を解除される模様。残念ながら兵庫県はまだ続行されるらしい。よって当会の定例の活動の休止はまだ少し続きます。
しかし 植物は休むことなく成長しており、有志3名が3密を避け除草作業を実施。

ジョイント部が弛み、水漏れする電池式噴霧器の修理。
2020051301_t.jpg

ノジギクと混ざっている雑草の抜き取り
2020051302_t.jpg

噴霧器を背負い、下斜面の除草剤の散布
2020051303_t.jpg

伸びているクズのツルをたどり、根元部に除草剤の薬剤の注入
2020051304_t.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ジャコウアゲハが飛来

5月7日 晴れ。コロナウイルスの感染防止のために、人間社会は例年と大きく異なった生活を余儀なくされていますが、自然は変わらず周っています。
ウマノスズクサを育てている場所では、越冬した株からまだかわいいですが沢山の新芽を出し、ウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハの一番蝶が飛んできました。

2020050723_t.jpg

2020050720_ (2)t



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ハンモックの再設置

5月5日 晴れ。
TVをはじめとしたメディアでは、新型コロナウイルス関連が大半を占めていますが、緊急事態宣言による外出自粛の効果により感染者数は減少傾向に転じ、日常生活を取り戻す出口戦略が検討され出しました。
神戸市のHPに3密を避けられる公園での遊具の使用の容認が記され、よこおの雑木林内にハンモック3張を再設置しました。

2020050504_t.jpg

活動地内では、自生のホタルカズラが鮮やかなブルーの花を着けています。
2020050103_t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |