森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

よこおの雑木林整備

12月2日 今日は昨日に比較して8℃程低い冷たい一日でした。
当初 野路菊の刈取りを予定していましたが、まだまだ 花が元気で充分鑑賞に値するため、12月9日まで延期することにし、横尾道入口部の雑木林の整備に変更しました。
よこお野路菊の丘に隣接するヤブツバキ林の中の大径木のコナラの根元に、最近 木くずの発生が認められ、皆で確認に行きました。
ナラ枯れの原因となる「カシノナガキクイムシ」の穿孔によるハラス(木屑・糞)の可能性があり、昨日 兵庫県の関係する部署に報告しました。
もし 推定が実証されれば、関係者と連携して対策をとらねばなりません。

横尾道(遊歩道)入り口部の雑木林。だいぶ日が入り 明るくなってきました。
PC025678_m.jpg

PC025679_m.jpg

PC025683_m.jpg

PC025696_m.jpg

P1010474_m.jpg

P1010476_m.jpg

P1010478_m.jpg

P1010480_m.jpg

よこお野路菊の丘及び隣接する雑木林(紅葉の帯)。帯の中心部のコナラの木の根元で、「カシノナガキクイムシ」の穿孔によるものらしいハラスが見つかりました。このコナラを中心とした落葉樹の帯を守りたい。
PB295638-3_m.jpg

すっくと立っている大径木(径約40cm)のコナラの根元にハラスを発見。手前の斜めの木は、ヤマザクラ。
PC025688_m.jpg

3日前より、ハラスの発生場所が増えています。
PC025687_m.jpg

ブログ投稿者は昼で早退。帰路 振り返って撮ったもの。メンバーが昼食後、登り口から該当のコナラを見に、坂を上っています。
PC025698-3_m.jpg







別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |