森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

ノジギクへの水遣り開始

5月26日(日)晴れ 野路菊の丘に補植用の苗を植えてから5日間日照りが続いているため、有志3名で今年最初の水遣りを行いました。

平地から
P5260001-t.jpg

P5260004-t.jpg

夕日に映える斜面から
P5260005-t.jpg


別窓 | 未分類
∧top | under∨

ノジギクの補植(続き)

5月21日(火) 晴れ 参加者18名(内 体験参加者1名)。
よこお野路菊の丘にて、先週に続けてノジギクの苗の補植を行い、先週分と合わせて約1600本を植えました。
昨夜の雨で地面が湿り、苗の植え付けに最適日。

まず土づくり
P5210008-t.jpg

斜面の残りの補植
2-t_2019052119074235a.jpg

上斜面への補植
P5210011-t.jpg

平地の補植
P5210009-t.jpg

3-t_20190521190744e72.jpg

登り坂の補植
4-t_20190521190745f31.jpg


野路菊の丘の南の谷の対面で、昨年の豪雨にて大きく動いた溜め枡の改修作業が行われていました。
P5210005-t.jpg

P5210001-t.jpg








 


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

神戸まつり(須磨音楽の森)

5月18日(土) 須磨区の神戸まつり(須磨音楽の森)が須磨離宮公園で行われ、今年も 須磨FRSネットが出店しました。
今年は、「海藻おしば」「手づくりおもちゃ」「エコ工作」「フジバカマの苗」の4点を行い、各所属団体から計30名がスタッフとして、参加しました。沢山の人(,子供達を中心に約200名)に、各種の手づくりの作品づくりを楽しんでもらいました。

離宮公園内はバラが満開。多くの人が訪れています。
P5180015-t.jpg

P5180017-t.jpg

須磨FRSネットのブース全景
P5180023-2-t.jpg

海藻おしば(生の各種の海藻をはがきに貼って、模様をつくっていきます
P5180041-t.jpg

P5180036-t.jpg

手づくりおもちゃ(紙やストロー、発泡スチロール等を利用して)
P5180022-t.jpg

P5180028-t.jpg

エコ工作・フジバカマの苗
P5180008-t.jpg

受付風景
P5180021-t.jpg

P5180039-t.jpg

P5180042-t.jpg

16:00 前加工等をして用意した材料は、全て出尽くし 盛況のうちに出店を終えました。
公園内では、まだまだ 色々な催しや花火などがあり、新しい人が増えています。
P5180055-t.jpg











別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

ノジギクの補植

5月14日(火) 参加者21名。よこお野路菊おの丘の育ちの悪い場所に、ノジギクの補植を行いました。
きょうの補植本数 約500本。

作業前の準備体操。
P5140001-t.jpg

先週 仕残した場所の除草
全体1 (4)-t

補植用土づくり
全体1 (5)-t

補植する場所に記しをつけるための竹棒の作成
P5140007-t.jpg

全員で補植の開始
全体1 (8)-t

P5140011-t_20190514182658879.jpg

P5140016-t.jpg

植樹して大きくなってきたヤマザクラに、支柱の取りつけ
P5140008-t_201905141825303b3.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

玉ねぎの収穫

5月11日(土) 友が丘の活動地に隣接する地元自治会自然教材園の玉ねぎ収穫祭。総参加者100名弱(当会から8名が参加)。
今年は、まずまずの出来具合でした。

収穫前の準備
P5110010-t.jpg

P5110011-t.jpg

各団体別に畝分けし、収穫
P5110023-t.jpg

この後、当会メンバーは、フジバカマのポット苗づくり(約200本)、ニシキギの挿し木(約200本)をテーブル広場で行いました。
P5110031-t.jpg


別窓 | 日記
∧top | under∨

文太郎道の整備

5月9日(水)曇り 参加者 当会5名、西神戸山の会4名。計9名。
登山路 文太郎道の取りつき部の整備を行いました。
加藤文太郎(1905~1936、単独行で有名な登山家、新田次郎の「孤高の人」のモデル)は須磨に住いし、六甲縦走路をトレーニング場所としていました。
現在の六甲縦走路の南から栂尾山山頂へは400段のコンクリ階段を登りますが、その東側にある元縦走路が加藤文太郎の名を冠した「文太郎道」です。
高倉からの陸橋を渡り、左が400段の階段、右が文太郎道ですが、分かれに表示が無く、また 文太郎道への取りつきの道が荒れて判りづらく、残念ながら利用する人が少ない。
登山グループの西神戸山の会の皆さんと相談し、取りつきの道の整備をすることにしました。
森林ボランティアグループと登山グループの有志による協働作業です。

整備前
P4150013-t.jpg

作業開始
P5090039-t.jpg

ニセアカシヤの古い倒木が多い
P5090040-t.jpg

入口部の整備が完了
P5090063-t.jpg

中央部の整備
P5090042-t.jpg

奥の取りつき部の整備
P5090043-t.jpg

P5090045-t_201905091937399d8.jpg

整備を終え記念写真
P5090047-t.jpg

全員で文太郎道を登りました
P5090048-t.jpg

P5090054-t.jpg

栂尾山頂上に今年1月に新たに設置された案内板には、文太郎道(黄色のルート)が記されていました
P5090055-t.jpg

帰りは、400段階段を下りました
P5090056-t.jpg

400段階段との別れに、手づくりの道標を設置しました。これを見て登ってみようと思われる人も増えることと思います。
P5090060-t.jpg







別窓 | 未分類
∧top | under∨

野路菊の丘の除草

5月7日(火) 晴れ、参加者 14名。令和になって最初の活動日。山々は日に日に緑が濃くなってきています。
同時に雑草も増えてきました。 例年の如く 雑草1本1本の抜き取り作業。

P5070002-t.jpg

1-t_201905080703175f7.jpg

3-t_20190508070319b9d.jpg

P5070006-t.jpg

5-t_20190508070320743.jpg

6-t_20190508070321e7f.jpg

P5070011-t.jpg

P5070014-t.jpg

7-t_20190508070316f5e.jpg

P5070016-t.jpg

ノジギクが無くなっているところには、後日 別途 ポットで育てている苗で補植をします。
P5070025-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |