森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

ササヤブの整備(2)

2月24日 今日は、春のよう暖かい一日でした。今年最初のウグイスの声を聴きました。
保育園南の旧段々畑のササヤブの2回目の整備。だいぶ見通しがよくなってきました。

前回の上の段のササ刈りを開始。
P2246695-t.jpg

前回整備した下の段の刈取り不十分場所の刈り直し。
P2246697-t.jpg

上の段の奥では、刈払機班がどんどん 背の高いササを刈り取っていきます。
P2246703-2-t.jpg

手前部では、カマ班が刈取り。
P2246718-t.jpg


刈取りが進んでいます
P2246731-t.jpg

見通しがだいぶよくなりました。
P2246737-t.jpg

作業を終え、帰りに駐車場から作業した場所を見下ろす。整備の進みに皆満足。
P2246734-t.jpg





別窓 | C棟西の雑木林
∧top | under∨

しいたけ植菌、竹林の整備等

2月17日 友が丘の竹林でしいたけの植菌、竹林の整備等々を行いました。

2月10日に玉切り、15日に穴あけしたクヌギの丸太に、しいたけの植菌を地元自治会の30名強の皆さんと行いました。50本程の数であり、多くの人は経験者の為、30分ほどで終えました。
P2176658-t.jpg

P2176659-t.jpg

このホダ木からしいたけが採れるのは、来年の秋以降です。奥の遮光ネットの中には、昨年度までに植菌したほだ木があり、小さなしいたけをつけています。
P2176687-t.jpg

昨年までに植菌したほだ木の、冬菇しいたけを少し採って持って帰ってもらいました。
P2176664-t.jpg

この後は、当会のみの作業。竹林内の傾いたり、枯れたりした竹の伐採処理を実施。
P2176667-t.jpg

P2176678-t.jpg

P2176671-t.jpg

腐葉土を作る為に、クヌギの落ち葉を集める。
P2176668-t.jpg

P2176673-t.jpg

育苗地の竹枠の補修
P2176682-t.jpg

横尾の遊歩道の側溝に出来た腐葉土採取時に使用した土嚢袋を、次jに再利用する為、水洗いし乾しました。
P2176680-t.jpg

P2176688-t.jpg







別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

須磨FRSネット自然環境サミット

2月14日(土)に、須磨ニュータウン展を行っている会場の隣で、須磨FRSネットの主要行事である「自然環境サミット2015」を行いました。 須磨区と垂水区のニュータウンに囲まれた大きな緑地の一部の「小川フィールド」に棲む昆虫についての講演とネットの所属団体の活動報告を行いました。

開会前 FRSネットの皆さんによって資料の袋詰め。
P2146599-t.jpg

13:30開会し、須磨FRSネットの田中代表幹事及び須磨区の小原区長の挨拶を得て、「ニュータウン近傍の里山に棲む虫たち」と題し、長年 昆虫の生態を調査研究されている「小川」生きもの探検隊長の辻村氏の講演。
虫たちの食べる・恋する・群れる・旅する・傷むについて、深く、面白く説明を頂きました。
P1080947-t.jpg

この後、板宿で里山保全活動を行っている「いたやにすと」から「いたやどの森の再生」と題し、団体設立時からの活動について報告された。
P1080960-t.jpg

当会も「横尾山山腹で野路菊を育てて」と題し、種々活動の中からよこお野路菊の丘での活動だけに絞り報告しました。
P1080965-t.jpg

P1080966-t.jpg

P2146615-t.jpg


多くの方が聞きに来て頂き、盛況のうちに終えることが出来ました。



別窓 | 日記
∧top | under∨

しいたけづくり(穴あけ)

2月15日 当会の活動日であり、須磨ニュータウン展の最終日の為、2班に分かれて対応しました。
友が丘では、10日に玉切りし集めたクヌギの丸太に、しいたけの菌を植えるための穴あけを行いました。
今年の丸太の数は50本と少なく、地元の皆さんが28名、当会が8名と大人数で行いましたので、約1時間で終えることができ、午前中で作業終了。
午後には、須磨ニュータウン展のぶんぶんごまづくり対応への合流や撤収作業に参加しました。

先に集まった人たちは、穴あけの準備。どんどん人が集まってきます。
1 (3)-t

まず準備体操。
1-t

まだまだ 人が集まります。
1 (2)-t

当会から穴明けの方法について説明。殆どの人は例年参加しているためにご存じだが、あらためて。
1 (5)-t

1 (6)-t

穴あけ開始。
1 (1)-t

1 (7)-t

1 (9)-t

無事に終えました。植菌は2月17日(火)に行います。










別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

須磨ニュータウン展2015

2月15日 2月11日~本日(15日)までの須磨ニュータウン展2015が無地終了しました。
須磨FRSネットのブースでは、全入場者の約1/3に「竹のぶんぶんごま」を作ってもらい、喜んで持って帰ってもらいました。
ちょっと一工夫を入れ、光り&立体のぶんぶんごまとしましたが、老若男女全ての人達に非常に好評でした。
尚これは「すまの立体ぶんぶんごま」と名付けました。

P2116580-t.jpg

P2116582-t.jpg

P2136592-t.jpg

P2156633-t.jpg

P2156636-t.jpg

P2156642-t.jpg

15日夕 ニュータウン展の日程を終え、須磨FRSネットの加盟団体の人達が集まり、皆で解体を行いました。
竹さん ご苦労さんでした。
P2156648-t.jpg

P2156650-t_20150215221500c64.jpg

撤収作業を終え、須磨FRSネットの田中代表、須磨区まちづくり課長の挨拶。「お疲れ様でした。」
P2156652-t.jpg





別窓 | 日記
∧top | under∨

ほだ木づくり、須磨ニュータウン展設営

2月10日 今日は、午前・午後といろいろな作業を行いました。
午前は、しいたけのほだ木用として伐採していたクヌギの玉切りと運搬を地元自治会の人達18名と協働作業、また明日から始まる須磨ニュータウン展の設営の為の竹の伐り出し。
午後は、竹等をニュータウン展の会場に運搬し、須磨FRSネットの所属団体の人達と一緒に設営を行いました。

ほだ木班と竹準備班Aに分かれる。
その前に、全員で準備体操。
P2106452-t.jpg

ホダ木班、玉切りと運搬開始。
P2106457-t.jpg

P2106468-t.jpg

今年は50本ほどで、例年に比べ数も少なく、早く終わりました。15日、穴あけ、17日植菌の予定。
P2106481-t.jpg

竹準備班は、モウソウ担当とマダケ担当、加工担当にわかれて作業。
P2106476-t.jpg

P2106478-t.jpg

テーブル広場にて加工
P2106474-t.jpg

早く作業を終えた担当は、他の担当に合流
P2106480-t.jpg

P2106482-t.jpg

腐った木を動かした時にカブト虫の大きな幼虫を発見
P2106485-t.jpg

午後 伐り出した竹等をニュータウン展の会場に運搬
車に積むためにブルーシートでカバー
P2106486-t.jpg

軽トラに積む
P2106490-t.jpg

会場の建物に入る
P2106495-t.jpg

建物内をぐるぐる回りながら
P2106500-t.jpg

エスカレータにも乗って
P2106502-t.jpg

会場にて荷解き
P2106504-t.jpg

組立開始
P2106513-t.jpg

テーブルにも固定
P2106521-t.jpg

P2106527-t.jpg

P2106531-t.jpg

太い竹の輪切り
P2106541-t.jpg

終盤に近づいてきました
P2106545-t.jpg

組立が終わり、須磨FRSネットの代表幹事から「ご苦労さんでした」
P2106546-t.jpg

完成。明日11日から15日まで須磨ニューツン展。入場者の希望する全員に「すまの光る&立体ぶんぶんごま」の色づけを行ってもらいます。どんなもものが出来るか楽しみです。
P2106549-t.jpg















別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

野路菊の土づくり

2月3日 よこお野路菊の丘での作業。先日採取した腐葉土の運び上げと土づくりを行いました。
野路菊の丘には、ルリビタキが我々のすぐ近くに来て、目を楽しませてくれました。

まず 腐葉土に混合する米ぬか・鶏糞・牛糞・骨粉等を運搬。
P2036340-t.jpg

背負子で背に担ぎ、手はあいていると前にも抱えて。
P2036341-t.jpg

P2036348-t.jpg

野路菊の丘では、先に担ぎ上げていた腐葉土に米ぬか等の混合を開始。
P2036357-t.jpg

坂の下に仮置きしていた土嚢を、バケツリレー方式で上にあげていきます。
P2036364-t.jpg

バケツリレーの先端が終着点に届きました。混合した土の山もだいぶ大きくなってきました。
P2036380-t.jpg

この間にも、道補修担当はヤブツバキ林の山道の傷んだ階段の補修。
P2036398-t.jpg

野路菊の丘に渡り鳥のルリビタキが我々の作業を見物に来た如く、自分の容姿を見せるが如く、すぐそばまで来て目を楽しませてくれました。
P2036388-t.jpg

ウツギの枝の上に。
P2036406-t.jpg

P2036409-t_2015020323462920a.jpg

P2036417-t.jpg

集合写真
P2036424-t.jpg

帰りかけた頃、一度離れたルリビタキがまいもどってきました。カメラに撮る為、杭の上に止まったルリビタキに近づく。
P2036425-t.jpg

その様子を全員が見守りました。本当に人懐こい鳥です。
P2036435-t.jpg

今日で土嚢の運搬は完了し、土の混合処理は約1/3を終えました。この続きは3月に入ってから行います。
P2036436-t.jpg









 
別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

木橋周辺の整備(2回目)

2月1日 早2月に入りました。早いものです。
先週に続き、よこお野路菊の丘近くの木橋周辺の整備を行いました。
ササを刈り、ツルを取り除いて遠方からも木橋が見えるようになりました。

冷たい日で、作業開始時には 水溜まりでガチガチに氷が張っていました。
P2016302-t.jpg

先週からの続き
P2016304-t.jpg

今回は、刈払機が加わりました。
P2016307-t.jpg

中学生会員は、木橋の上流部で伸び放題のウツギの枝切り。
P2016309-t.jpg

木橋の上から、雑木に絡みついたツルの除去作業。
P2016314-t.jpg

木橋の位置まで、ササ狩りが進んできました。
P2016319-t.jpg

下で作業をしている人を、見られるようになりました。
P2016322-t.jpg

結構 厳しい斜面です。
P2016326-t.jpg

P2016336-t.jpg

下から木橋を見ることが出来るようになりました。左上はよこお野路菊の丘です。
P2016329-t.jpg






別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |