森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

大径木クヌギの伐倒他

11月26日(火) 薄曇り。参加者22名。他に地元の人約20名が伐倒を応援(見学)参加。
大径木クヌギの伐倒班と竹林内の整備班に分かれて作業。
伐倒班6名は、活動地に隣接する自然教材園の傍のクヌギの大径木の伐倒を行いました。以前は伐ることに躊躇していましたが、周辺ではナラ枯れが増えだしたこともあり、実行することにしました。伐った材は来春シイタケの榾木にする予定です。

直径60cmのクヌギ。前もって教材園責任者が、お酒と塩でお祓いを実施。
チェンソー操作は、二人の若手が担当しました。今回使うチェンソーバーの長さ45cm。
ロープは一応掛けましたが、クサビで倒すことにしました。慎重に切る位置にマーキングし、受け口切り。
2019112604_ (2)t

きれいな受け口が出来ました。これで午前中の作業は終了。
2019112608_t.jpg

午後から、他のメンバーや地元の人たちが見学に。
2019112614_t.jpg

チェンソーが径より短いため、まず追い口の右半分を切り込みます。
2019112616_t.jpg

クサビを入れています
2019112617_t.jpg

678tt.jpg

次に追い口の左半分を切り込み、
679t.jpg

最後は、クサビをどんどん打ちこみ、
680t.jpg

木はゆっくりと倒れだし、クサビが外れ宙を飛んでいます。
681t.jpg

総勢40名程の人が見ている前で豪快に倒れ、地面に落ちたときは立っている地面が大きく揺れました。大成功。ほぼ目標通りの位置に倒れました。
682t.jpg

年輪の数は? 樹齢は思ったより若く60でした。今日の参加者全員よりだいぶ若い。萌芽更新をして更に若返って欲しいものです。
2019112618_t.jpg

2019112704_t.jpg


伐倒班と残った見学者で記念撮影。倒した木は来春まで葉枯らしのために寝かせておきます。
2019112620_ (2)t












別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |