森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

ハンモック、サツマイモの植え付け

6月28日 よこお野路菊の丘に接するヤブツバキ林内にハンモックを3張 吊るしました。
林外は日照り、林内は木漏れ日でひんやり。
頭上には、さえずりながらこずえを行き来する沢山の小鳥、時々 ウグイスの声が加わります。
森の癒しを体感出来ます。(やぶ蚊対策だけが必要ですが)
林内を散策される方に、自由に利用してもらうように当面セットしたままにしておきます。

炭焼き窯跡のそばです。周辺の景観。
P6283294-s.jpg

P6283297-s.jpg

P6283298-s.jpg

そして 頭上。頭上のこずえの間を何十羽の小鳥がかわいくさえずりながら、行き来しています。林外とは別世界です。
真上に太陽

6月29日 友が丘の竹林のとなりの先般ジャガイモ掘りをした自然教材園で、サツマイモの蔓の植え付けがあり、当会も有志が参加。全参加者 約60名。

定刻9時の20分程前から、既に植え付け開始。
P6293299-s.jpg

瞬く間に植わっていきます。
P6293302-s.jpg

9時には全て植え終わり、それから挨拶。ご苦労様でした。
P6293311-s.jpg




別窓 | 日記
∧top | under∨

ツツジの挿し木、モウソウチクの伐採

6月24日 友が丘Mの竹林にて、昨日採取したツツジの新芽の挿し木をしました。またつつじの森に侵入しようとするモウソウチクの伐採等を行いました。

挿し芽を行う前の準備(鹿沼土を育苗ケースに入れ、潅水)
P6243212-s.jpg

昨日 採取したコバノミツバツツジやモチツツジの新芽の茎をナイフでカットし、発根剤を着けて、等間隔に挿し木
P6243222-s.jpg

P6243223-s.jpg

竹林内に育っているモチツツジの新芽も採取し、追加の挿し木を行いました
P6243226-s.jpg

挿し木等を行ったものは、山道脇の育苗地に移動
P6243250-s.jpg

今回挿し木をしたもの
P6243249-s.jpg

手前は昨年挿し木をしたもの
P6243263-s.jpg

つつじの森の昨年定植した苗に、栄養アンプルを差し込む
P6243251-s.jpg

午後は2班に分かれ、モウソウチクのタケヤブからつつじの森に近づいてきたものの伐採を行う
P6243243-s.jpg

P6243254-s.jpg

P6243257-s.jpg

なんとか食い止めたいもの
P6243259-s.jpg

育苗班は、ツツジの挿し木関連の作業終了後、ギンランの保護
P6243260-s.jpg

山道脇
P6243262-s.jpg

溜池跡内
P6243265-s.jpg

竹林内に咲くガクアジサイ
P6243267-s.jpg

P6243238-s.jpg

竹林の横の自然教材園では、役員の人が6月29日に予定しているサツマイモの苗の植え付けの準備のため、耕運機で土の掘り起しをされていました
P6243247-s.jpg







別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

つつじの挿し芽採り

6月23日 山のつつじの花時も終わり、新しい芽が伸びてきています。
友が丘のつつじの森に植えるつつじの苗づくりの為に、臨時活動としてコバノミツバツツジ1500本、モチツツジ200本、ヤマツツジ20本の挿し芽採りを行いました。
今晩一晩水に漬け、明日の活動日に皆で挿し木を行います。

行く途中の山道の横に咲いていたガクアジサイ
P6233177-s.jpg

フジのつるのアーチをくぐって
P6233180-s.jpg

コバノミツバツツジとモチツツジが隣合わせにあります。ところどころにヤマツツジの遅咲きの花が残っています。
P6233183-s.jpg

新しいメンバー、初めての挿し芽採りです
P6233194-s.jpg

P6233196-s.jpg

採ってきた新芽を整理し、発根しやすい薬剤を混ぜた水に漬けます。
P6233202-s.jpg

収穫した挿し芽を持って下山
P6233206-s-s_20140623203504443.jpg

P6233209-s.jpg




別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

倒木の除去と野路菊の丘の種々作業

6月17日 メンバーの一人から、よこお野路菊の丘の上部にある六甲縦走路に、太い木が倒れかかって危なく、切り倒そうとの提案があり、参加者全員で、除去整理を行いました。
また 昼食後は、夏場の散水の為の水槽設置、ベンチの作成、つつじの苗の定植等を行いました。

伐採に必要なものを持ち、野路菊の丘の横の山道をスタート。
P6173007-s.jpg

自生のウバメガシ林の急な山道を登ります。
P6173017-s.jpg

どっちが根元だと、奇妙なウバメガシの木。
P6173020-s.jpg

眼下に拡がる街
P6173027-s.jpg

尾根の縦走路に着き、南に下る
P6173029-s.jpg

ヤマツツジの花がまだ残っていました
P6173030-s.jpg

枯れ木に彫刻を施していた人がいました
P6173031-s.jpg

折れかかった木。この木を処分します。
P6173035-s.jpg

P6173033-s.jpg

P6173037-s.jpg

P6173038-s.jpg

この木を解体し、処分。
P6173039-s.jpg

北の横尾山山頂に向かう途中のウバメガシ。根っこの部分の土がありません。必死にへばりついています。
P6173042-s.jpg

横尾山山頂
P6173045-s.jpg

風化した花こう岩の滑りやすい山道を下ります
P6173048-s.jpg

P6173051-s.jpg

P6173053-s.jpg

無事にヤブツバキ林に戻ってきました
P6173058-s.jpg

昼食後、夏場の散水の為の水槽の設置
P6173061-s.jpg

先般 伐り倒したヤブニッケイの材をベンチにするための加工
P6173064-s.jpg

P6173069-s.jpg

6ケ所に設置しました
P6173071-s.jpg

育苗して大きくなったツツジの苗を、斜面に定植
P6173065-s.jpg

P6173067-s.jpg

全ての作業を終えたとき、風邪気味で休んでいたメンバーが冷たいジュースを持って、登ってきてくれ、一息つきました。
P6173077-s.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ジャガイモ掘り、倉庫の整理

6月15日 友が丘の竹林に隣接する地元自治会の自然教材園で、今年もジャガイモの収穫祭。
子供会、婦人会、寿会、健友会、福祉施設等々の色々な団体が、苗植え、除草等を行って育ててきたものです。

いつもの如く、定時前には続々と集まります。約70名が集まりました。各団体の代表がジャンケンして、掘る畝を決め。
P6152982-s.jpg

さあ 掘り始め。イモはメークインと男爵。
P6152985-s.jpg

P6152987-s.jpg

P6152988-s.jpg

各班 掘ったイモを人数分の配分していきます。
P6152989-s.jpg

P6152990-s.jpg

P6152991-s.jpg

我々の会も畝をもらい、掘ったイモをテーブル広場にて、明後日の活動日に参加する者の分を含めて配分。
P6152996-s.jpg

活動地内に今年も自生の「マンネンダケ:霊芝」が順調に育っています。
P6152998-s.jpg

P6152999-s.jpg

倉庫に移動し、昨日の臨時活動で行った倉庫の整理を継続。
新たに1棟を追加したことにより、昨日は3つの倉庫内のものを総入れ替え。
昨日の様子。
P6142962-s.jpg

今日は、肥料等を入れているビニールハウスを移動。まず基礎づくり。
P6153002-s.jpg

完了しました。これで道具や資材の出し入れがスムーズになり、活動をしやすくなります。
一番奥が手前から移動したビニールハウス。
P6153005-s.jpg






別窓 | 日記
∧top | under∨

ハチクのタケヤブ整備

6月10日 よこお野路菊の丘の少し南のハチクのタケヤブの拡大を制御するために、伐採作業を行いました。

活動前に野路菊の丘のベンチの足にするブロックを運び上げました。
P6102902-s-s.jpg

お疲れ様
P6102907-s-s.jpg

<ハチクのタケヤブに向かいます
P6102909-s-s.jpg

左のタケヤブとその上の雑木林内の竹の皆伐、右のタケヤブの拡大抑制を予定
P6102914-s-s.jpg

今年伸びた竹の皆伐
P6102915-s-s.jpg

P6102922-s-s.jpg

P6102929-s-s.jpg

ハチクを皆伐出来た下の斜面
P6102939-s-s.jpg

昼食時 森林の中でのハンモックを楽しもうと、サンプルとして持ち込んだものでテスト。こんな気分初めてと好評。
P6102932-s-s.jpg

雑木林に侵入しているハチクの皆伐
P6102936-s-s.jpg

右のタケヤブを残し、皆伐完了。しかし また来年新しい竹が伸びてくるので、この作業は数年継続する必要があります。
P6102948-s-s.jpg

3時過ぎ、作業を終えて帰途につきました
P6102947-s-s.jpg









別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

友が丘竹林内各種作業

6月3日 久しぶりの竹林での作業。各班に分かれ、色々な作業を行いました。①しいたけ関連 ②竹林内の道の補修 ③伐倒竹の整理 ④マダケのタケノコ掘り等

2及び3年前に植菌したほだ木の天地返し
P6032653-s.jpg

昨年植菌したほだ木を下段から上段に移動
P6032656-s.jpg

P6032659-s.jpg

上段の張り残していた遮光ネットを張る
P6032679-s.jpg

P6032682-s.jpg

上段
P6032698-s.jpg

今年植菌し、仮伏せしていたほだ木を下段の遮光ネットハウスに移動
P6032665-s.jpg

P6032667-s.jpg

P6032684-s.jpg

来年の秋まで、ネットの中で静かに
P6032699-s.jpg

傷んだ道の補修
P6032678-s.jpg

伐倒竹の整理(上の溜池跡に運搬)
P6032675-s.jpg

P6032687-s.jpg

作業終了後、隣接するタケヤブに出だしたマダケのタケノコ掘り。収穫あり。
P6032695-s.jpg

皆で少しづつ分配しました
P6032696-s.jpg

竹林内の植物
P6032669-s.jpg

今年もマンネンダケが顔を出しました
P6032691-s.jpg

P6032700-s.jpg




別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

ヤブツバキ林内の択伐等

6月1日 暑い一日でした。 
まず よこお野路菊の丘への坂道で、補植をし残したところに追加補植。
この後は、ヤブツバキ林に入り、林内の日当たりを上げるために、太いヤブニッケイを切り倒し、倒した幹を半分にして、ベンチの材料にしました。
林内は木陰の為、快適な作業環境でした。

野路菊の丘への登り口
P6012626-s.jpg

中央部の曲がりくねったヤブニッケイの木にロープ掛け
P6012633-s.jpg

チェーンソーを使わず、受け口づくり
P6012634-s.jpg

まずまず想定通りに倒れてくれました。
樹齢約60年、思いのほか年輪が多かった。しかし なんのなんの我々より数段若い木でした。
P6012635-s.jpg

幹をチェンソーを使って半分に分けます。周辺にヤブニッケイの香りが漂います。
P6012640-s.jpg

P6012641-s.jpg

半分にした材を野路菊の丘に運びます。
P6012642-s.jpg

日がよく挿すようになり、すっきりしました。幹が白い木はヤブツバキ、太い木はコナラです。
P6012648-s.jpg

ベンチ 140cmのもの4つ、90cmのもの2つを作れる材が出来ました。
P6012649-s.jpg





別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |