森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

野路菊の土づくり(続き)

5月26日 野路菊の土づくりの為に、2班にわかれて今日も谷筋からの砂の引き上げ作業を行いました。
A班は谷筋に降り、堰堤下手に掘りあげていた土石のふるい作業。
B班はふるって採取した砂の引き揚げ作業、砂ができるのを待っている間に野路菊の摘芯作業を行う。砂の引き上げ作業は、今日で一応終了としました。
作業終了後、場所をもう一つの活動地に移し、メンバーの喜寿のお祝いをささやかに行いました。メンバー全員が順々に元気に喜寿を向かられたいものです。

朝 全員元気によこお野路菊の丘に向かいます。暑い1日になりそう。
P5267887-t.jpg

堰堤下手でA班のふるい作業。
P5267890-t.jpg

P5267920-t.jpg

ここは日照りはないが、蒸し暑い。
P5267924-t.jpg

[広告] VPS


B班は、砂の引き上げ作業。
P5267896-t.jpg

明石海峡大橋に向かって、引いていきます。
P5267898-t.jpg

女性陣だけで引っ張ってみました。
P5267909-t.jpg

砂が上がってきます
P5267899-t.jpg

[広告] VPS


引き上げた砂。次からはこの砂と自製の培養土を混ぜて、新たな畝を作る予定です。
P5267933-t.jpg

作業後場所をもう一つの活動地に変えて、Kさんの喜寿のお祝い。
P5267935-t.jpg

M.Iさんの民謡、またハーモニカを伴奏に皆で懐かしい歌を歌いました。
P5267941-t.jpg

Kさん おめでとうございます。
P5267952-t.jpg












別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の土づくり

5月9日 今日は天気にも恵まれ(午後からは蒸し暑くなりました)、班に分かれて ①冬から寝かせていた培養土の移動 ②堰堤下の掘り上げていた土砂のふるい掛け ③堰堤下から野路菊の丘へ引き上げ ④部分的な除草等を行いました。

年初に遊歩道の側溝にたまっていた腐葉土を野路菊の丘に運び、ヌカや鶏糞等を混ぜて培養していた土を土嚢袋に入れて、移動。
P5197785-t.jpg

P5197783-t.jpg

P5197784-t.jpg

堰堤下手に大雨等で流れてきた土砂を数年前に掘り上げており、それを野路菊栽培の為の土壌改良に使うことにし、まずふるい掛け。
P5197765-t.jpg

P5197767-t.jpg

ふるいを掛けて採取した砂を、先に作っておいた竹レールを使って、上に引き上げます。
P5197775-t.jpg

P5197781-t.jpg

P5197778-t.jpg

[広告] VPS


[広告] VPS


堰堤下から、約14mの急勾配の斜面を引き上げ。
P5197798-t.jpg

野路菊の丘のメンバーがロープを持って移動し、砂を引き揚げていきます。
P5197807-t.jpg

P5197811-2-t.jpg

[広告] VPS


休みのひと時。ウツギ(うのはな)が、ほぼ満開になっています。
P5197788-t.jpg

花には、沢山のウツギノヒメハナバチが、花粉と蜜を採りにきています。
P5197790-t.jpg

野路菊の苗の成長を促すために遮光ネットはめくり、陽を当てるようにしました。
P5197816-t.jpg

培養土は約2/3を移動しました。
P5197815-t.jpg

15:00 今日の作業を終えました。引き揚げた砂は、写真の中央部。来週は残りの作業を行います。
P5197814-t.jpg










別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

神戸まつり 須磨音楽の森

5月16日 明日17日は神戸まつり、その前日の今日は各区毎にそれぞれの場所で催しが行われます。須磨区では例年 須磨離宮公園にて「須磨音楽の森」が催されます。
当会が加盟している須磨FRSネットも例年出店し、今年は「須磨立体ぶんぶんごまづくり」「手作りおもちゃ」の2点。
昨晩からの雨は9時過ぎ頃まで残り、また昼頃まで小雨がぱらつきました。
この為に、本格的な人出は昼過ぎからとなりました。

ブースの設営
P5167701-t.jpg

午前中は、時折 パラつき、人出がもうひつ
P5167706-t.jpg

昼頃のバラ園。裏の六甲山の尾根のあたりはガスですっぽり、覆われています。
P5167733-t.jpg

P5167732-t.jpg

[広告] VPS


2時頃になると小雨も上がり、人が増えだし、立体ぶんぶんごまづくりにも多くの人が参加し、作り方・まわし方の指導にFRSネットの各団体のメンバーも大忙しで対応。
P5167741-t.jpg

P5167743-t.jpg

手作りおもちゃ(発泡プラスチックや紙、ストローを使ったもの)に子供達も大喜び。
P5167756-t.jpg

隣のブースでは、須磨消防署が人工呼吸法の講習や小さい子供たちには消防服を着せて消防自動車に乗ってもらったりしていました。
P5167747-t.jpg

4時の閉店時頃にも多くの人がぶんぶんごまづくりにチャレンジし、満足して持って帰ってもらいました。
P5167757-t.jpg











別窓 | 日記
∧top | under∨

土砂のふるいテスト

5月15日 昨日 砂の引き揚げ装置はほぼ完成しましたが、今日はSさんがこの為に手作りしたふるい器のテストを行いました。

まず竹や間伐材を使って、台の作成
P5157697-t.jpg

ふるい開始
P5157700-t.jpg

ふるいは万全。作業手順は本番時に試行錯誤して改善を行うことにしました。、
P5157698-t.jpg


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

砂引き揚げ装置づくり

5月14日 今日も臨時活動として有志が参加し、野路菊の土壌改良用の砂を谷筋から引き上げる装置づくり作業を行いました。

先週 作ったレール部を斜面に引き上げ。
P5147684-t.jpg

上部と下部のレールの繋ぎ作業
P5147688-t.jpg

テスト引き揚げ。20kgぐらいの重量を一人で上げることができました。本番の時にはもっと引く人数を増やして、より重量も増やして行う予定。
ほぼ目途がついた時に夕立が襲来し、今回はここまで。本番開始は来週の予定。
P5147691-t.jpg

[広告] VPS





別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の育苗等

5月13日  昨日の定例活動日は、前線と台風による雨のために休み、今日は快晴の下 臨時に有志で昼まで作業をし、野路菊の苗の移動を行いました。
その前に、雑木林内で昨年見つけたキクイムシに穿孔されたコナラの幹に、地元の神戸市建設事務所の担当官とご一緒にカシナガホイホイをセットしました。

穿孔が認められたコナラの幹に、まず麻縄を巻きます。
P5137669-t.jpg

その上に粘着面を幹側にして、シートを巻きます。
P5137671-t.jpg

[広告] VPS


この状態にして8月ごろまで置きます。成虫になって飛びだそうとするのをここで捕獲し、繁殖を抑えます。
また 捕獲した成虫を調査することにより、種類も確定することが出来ます。
P5137673-t.jpg

次は雑木林の木陰の中で育てていた野路菊の苗を、日の当たる場所に移動。まずは枠を作る為に、タケヤブから伐り出した竹を四つ割りにします。
未経験の方にも、割ってもらいました。
P5137675-2-t.jpg

P5137679-t.jpg

野路菊の丘の下の学校では、丁度体育祭が行われており、軽快な曲がながされています
[広告] VPS


割った竹で枠をつくり、ネットをかぶせます
P5137681-t.jpg

日当たりの良いところに移しましたので、これから水管理が大事となります
P5137683-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

砂揚げ装置づくり その2

5月8日 よこお野路菊の丘の畝の土壌改良のために利用する堰堤下手に溜まった砂の引き揚げ装置づくり(その2)を、有志で行いました。

竹にあける穴位置がずれないようにと、設計及び現場監督のMさん手作りの治具を使って、穴を開けていきます。
(堰堤右側の急斜面に縦レースを敷き、砂を引き揚げます)
P5087598_s.jpg

少し歪んでいる竹もものともせず、4本の竹の夫々の4か所の穴に長いボルトを挿して組んでいきます。
P5087602_s.jpg

まず上側のレールが完成。
P5087605_s.jpg

堰堤上から。
下側のレールも無事に組み上がりました。この上下のレールを急斜面に縦につなぎ、台車で引き揚げるようにしますが、最終組み立ては次回。
平地でのテストでは、台車は車がついているように快適に滑りました。本番が楽しみ。
P5087607_s.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

玉ねぎ掘りと砂揚げ装置づくり

5月2日 まず 朝1は、活動地の竹林に隣接する地元自治会の自然教材園の玉ねぎ掘り。
天気にも恵まれ、約100名が参加し、収穫した玉ねぎの数 4000個強。

婦人会、子供会、寿会等、公園管理会、施設の皆さん等々が集まりました。
当会からも14名が参加。
P5027533_s.jpg

各団体の代表がジャンケンで、勝った順に畝を選び、玉ねぎ掘りがはじまりました。
P5027536_s.jpg

P5027538_s.jpg

P5027539_s.jpg

P5027543_s.jpg

玉ねぎ掘りの後、当会の有志は横尾に移り、野路菊の丘横の堰堤の下手に溜まる砂を引き上げるための装置づくりを行いました。
写真の右側に積み上げた砂は5年程前の豪雨の後に溜まったもの。
この砂を野路菊の丘に引き上げ、土壌の改良に使用しようと計画しています。
P4307516_s.jpg

先般 タケヤブから伐り出した竹を仮置きしていた場所から7mの長さのものを運搬。
P5027551_s.jpg

P5027555_s.jpg

堰堤下に運んできた竹を使って、引き揚げるためのレールづくり。
ただ 全体を通しての設計図がなく、どんなものが出来上がるか若干不安もあるが、まあ いつもの心意気で。
完成は、連休明けの次の作業日の予定。
P5027560_s.jpg






別窓 | 日記
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |