森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

スマスイの門松

29日 先日作った門松が26日からスマスイの入り口に飾られ、見に行きました。
須磨で育った材のお陰で、立派な門松になっています。木枠は6年程前に須磨FRSネットで門松づくりを始めたときに、ネットの先輩が指導作成したものです。
このスマスイでは、来年2月16日に、須磨FRSネット主催、須磨区役所協力の「自然環境サミット2020」を開催します。

2019122903_ (3)t

2019122934_ (2)t

2019122930_ (2)t

2019122933_ (2)t

スマスイには半年ぶりに見学で入りました。大水槽の前には沢山の人が。いくら見ていても見飽きることはありません。
大水槽の前には、テーブルの掘り炬燵が設置されています。
2019122912_ (2)t

どの場所も大賑わい。説明分を読み、子供たちも熱心に魚たちの動きを見つめています。
2019122915_ (2)t

イルカたちも、観客に大サービス。前の座席では、子供たちが寒い中でも水しぶきをかぶりながら大喜び。
見学者、職員、魚や動物たちが身近に一体となったスマスイの良さが、これからも続いていくことを望みます。
2019122927_t.jpg









別窓 | 日記
∧top | under∨

門松づくり

12月20日、23日 神戸市民、須磨区民が親しみそして誇りとしてきた須磨海浜水族園(スマスイ)の年末・年始の入り口を飾る門松を,須磨FRSネットとして協力してつくることにしました。材料は出来るだけ須磨区内で育っているものを使うことに、竹、松、南天は当会の活動地で、紅白の梅は由緒ある綱敷天満宮のご厚意で梅林で揃えることが出来ました。加工組み立てはスマスイ内で行いました。

20日 真竹のタケヤブから太い竹を選んで伐採
2019122008_t.jpg

南天は、鳥に食べられる前に袋掛けをしておいたものを切り取り
2019121101_ (2)t

松を加えてスマスイに。竹6本の先を斜めに切りり取り。
2019122010_t.jpg

園長も一緒に
2019122022_ (2)t

汚れの洗い落とし。今日はここまで
2019122024_ (2)t

23日
 22日に綱敷天満宮で梅を頂き、また葉ボタンも入手し、材料が全て揃い組み立て開始。まず斜めに切った竹3本束ねる
2019122303_ (2)t

竹、松、梅、葉ボタン、南天を順に組み込んでいきます。梅は頂いものを切るのが惜しくほぼその形で
2019122305_t.jpg

門松完成し、記念写真。ご苦労さまでした。
2019122310_ (2)t











別窓 | 日記
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |