森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

須磨 自然環境サミット2020

2月16日(日) 須磨区の森川海で独自の活動を行っている団体のネットワークである須磨FRSネットが、今年も自然環境サミットを実施しました。今回で11回目となります。今年は須磨区民・神戸市民にとって親しみがあり、そして誇りでもある長い歴史を持つ須磨海浜水族園内で1部の講演と事例発表、2部の交流会を行いました。1部は158名、2部は101名と非常に熱心な人たちが参加されました。当会からは12名が参加。

例年恒例のサミット開始前の資料の配布準備風景(本館3F悠ちゃんコスモス)
2020021602_t.jpg

2020021603_t.jpg

開会まで参加者は館内の鑑賞。この大水槽の前で2部の交流会を行います。
2020021611_t.jpg

2時半に開会。今年のテーマは「自然で遊ぶ!!~子どもたちの外遊び~」 子どもたちにとって子供たちは外で遊ぶことが大事。近年 子どもたちは外で遊ぶことが非常に少なくなりました。
2020021615_t.jpg

講演会では、神戸女子大学の梶木先生から「今こそ外遊び!豊かな遊びが子供を育む~自然をいかした遊び場づくり~と題し、なぜ子供たちにとって外遊びが必要かを国内外での実施例等を入れて話をしていただきました。
私たちの活動地内に、もっと子供たちの遊びを考慮した場所にすることも取り入れていきたいものです
2020021629_t.jpg

「須磨ふるさと生き物サポータ―・森の幼稚園(すまっこのもり)・横尾自然塾・神戸ライフセービングクラブの4団体から事例発表をして頂きました。梶木先生から質問を受ける発表者。皆さんの真剣な取り組みに目が潤んでくるほどの感激を得ました。
2020021643_t.jpg

2020021648_t.jpg

お母さんと一緒に来た子供たちは会場傍のキッズコーナーで、スタッフと一緒に声を出して元気にお遊び。講演会の間も子供たちの声はいいバックミュージックでした。
2020021646_t.jpg

6時からは会場をエントランスホールに替えて交流会。


2020021662_t.jpg 

須磨FRSネットの加盟団体の須磨里海の会会長であり、水族園園長の吉田さんが閉会の挨拶で、これからもどういう形になろうとも海のこころを伝える水族園になるように皆で見守っていきましょうと熱い挨拶をされました。成功裏にサミットは終了しました。
2020021668_t.jpg










別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |