森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

よこおの雑木林等整備

2月25日(火) 曇り。参加者19名。
 友が丘の作業が続いていましたが、よこおに戻ってきました。
 ①第2炭焼き場跡周辺の雑木伐採と小笹刈り ②周回路用の道の整備(桜の若木3本発見し、支柱を立てる) ③野路菊の丘下の斜面に植えた樹木に支柱の取り付け(ヤマザクラ・イロハモミジ・マユミ・モチツツジ・コバノミツバツツジ 等に)
 国内外で、新型コロナウィルス感染者が増えています。早く収まって欲しいものです。
 
 P2250762t.jpg

P2250765t.jpg

IMG_0541at.jpg

IMG_0542at.jpg

IMG_0543at.jpg

IMG_0544at.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

友が丘の活動地作業

2月8日(火)晴れたり曇ったり。参加者21名。 友が丘の活動地で、先週にひき続き 3班に分かれて畑に倒しているクヌギの大径木の移動及び半割り処理、シイタケのホダ場の改築、野草及び樹木の仮植えやポット苗の植え替えなどを並行して行いました。

根元径60cmの大径木を山道脇に運び出すためにハンドウインチのセット
IMG_0533t.jpg

太い枝をころにして
大径木運搬t

ここまで動かせました(これはテーブルの上板に加工します)
IMG_0536t.jpg

丸太の半割り(これはテーブル広場の長椅子に加工します)
IMG_0532t.jpg

IMG_0539t.jpg

きれいに半分になりました
大径木処理(2つ割り)t

シイタケのホダ場改築現場でも骨格の木見立て作業が続いています
IMG_0535t.jpg

遮光ネットを張る前までの作業が終わりました
榾場設営t

女性陣は、育苗している野草や樹木のポット苗の植え替え作業
野草、苗木の移植作業t

侵入してきている竹を伐り、元の雑木林に変えていく作業
竹林整備t










別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

須磨 自然環境サミット2020

2月16日(日) 須磨区の森川海で独自の活動を行っている団体のネットワークである須磨FRSネットが、今年も自然環境サミットを実施しました。今回で11回目となります。今年は須磨区民・神戸市民にとって親しみがあり、そして誇りでもある長い歴史を持つ須磨海浜水族園内で1部の講演と事例発表、2部の交流会を行いました。1部は158名、2部は101名と非常に熱心な人たちが参加されました。当会からは12名が参加。

例年恒例のサミット開始前の資料の配布準備風景(本館3F悠ちゃんコスモス)
2020021602_t.jpg

2020021603_t.jpg

開会まで参加者は館内の鑑賞。この大水槽の前で2部の交流会を行います。
2020021611_t.jpg

2時半に開会。今年のテーマは「自然で遊ぶ!!~子どもたちの外遊び~」 子どもたちにとって子供たちは外で遊ぶことが大事。近年 子どもたちは外で遊ぶことが非常に少なくなりました。
2020021615_t.jpg

講演会では、神戸女子大学の梶木先生から「今こそ外遊び!豊かな遊びが子供を育む~自然をいかした遊び場づくり~と題し、なぜ子供たちにとって外遊びが必要かを国内外での実施例等を入れて話をしていただきました。
私たちの活動地内に、もっと子供たちの遊びを考慮した場所にすることも取り入れていきたいものです
2020021629_t.jpg

「須磨ふるさと生き物サポータ―・森の幼稚園(すまっこのもり)・横尾自然塾・神戸ライフセービングクラブの4団体から事例発表をして頂きました。梶木先生から質問を受ける発表者。皆さんの真剣な取り組みに目が潤んでくるほどの感激を得ました。
2020021643_t.jpg

2020021648_t.jpg

お母さんと一緒に来た子供たちは会場傍のキッズコーナーで、スタッフと一緒に声を出して元気にお遊び。講演会の間も子供たちの声はいいバックミュージックでした。
2020021646_t.jpg

6時からは会場をエントランスホールに替えて交流会。


2020021662_t.jpg 

須磨FRSネットの加盟団体の須磨里海の会会長であり、水族園園長の吉田さんが閉会の挨拶で、これからもどういう形になろうとも海のこころを伝える水族園になるように皆で見守っていきましょうと熱い挨拶をされました。成功裏にサミットは終了しました。
2020021668_t.jpg










別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

友が丘でのいろいろな作業

2月11日(火)晴れ。参加者21名。
友が丘の竹林や自然教材園にて、下記の班に分かれて作業を行いました。
・自然教材園のクヌギ大径木の玉切り
・しいたけホダ場の造営開始 竹組み立て
・テーブル広場拡張用の竹の寸法切り32本と運搬
・落ち葉集め(腐葉土用)
・ポット苗の植栽(ヤマサクラ3本、イロハモミジ4本、マユミ10本 ツツジ3本)

自然教材園に倒しておいたクヌギの大径木(根元部径60cm)をテーブル及び椅子の長さに玉切り
IMG_0522t.jpg

IMG_0523t.jpg

IMG_0524t.jpg

しいたけホダ場の遮光ネットをかぶせる竹枠の柱立て
IMG_0525t.jpg

テーブル広場拡張のための竹伐り
IMG_0528t.jpg

IMG_0529t.jpg

育てた苗の植樹
IMG_0526t.jpg

IMG_0527t.jpg



  

別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

よこおの作業色々

2月4日(火) 晴れて暖かい一日。参加者20名。
遊水地内及び周辺の除草、枯れ松の処理、シイタケの植菌、物入場の整地等を行いました。
また ユーカリ緑地の今後の活用法について、行政が視察に見えました。

年末に切り残した枯れ松の処理
2020020402_t.jpg

遊水地内の枯草の刈取り
2020020405_t.jpg

斜面のササ狩り
2020020409_t.jpg

午後は野路菊の丘に登り、傍の物入地の整地。半割した太い木を土止めに
2020020416_t.jpg

残った半割材をベンチに使用するために、野路菊の丘に運び出し(重い)
2020020421_t.jpg

コナラの丸太に穴をあけるための重い発電機を女性陣二人が運搬
2020020412_t.jpg

穴あけとシイタケの植菌を同時進行
2020020413_t.jpg

2020020418_t.jpg

30本を仮伏せに。ガソリン切れのために穴をあけられず20本残る
2020020422_t.jpg


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

モミジの植樹

2月2日(日) 晴れ。きょうは、有志によりよこお野路菊の丘の平地のベンチ広場にモミジ3本の植樹を行いました。
参加者 5名。
5年もすれば、夏場には木陰を作少し作ってくれるでしょう。

友が丘の竹林にて育てたモミジの根を前もって根切りしておいた3本を、地元自治会さんの軽トラをお借りし、横尾に運搬。
2020020202_t.jpg

昨日掘っておいた穴にまず1本植樹
2020020205_t.jpg

3本目
2020020209_t.jpg

2020020211_t.jpg

2020020212_t.jpg


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

植樹の準備等

2月1日(土)晴れ 参加者6名。早2月に入りました。よこお野路菊の丘のベンチ広場に、夏の日照りの時に木陰をつくろうと、友が丘に植えていたイロハモミジ3本を明日 移植します。きょうは その準備で穴掘りを行いました。また 道具及び資材を仮置きする物入れ設置のための整地等を行いました。

3ヶ所同時に穴掘り、3ヶ所三様の土の状態で、育ちに大きく差が出そう
2020020102_t.jpg

手前はセメントを混ぜたような土、ツルハシの出番
2020020106_t.jpg

根を張ってもらえるように、大き目の穴にしました
2020020108_t.jpg

整備道具及び資材の仮置き物入の設置場所の整地
2020020109_t.jpg

午後は4名が残り、作業継続
2020020112_t.jpg

キクイムシが入ったコナラが枯れる前に伐採し半割りしておいたものを、斜面の土止めに使うために移動
2020020119_t.jpg

鉄筋と削った土の間に落とし込み
2020020120_t.jpg

きょうはここまで
2020020121_t.jpg

2020020123_t.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |