森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

ノジギク栽培の為の土留め柵更新作業

2月26日(火) 晴れ(2月と思えないような暖かい1日でした)。参加者 19名。
友が丘から運んできた竹を使って、土留め柵の更新の作業に入りました。

作業前の準備体操
 P2260002-t.jpg

竹杭づくり
P2260007-t.jpg

P2260020-t.jpg

P2260025-t.jpg

6-t_20190227201352ef0.jpg

土留め柵に編む割り竹の各段への配分
4-t_201902272013547da.jpg

割り竹束の引き揚げ(動画)
[広告]


P2260003-t.jpg

割り竹束を各段に配分
[広告]


古くなった柵の竹を取り除き、新しい竹で編み直し
P2260017-t.jpg

木陰になる木を伐採し、幹および枝の整理
P2260009-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

シイタケの植菌

2月17日(日) 晴れ。参加者 当会 5名、北須磨団地自治会 43名。
昨日の丸太への穴あけに続いて、シイタケの植菌を行いました。沢山のご婦人連も加わり、総勢48名。
木琴のように木を叩く音が林内にこだまし、無事に230本のクヌギに7200個の種駒の植菌を終えました。

P2170007-t.jpg

P2170010-t.jpg

P2170013-t.jpg

シイタケ植菌(動画)


仮伏せ
P2170023-t.jpg



別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

シイタケの植菌の為の穴あけ

2月16日(土) 快晴。参加者 当会7名、北須磨団地自治会員 28名、計35名。
用意していたクヌギの丸太230本の穴あけを行いました。
大半の人は例年の経験者により、にぎやかにまたスムーズに進行し、1時間半ほどで全て完了。
明日 17日には、女性・子供が加わって、シイタケの種駒 7200個の打ち込みを行います。

P2160038-t_2019021616262355d.jpg

P2160042-t.jpg

P2160048-t_20190216162626aad.jpg

P2160050-t.jpg

P2160052-t_20190216162621064.jpg


別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

ノジギク栽培の為の土留め柵用材の運搬等

2月12日(火) 晴れ時々曇り。参加者 19名。野路菊の丘の土留め柵更新用材等の運搬を継続し、友が丘で用意した竹材や行政から頂いた用土は、全て野路菊の丘に運ぶことが出来ました。柵の更新直前の準備に入り、次回には、新しい柵に変わっていく予定です。

用土の引き揚げ前(当会の精鋭女性陣)
2-t_20190212231720934.jpg

引き揚げ開始
P2120011-t.jpg

P2120022-t.jpg

P2120025-t.jpg

P2120009-t.jpg

引き揚げた用土を一輪車で運搬
1-t_201902122328090a6.jpg


日照を悪くしている木を伐採
P2120014-t.jpg

昼休みの風景(細紐を使ったマジックで盛り上がる)
P2120030-t.jpg

竹杭を作る為に、厚めの竹の4つ割り(ナタ目を入れる)
5-t_20190212231722fbd.jpg

竹4つ割りの動画(皆 息があっています)


割り竹を竹杭用に寸法切り
8-2-t.jpg

斜面の低い部分の柵を作るために、割り竹を担ぎ揚げ
6-t_20190212231723300.jpg

斜面の高い部分に割り竹を引き揚げるための台車の準備
P2120032-t.jpg

古い竹を廃棄するための場所づくり
P2120007-t.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵用竹材の運搬(続き)

2月5日(火)快晴。参加者 19名。新入会員が作業に初参加。
1班 友が丘~横尾の水道局配水池前の軽トラック運搬、2班 配水池~野路菊の丘登り口での台車運搬、3班 登り口から野路菊の丘までの引き揚げ運搬の3班に分かれて作業。4mの割竹約100珠、3mの丸竹約50本の長尺ものの運搬は完了し、残るは竹キャップと用土のみとなりました。

朝 3つの班が配水池前で偶然に一緒に。丁度 1班が軽トラックで割り竹を運んできました。
P2050003-t.jpg

2班が割り竹束を台車に積んで出発。高校生会員が久しぶりに参加してくれました。
P2050015-t.jpg

2班が3班に引き継ぎ
P2050013-2-t.jpg

野路菊の丘への登り口。大量の竹や用土を坂を担ぎ揚げるのは厳しく、縦溝を利用し、皆で協力して引き揚げます。
2-t_20190206093033a6d.jpg

3班 割り竹束を引き揚げ台車に取り付け
P2050008-t.jpg

引き揚げOK!
P2050009-t.jpg

了解
5-t_20190206093031086.jpg

順調に台車は登っていきます
P2050011-t_20190205220142b69.jpg

P2050017-t.jpg

野路菊の丘の平地では、皆がロープを引いています。
P2050005-t.jpg

友が丘の竹林に生えていた竹は、多くの人に手を加えられ、何度も場所を変えながら、よこおの野路菊の丘に到達しました。
P2050007-t.jpg

長尺ものの運び揚げは、ほぼ完了。
6-2-t.jpg


次に引き揚げる竹キャップも運ばれてきました
1-t_20190206093032911.jpg

使用した軽トラックは、友が丘の北須磨団地自治会からお借りしたもの。沢山の竹を載せるために取り外していたスピーカーを着け戻し。有難うございました。
P2050022-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵用竹材の運搬準備

2月2日(土) 穏やかに晴れ。参加者 4名。
よこお野路菊の丘の土留め柵更新用に友が丘で採取した竹材が、途中まで軽トラック運ばれて来ています。
それを野路菊の丘まで運ぶテストを実施。順調に終了。

1月22日に運んできた竹を使ってテスト運搬
P2020001-t_201902021748057e9.jpg

近くには、昨日行政から頂いた土や肥料が積まれています。
P2010045-t.jpg

野路菊の丘の登り口に、竹材の仮置き場設置。
P2020006-t.jpg

上の野路菊の丘の平地まで引き揚げる縦溝の整備
P2020004-t.jpg


平地に引き揚げるための滑車等の取り付け
P2020007-t_20190202174855377.jpg

引き揚げテスト順調
P2020008-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

プラスチックごみから自然環境を考える

須磨FRSネットが須磨区役所の協力を得て開催する自然環境サミットは、近年問題となっているプラスチックごみを取り上げ、「プラスチックごみから自然環境を考える」をテーマとし、下記のとおり行います。

FRS環境サミット2019_A4チラシ-t

日時 3月24日(日)開場13:00 13:30~16:00 申込不要、参加無料
場所 神戸市須磨区 地下鉄名谷駅前 須磨パティオ健康館3F パティオホール 
一部では、京都大学の田中周平准教授から「マイクロプラスチックと私たちの生活」と題し、クリーンアップ関西事務局の古川公彦共同代表から「漂着ゴミ調査からわかったこと」と題し、講演をして頂きます。
二部では、森・川・海で活動する各団体のクリーン作戦の報告を行います。
ご関心のある方 奮ってご参加ください。
別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |