森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

ハチクのタケヤブ整備

11月28日(火) 参加者16名。おだやかな活動日和。よこおのハチクのタケヤブの拡大を抑制するため、タケヤブの周辺部より皆伐を進め、最終的には竹を根絶したいと思っていますが。

朝 よこお野路菊の丘に集合。菊越しに明石海峡大橋。
PB280016-t.jpg

ハチクのタケヤブに向かいます。
PB280024-t.jpg

PB280034-t.jpg

雑木とハチク
PB280028-t.jpg

PB280026-t.jpg

拡大する竹の先兵。根が伸び だいぶ離れた場所に出てきた竹。
PB280025-t.jpg

ハチクのタケヤブからの景観
PB280045-t.jpg

ヤブの中の赤い実。小鳥たちに種をお腹の中に入れて分散してもらえるよう、目立つように美しさを競っています。
南天
PB280038-t.jpg

コバノガマズミ
PB280040-t.jpg


サネカズラ
PB280041-t.jpg




別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

11月26日のよこお野路菊の丘など

11月26日(日) 野路菊(ノジギク)の今年の見頃は、終盤になってきました。
60年近く前の中学時代の同窓生のグループや遠方の保育園の同窓生の小学校低学年の大グループがウオーキングの途中に野路菊の丘に寄りました。
また 地元の小学生5名が、ハンモックに乗りに登ってきました。地元の子らの遊び場になってきました。
マユミやピラカンサの仲間の木の実が鮮やかさを増しています。

遅咲きの菊を鑑賞する人達
PB260006-2-t.jpg

小学生低学年の子らが、父兄と一緒に総勢40名程で登ってきました。
PB260008-t.jpg

一休みし、周回路を経て
PB260016-t.jpg

急登の道を縦走コースの尾根に向かって登っていきます。(皆元気に登り切ったようです)
PB260021-t.jpg

近くの木橋傍のマユミ
PB260031-2-t.jpg

PB260027-t.jpg

コゲラが餌を求め、枝から枝へ。メジロも来ていますが、動きが早く撮れていません。
PB260029-3-t.jpg

野路菊の丘の登り口には、沢山の自生のピラカンサ類が実をつけています。
紅色が鮮やかなヒマラヤ原産の「ヒマラヤトキワサンザシ」
PB230066-2-t.jpg

「ヒマラヤトキワサンザシ」と橙色の中国原産の「トキワサンザシ」が並んでいます。
PB260030-2-t.jpg











別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

さつまいも掘り、よこお野路菊の丘

11月23日(勤労感謝の日) 友が丘の自然教材園でさつまいも掘り。総参加者75名、うち当会から7名が参加しました。
よこお野路菊の丘は、祭日で天候にも恵まれ、また月曜日の神戸新聞に載せて頂いたこともあり、途切れることなく花を見に来られる人がありました。

昨晩の強い雨の為に、どろんこの畑の中でさつまいも掘り。地元の自治会の子供会、寿会、健友会、地区内の福祉施設や当会等の苗植え・除草を行ってきた多数のグループが参加しました。
PB230032-t.jpg

各グループ毎の参加者で均等に配分。
PB230047-t.jpg

野路菊の丘。昨晩の強い雨により、峠を過ぎた花弁が落ちた為か、残った花がすがすがしい。
来訪者には、いい満開の花を見て頂きました。
PB230050-t.jpg

上の斜面。かたまりとして植えた野路菊と植樹して育ったモミジの紅葉(まだ少し早い)が、いい色合いとなってきました。
PB230053-t.jpg

上の段で、遠望を楽しむ人たち。
PB230073-t.jpg

須磨ニュータウンの開発前後の航空写真と眼下の景色を見比べる人。
PB230077-t2-t.jpg

林内の紅葉(もう少しすれば、真っ赤になります)。
PB230057-t.jpg

当会の活動を支援して頂いている団体の表示板の傍のモミジも色づき始めました。
PB230079-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

友が丘の竹林整備

11月21日 参加者14名。 友が丘の竹林(の道)の整備を行いました。
昨日 神戸新聞さんの夕刊に、よこお野路菊の丘の花をカラーで大きく紹介して頂きました。

林内のしいたけ園にて、しいたけ狩り。今年のしいたけ発生時期は、例年に比べ非常に遅かったです。
PB210002-t.jpg

ほだ木の根元部にかたまって発生
PB210004-t.jpg

伐った竹の幹と枝の分離
PB210010-t2.jpg

枯れた竹の整理
PB210012-t.jpg

育苗していたクヌギやコナラの苗の植樹
PB210024-t.jpg

鮮やかな柿の色(残念ながらシブ柿です)
PB210025-t.jpg







密集した竹、傾いた竹、枯れた竹等を伐採。
別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

11月19日のよこお野路菊の丘

11月19日 野路菊(ノジギク)の花はほぼ満開となりました。

19日の咲き具合
PB190036-2-t.jpg

PB190039-2-t.jpg

斜面の下にある高校の生徒たちが、クラブ活動中に、運動着姿で登ってきました。生徒たちが、植樹した木に付けた名札に太陽光が当たり、強い光を反射している様子を見つめています。
PB190056-2-t.jpg

ノジギクには、突然変異により少しづつ形を変えたものが多数認められます。
よこお野路菊の丘のものでも容易に異なった形のものを見つけられます。
これは、標準的な花弁と葉の形。
PB190046-2-t.jpg

よこお野路菊の丘では、少ない花弁と葉の形です。
PB190045-t.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

11月18日のよこお野路菊の丘

11月18日(土) 今年の野路菊(ノジギク)の花のシーズンも、花が早く咲いたこともあり、あと1週間ぐらい。今日は週末ですが、残念ながら朝方は雨でした。
ウオーキングの団体(晴れた場合の参加予定人数100名程)が、雨天でも見えられるとのことで、説明に現地へ。

野路菊の丘への登り坂(ここは遅咲きです)
PB180002-t.jpg

雨に濡れ、花弁が鮮やか
PB180025-t.jpg

PB180004-t.jpg

早く咲いた花弁には、黄色くしおれたものもありますが、まだこれからというつぼみも沢山。
PB180008-t.jpg

PB180011-t.jpg

PB180022-t.jpg

上の斜面の野路菊とモミジ
PB180015-t.jpg

JR須磨駅を出発したウオークの団体さんが、予定時間より少し遅れて、雨具で登ってきました。雨の為に参加者10名程。伊丹や西宮方面からの人も。この団体さんは、昨年は姫路大塩の日笠山を訪ね、こちらの苗の由来もお聞きになったとのこと。
PB180028-t.jpg

雨が上がり、菊と展望を楽しんで頂きました。
PB180031-t.jpg

来年は晴れたときに是非。..
PB180032-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

11月12日のよこお野路菊の丘

11月12日 よこお野路菊の丘の花も増え、見頃に入りました。

PB120111-t.jpg

PB120115-t.jpg

PB120118-t.jpg

PB120119-t.jpg

PB120121-t.jpg

PB120123-t.jpg

PB120124-t.jpg

マユミの実の色も鮮やかになってきました
PB120131-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

須磨の自然を訪ねるウオーキング2017

11月11日(土) 須磨FRSネット恒例の「須磨の自然を訪ねるウオーキング」を須磨区役所、西神戸山の会の協力にて、実施しました。
夜半まで降っていた雨も上がり、ウオーキング日和の下、小学1年生から80歳の総勢90名強が、須磨区役所を出発し、六甲山系東山-よこお野路菊の丘-六甲縦走路の尾根-栂尾山-須磨離宮公園-須磨海岸のコースを全員 無事に歩き通しました。

須磨区役所にて開会。代表幹事(よこおみち森もりの会 伊與田)の挨拶
伊與田さん (1)-t

福本区長にご挨拶を頂く
PB110003-t.jpg

出発前の「都市と山村を結ぶ会」の谷澤さんのリードにて準備体操
PB110004-t.jpg

9時に元気に出発
PB110006-t.jpg

最初の休息地 板宿八幡神社にて、この近くで里山整備を行っている板宿里山クラブの森さんから活動紹介
PB110014-t.jpg

宮司さんから神社の名前の「板宿」と摂社の飛松天神の「飛松」が、菅原道真公が九州に左遷されるおりに所縁があることの説明をして頂いた
PB110018-t.jpg

神社から山に入り2番目の休息地(神戸市の中心地を見下ろす場所)にて、とびまつ森の会の觜本さん(ブラタモリに出演して神戸の土地がどうして出来たかを説明された)から、六甲山の地形・地質の話
PB110027-t.jpg

先日の台風21号によりヤマザクラが倒れ、山道に大きな亀裂
PB110030-t.jpg

東山から須磨アルプスの馬の背を見下ろす。前方は横尾山。
PB110037-t.jpg

よこお野路菊の丘に到着(昼食地)
PB110051-t.jpg

野路菊は4~5部咲き
PB110060-2-t.jpg

須磨ニュータウンを見下ろして、觜本さんから須磨の地形の話
PB110066-t.jpg

横尾山山頂近くの尾根に向けて出発
PB110074-t.jpg

急な岩場を登ったところからの展望
PB110076-t.jpg

栂尾山の木のやぐら傍で休息(ここから須磨離宮公園に向かって下り)
PB110086-t.jpg

須磨離宮公園を経て須磨海岸の砂を踏み、須磨海岸で貴重な海浜植物の保護活動をしている「すま・はまの会」の桜井さんから海浜植物の現状についての話を聞く
PB110102-t.jpg

続いて 須磨の砂浜であさりの復活に取り組んでいる「須磨里海の会」の吉田さん(須磨海浜水族園園長)から、取組状況の話を聞く。
PB110105-t.jpg

最後に 登ってきた山を背に、JR須磨駅の前で集合写真。
定刻の4時に、全員 適度の疲労感とこころよい達成感を得て家路につきました。
集合写真-t












別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

ササヤブの整備

11月7日 参加者15名。友が丘の保育園傍の段々畑跡のササヤブ、今年3月にササ刈りしてから、久方ぶりの整備。
台風21号により、大きなアキニレの幹が上部で折れ、その除去も実施しました。

5台の刈払機、カマ、刈込バサミ等で、ササを刈っていきます。
PB070006-t.jpg

PB070009-t.jpg

すっきりしてきました
PB070011-t.jpg

PB070012-t.jpg

太いアキニレの幹が上部で折れ、垂れ下がっていました
PB070002-t.jpg

登ることが出来ないため、ロープをつけ引き落とし成功
PB070003-t.jpg




別窓 | C棟西の雑木林
∧top | under∨

11月6日のよこお野路菊の丘

11月6日 汗ばむような天気の下、野路菊は花数を増やしています。

バス道からも白い花がよく見えるようになりました。
PB060004-2-t.jpg

PB060008-2-t_201711061728010a1.jpg

PB060014-2-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

11月2日のよこお野路菊の丘

10月2日
 日に日に野路菊は、花数を増やしています。近在の方が、花の様子を見に来られるようになりました。
 蜜を吸うハチも、増えました。

PB020005-t-t.jpg

PB020020-t-t.jpg

PB020017-t-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |