森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

タケヤブの伐採

3月31日 昨年 横尾山中腹のヒメボタルの自生地調査の折に、雑木林の中にマダケのタケヤブを発見。比較的新しいタケヤブで、これから本格的な拡大を始めようとしています。雑木林の保存のために、タケヤブの駆除と野路菊の畝の枠の材料の確保を兼ねて、伐り出しを開始しました。

急斜面にロープ掛けをしながら、現地に向かいます。
P3317052_s.jpg

タケヤブに到着。A、Bの2場所に分かれて伐り出し、長さ3.5mに寸法切りをしていきます。
場所A
P3317056_s.jpg

P1010581_s.jpg

P1010582_s.jpg

P1010585_s.jpg

P3317062_s.jpg

P3317078_s.jpg

P3317079_s.jpg

P1010588_s.jpg

タケヤブのセンター部は、枯れ竹も整理出来、伐採も進みました。
P3317084_s.jpg

谷の奥の伐採は、次回に行います。
P1010592_s.jpg

場所B
P3317058_s.jpg

P3317060_s.jpg

P3317070_s.jpg

タケヤブの入口部の伐採も順調に進みました。
P3317072_s.jpg

足場の悪い地形ですが、無事に約100本の竹を確保し今日の作業を終えました。残りは来週。、
P3317088_s.jpg

帰路にある一抱え以上もある奇妙な木肌の木。なんだと思いますか。
P3317096_s.jpg

見難いですがヤマザクラ。。花は今 3分咲きぐらい。
P3317094_s.jpg

無事に元のところに戻りました。体に巻いているのは、蛇ではありません。青い袋にいっぱい入っているのもタケヤブへの行きかえりに採取したツル。持ち帰って、カゴ等を作ります。
P3317101-2_s.jpg



















別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

ササヤブ刈り・タケヤブの下見

3月24日 入会希望の体験参加者2名も加わり、午前は友が丘の保育園南のササヤブ刈り、午後は横尾に移り、雑木林に中で拡がり出したマダケのタケヤブを竹を伐り出すためのの下見を行いました。

ササで覆われていたところも、だいぶすっきりしてきました。
P3247002_s.jpg

P3247003_s.jpg

P3247005_s.jpg

メダケが密集したところに入ってきました
P3247007_s.jpg

P3247008_s.jpg

横尾のマダケのタケヤブの下見。来週ここから竹を伐り出します。
最終的にはタケヤブを駆逐し、雑木林を守りたいと考えています。
山道から外れ、谷筋をタケヤブに向かいます
P3247013_s.jpg

タケヤブの端まで行き、元来た道を引き返します
P3247021_s.jpg

P3247023_s.jpg






別窓 | C棟西の雑木林
∧top | under∨

3月17日 先週と様変わり、非常に暖かい一日。よこお野路菊の丘にて、補植用の野路菊の苗づくりを行いました。

朝 冬至芽苗をポットに植え替える為の資材類を皆で運び上げます。
P3170273_s.jpg

野路菊の丘で、ポットへの植え替え開始。
P3170279_s.jpg

岩手出身のメンバーの民謡をBGMに、作業は快調に進みます。
P3170280_s.jpg

ポットに入れる土が足らなくなり、追加で購入してきた土を運搬。
P3170282_s.jpg

白の野路菊の苗を終え、次は黄色の黄花野路菊の移植。今年は平地の部分の畝のレイアウトを大幅に変更する予定です。
P3170292_s.jpg

植え替えを終え、ポット苗を木漏れ日のヤブツバキ林に移して育苗。苗総数 約1300本。
P3170298_s.jpg




別窓 | 未分類
∧top | under∨

しいたけ栽培等

3月15日
 昨年 雑木林で間伐したコナラ、太い部分は加工してベンチにしましたが、その残りの丸太にしいたけの植菌を行いました。
 ほだ木は、平らな場所に仮伏せして、寝かせました。シイタケが採取できるのは、来年の秋となります。

 ドリルで開けた穴に植菌。
P3156919_s.jpg

 ホダ場にする為に整地
P3156925_s.jpg

 植菌したほだ木を近くまで運搬
 P3156926_s.jpg

 ホダ木を仮伏せ 
P3156934_s.jpg

 この作業中に、子供を含めて15名程の登山のグループがハンモックに立ち寄り、大喜び。
 想定外だが、小さな子供が2~3人 同時に乗り ブランコ。こういう楽しみ方もあるんだ。
P3156932_s.jpg
 


別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

竹林の整備

3月10日 今日はよこお野路菊の丘で、野路菊の冬至芽をポットに移植する苗づくりの予定でしたが、猛烈な寒波が襲来するとの予報で、体を動かして温まる作業をしようと、急遽 活動地を友が丘の竹林に変えました。
この竹林のマダケは、残念ながらテングス病の為にすぐに枯れ、目標とする竹林になりません。全伐して、伐った竹は燃やすのが望ましいがここでは出来ない為、気休めかも知れませんが傷んだ竹を伐り、間隔を開けることにします。

今年参加のお二人も、どんどん伐り、処理をしていきます。
P3106870_s.jpg

ベテランは、急斜面で奮闘。
P3106875_s.jpg

伐った竹は、斜面の集積場に。
P3106879_s.jpg

P3106902_s.jpg

もう一つの溜池跡の集積場。整備して今後の受け入れOK。
P3106898_s.jpg

P3106889_s.jpg

P3106890_s.jpg

テーブル広場にて。
P3106872_s.jpg

下段
P3106885_s.jpg
上段
P3106884_s.jpg

P3106886_s.jpg

合間に、つつじの育苗場を整備。
P3106895_s.jpg

今日はじっとしていると寒いため、休みもほどほどにしよく作業を行いました。終わりにしいたけを持ち帰りました。
P3106904_s.jpg












別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

横尾山中腹のタケヤブ

3月6日 昨年偶然に横尾山中腹の雑木林の中で見つけたマダケのタケヤブが、拡大しないように調査に出かけました。

横尾山山頂に至る登山道から外れて谷筋に下りる。急勾配の為に滑りやすく、作業開始時にはロープの設置が必要でしょう。
P3066853-t.jpg

谷筋を上手に登ったところに、比較的大きな炭焼き窯の跡。
P3066855-t.jpg

そのすぐ近くに、古い朽ちたしいたけのほだ木が10本程あり、小さなしいたけが数個出ていました。この10年以内に地元のどなたかが、趣味的に栽培したのでしょう。
P3066857-t.jpg

更にこの上手に突然マダケが出現。
P3066858-t.jpg

竹の密度も小さく、枯れたものも少ない。このタケヤブは比較的新しい模様ですが、本格的に周辺への拡大が始まっている様子。
P3066859-t.jpg

足場が悪いところもありますが、今のうちに皆伐を続ければ、駆除できるかもしれません。
P3066860-t.jpg

ここから上に出られるかと、滑りそうにながら登る。上の明るいところは横尾山の山頂に向かう登山道。
P3066861-t.jpg

振り返るとのタケヤブが見えます。
P3066866-t.jpg

もう少しで登りきるが、作業の本番時ここを登り下りするのは危険。作業道としては最初に下りたところにすることにしました。
本格的な皆伐作業の開始は、梅雨明け頃になるでしょう。
P3066867-t.jpg









別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

よこお野路菊の丘周辺にて

3月3日 天気予報では、午後から雨とのこと。皆の熱気で雨を遅らせようと強行しました。
よこお野路菊の丘とその周辺にて、①野路菊栽培の肥料づくり ②しいたけの植菌 ③山道の補修の3班に分かれて作業を行いました。
幸い雨に濡れることことなく、定時(PM3時)前に無事に作業を終えることが出来ました。

肥料づくり班。腐葉土に米ぬか、牛糞、鶏糞等々を混ぜる。
P3036800-t.jpg

以前に混ぜて置いたものと同じ高さの山が出来ました。これで約半分。
P3036829-t.jpg

しいたけの植菌班。昨秋に伐採しておいたコナラを運び出すために、まず足場づくり。
P3036796-t.jpg

長い幹をチェーンソーで寸法切り。
P3036802-t.jpg

穴あけ、植菌の為に野路菊の丘に運搬。
P3036811-t.jpg

P3036823-t.jpg

P3036825-t.jpg

丸太に菌を植えるため、穴あけ。肥料づくりも順調に進んでいます。
P3036828-t.jpg

植菌を終えた丸太を仮置き。植菌作業は種菌が少し足らず、次回に持越し。
P3036836-t.jpg

道補修班。資材と道具を持って雑木林の中に。
P3036803-t.jpg

年配の方も、安全に安心して歩けるように。
P3036807-t.jpg

傷んだところを次々と補修していきます。
P3036815-t.jpg

路肩が崩れないように、石で補強。
P3036830-t.jpg

皆が野路菊の丘に集まって応援。肥料づくりももう少し。
P3036839-t.jpg

雨にも降られず、全ての作業を順調に終え、ハイチーズ。手に持っているのは、一昨年 枝打ちしたウバメガシに試験的に植菌して出来たしいたけ。
P3036840-t.jpg

集合写真に写っていない一人(カメラマン)。
伊与田さん (1)-t

大きな山が出来ました。米ぬか等が発酵し、いい肥料になってくれるでしょう。
P3036843-t.jpg

雨が来る前にと、少し早めに下山しました。
P3036847-t.jpg

P3036852-t.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |