森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

保育園南のササヤブ整備

2月28日 陽射しが春めき、気持のいい作業日和でした。
以前から続けている保育園南のメダケのササヤブ整備を上部と下部に分かれて行いました。
ここは元棚田の後です。

上部の作業
P2280001-t.jpg

奥は多井畑小学校校舎。右の建物は北須磨保育園。
P2280030-t.jpg

女性陣もヤブに潜って、伐り出し。
P2280040-t.jpg

下部の作業。
P2280010-t.jpg

一部に太いマダケのタケヤブあり。
P2280017-t.jpg

P2280031-t.jpg

昼食時 地元自治会長が、激励に見えました。
P2280026-2-t.jpg

近在の人が切り倒した非常に重いカシの木を、皆で移動。
P2280035-t.jpg

小学校のグランド方面が見通せるようになりました。
P2280046-t.jpg










別窓 | C棟西の雑木林
∧top | under∨

ナラ枯れ対策

2月24日 今日は冷たい1日でした。
よこお活動地の雑木林内のコナラ1本に昨年新たにキクイムシが入り、行政の委託で業者が伐採及び燻蒸処理に来ました。
プロの作業を見ておこうと、当会から4名が見学。

新人に実習で伐らせますとのことで見ていましたが、かかり木になり チェーンソーが挟まってしまいました。
P2240006-t.jpg

別のチェーンソーにて、少し離れた場所を伐る。
P2240008-t.jpg

やはり、切り倒す方向の慎重な設定、ロープ掛け、受け口・追い口等の基本的動作の必要性を痛感。
P2240011-t.jpg

切り株に薬剤をよく吸収させるためにスリットを入れる。
P2240014-t.jpg

同じく 玉切りしたものにも上下にスリット。
P2240015-t.jpg

一か所に集積。奥の方のフィルムがかぶさったものは昨年燻蒸処理したものです。
P2240021-t.jpg

薬剤を撤下。強烈な臭気。毒性以前にこの臭気で倒れそう。
P2240020-t.jpg

フィルムで覆い、終了。
一昨年に初めて5本程がやられて処理、昨年はもっと被害を受けるかと心配しましたが1本のみで、燻蒸処理の効果があったのでしょうか。これからもウオッチしていきたい。
P2240016-t.jpg










別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

木橋周辺整備

2月21日(火) 17名 下の遊歩道から木橋がよく見えるように、周辺の整備を行いました。

メダケが茂っています
P2210006-t.jpg

木橋の近く
P2210011-t.jpg

P2210013-2-t.jpg

木橋下部の斜面のメダケの伐採や雑木の枝切り等 動画
[広告] VPS


P2210016-2-t.jpg

よく見えるようになってきました
P2210020-2-t.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

しいたけの植菌と雑木林の整備

2月19日(日) AMは、よこおの昨年に伐採し放置していたコナラに、友が丘で残ったしいたけの種駒を植え付け。
PMは雑木林の整備等を実施。

太い根本部もチェンソーを使わずに、ノコでに短く切断。
P2190022-t.jpg

穴をあけ、種駒を植え付け。
P2190029-t.jpg

P2190032-t.jpg

午後は、場所を変えて枝切り。今日初めての体験参加者も一緒に。
P2190038-t.jpg


別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ハチクのタケヤブ拡大阻止作業

2月14日 1月17日に続いて横尾ハチクのタケヤブの周辺への拡大を抑制するために、伐採を続けました。
今日は、下と中の斜面を完了しました。新入会員が新たに作業に加わわりました。

下の景色が見えないほどに、竹が拡がっています。
P2140001-2-t.jpg

午前に下斜面
P2140010-t2.jpg

下斜面のハチクのタケヤブ伐採(動画)
[広告] VPS


下斜面の見通しがよくなりました。
P2140017-t2.jpg

午後は、中斜面の竹の伐採。
P2149150-t.jpg

伐採の場所を拡げていきます
P2149231-t.jpg

P2149269-t.jpg

P2149288-t.jpg

中斜面の伐採は完了。次は右上の斜面を行います
P2149301-t.jpg








別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

5連続合着木等

2月11日 友が丘の活動地に行ってみました。
メンバーのH氏が、7日の活動日に伐り出したモウソウチクを使ってテーブル広場の排水用溝づくりを行っていました。
水は、上部の溜池跡に集まる雨水が地中の穴を通って、流れ落ちてくるものです。
3連続で並ぶ合着木に更に続く合着木を発見しました。

節取り
P2110009-t.jpg

先に完成の1本。
P2110011-t.jpg

溜池跡の縁に3連続で並ぶ合着木の近くでふと、3連続しておれば、4連続もあるか?  ありました。
4連続しておれば、5連続もあるか?  ありました。
5本の合着木が、ほぼ一直線上に5~6m間隔で並んでいます。

1本目。穴から覗いて、2本目が見えます。クヌギ
P2110019-t.jpg

1本目を反対側から見たもの。
P2110018-t.jpg

2本目。クヌギ
P2110017-t.jpg

2本目を反対からみたもの
P2110015-t.jpg

3本目。この木は一度合着し、また上部で着いています。 ウバメガシ
P2110025-t.jpg

4本目。左奥に5本目が見えます。 ウバメガシ
P2110026-t.jpg

5本目。 ウバメガシ。 5本も並んであるのは不思議なものです。
この周辺には万年茸(幸茸、霊茸)が自生しており、縁起がいい場所なんでしょう。
P2110027-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

しいたけの植菌等々

2月7日 掲載遅れました。玉切りを済ませたクヌギ、今日は穴あけとシイタケの植菌を行いました。
その後は、太すぎてホダ木にはしにくい根元部を散策路のベンチ用に移動や、先週に続いて近くの公園そばの雑木林に侵入する竹の伐採を実施しました。

植菌前の段取り説明。当会のメンバーに自治会有志25名が参加。
P2078636-t.jpg

ホダ木は大小合わせて120本。
P2078639-t.jpg

P2078646-t.jpg

マーキングした丸太に順に穴あけ
P2078683-t.jpg

P2078709-t.jpg

穴にシイタケの種駒を入れていきます
P2078716-t.jpg

遮光ネットをかぶせて仮伏せ
P2110008-t.jpg

太すぎてホダ木にしにくいクヌギの根本部を移動して、散策路のベンチに。まず1本目。
P2078731-t.jpg

動画 1本目のクヌギの移動
[広告] VPS


動画 2本目のクヌギの移動
[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


テーブル広場の雨水の排水用にモウソウ竹を伐り出し
P2078843-t.jpg

公園に移動し、侵入する竹の伐採に入る前
P2078853-t.jpg

雑木林の中の大径のクズのツル
P2078906-t.jpg

伐り出し
[広告] VPS


こんなに太いクズは初めて(年輪 8年)
P2078922-t.jpg











別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

須磨FRSネット 自然環境サミット2017

2月4日 須磨FRS(森川海)ネット主催、須磨区役所協力で須磨区役所で開催しました「自然環境サミット2017)は、約200名のご参加を得て、少し(?)時間をオーバーをしましたが、無事終えました。
神戸市の久元市長にも、お忙しい中ご参加を頂きました。
第一部の講演会では、須磨海浜水族園の吉田園長に「どっこい生きている須磨の海と自然」と題し、豊富な写真を使って、突堤や離岸堤に囲まれた中での砂浜や海中の普段見えない場所にこれだけの多くの生物が連携を持ちながら生きているんだということを教えてもらいました。
第二部の「須磨・神戸の自然を次世代に!」のテーマでのパネルディスカッションでは、森・川・海で活動する団体のパネラーが各団体の活動紹介や意見発表を行い、久元市長にはご感想・ご意見を頂きました。

自然環境サミットの開場前の配布資料準備風景(須磨FRSネット参加団体有志による例年恒例の風景)
P2040006-t.jpg

開会直前(用意した席は全て埋まりました。
P2040009-2-t.jpg

講演会(どっこい生きている須磨の海と自然)須磨海浜水族園 吉田園長
P2040010-t.jpg

P2040014-t.jpg

パネルディスカッション(須磨・神戸の自然を次世代に!) 
P2040015-t.jpg

P2040026-t.jpg

P2040027-t.jpg

P2040031-t.jpg






別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |