森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

しいたけ狩り

10月31日 しいたけ園では、しいたけ狩りが続きます。11月3日に地元婦人会と子供会合同のしいたけ狩りを予定していましたが、大きなものがどんどん増え、緊急に婦人会を先行させました。急に日を変更したため、参加者が少なかったのが残念でしたが。
初めての方もあり、大きなしいたけに感嘆の声。

PA310001-s.jpg

婦人会は、ほだ場づくり、しいたけの植菌、天地返し等々 収穫するまでに色々 取り組んで頂いており、大収穫に感慨ひとしお。
PA310006-s.jpg

収穫後 次の為にナメクジを寄せ付けない薬を撒布。
3日後の子供達のしいたけ狩りでも、大きなしいたけを沢山 採ってもらえそうです。
PA310007-s.jpg






別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

テーブル広場の屋根づくり1等

10月29日(火)友が丘竹林の道の休息所としているテーブル広場の日よけ、雨除けの屋根が傷んできた為、作り直すことにし、まず枠とする竹材を確保しました。組立は次々週の予定です。
当会の今秋最初のしいたけ狩りを、作業の途中で行いました。沢山 収穫できました。
最後につつじの森に植えた苗の一部を、成長を促すために植えなおし。

マダケの竹林内で、木枠とする大半の竹を伐り出し。柱とする太い竹は、近くのモウソウチクのタケヤブから伐り出し。
PA290015-s.jpg


部位毎に太さ、長さを変え寸法切りし、組立まで保管。
PA290030-s.jpg

作業の途中でしいたけ狩り。次回は5日後に子供会・婦人会の予定。
PA290017-s.jpg

一度 竹筒の中に入れて植えた一部の苗を、より根が拡がるようにと、竹を割って植えなおしました。
PA290020-s.jpg

同時に定時までの残った時間を利用し、除草や枝切りを実施。
PA290026-s.jpg








別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

しいたけ狩り・のじぎくの花

10月26日 台風が去って雨があがり、しいたけ園で今秋最初のしいたけ狩り。地元2グループで実施しました。
雨不足と高温で昨年より20日程遅れたしいたけが、浸漬とその直後からの雨、気温低下等の条件が重なり、一気に出て、大豊作となりました。
よこお野路菊の丘では、ノジギクがあちこちにかたまりとなって咲き始めました。

あまりの多さに、皆唖然。
PA260035-s.jpg

採ったしいたけを仕分け。今晩の食卓にはいろいろなしいたけ料理が並ぶことでしょう。
PA260040-s.jpg

のじぎくの開いた花の数が増えてきました。
PA260046-s.jpg

こっちでも。
PA260047-s.jpg

別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

よこお野路菊の丘のご案内

野路菊の案内H25-2JPEG-s
よこお野路菊の丘のノジギクが、花を開き始めました。
青葉の中のノジギクの花もいいものです。
満開のピークは11月20日頃です。
午前と午後で、それぞれ違った景観を見ることが出来ます。
晴れた日の夕刻、夕日に映えるノジギクも一見の価値があります。
いつでもご自由においでください。


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊一番花

10月23日(水) よこお野路菊の丘
台風27号の影響も受けての小雨の中 野路菊の一番花が開きました。昨年に比べ3日 早い。
これから 次々に花の数が増えてきますが、残念ながらこの2~3日は雨の模様。
満開になる前の緑の葉の中に元気な花があちこちで競うように咲き出す光景は非常にいいものです。
いつでもご自由においでください。満開は例年11月20日前後です。

PA230164-s.jpg

PA230165-s.jpg

PA230159-s.jpg

PA230162-s.jpg

何十万、あるいは100万個のつぼみの内で凛と咲いた一番花です。誕生おめでとう。真夏の渇水時期も乗り越え、よく開いてくれました。有難う。
PA230161-s.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

よこお野路菊の丘周辺の枯れ松の伐採

10月22日(火)2回続けて雨のために定例活動日が中止となり、2週間ぶりの活動日。
今日はまずまずの作業日和でした。
例年行っている野路菊の丘の下側の風歩道(横尾道)周辺の枯れ松の伐採を実施しました。

体験参加者1名も加わり、枯れ松の伐採。
地元の方が精を込めて剪定されてきた松も次々に枯れていき、残念です。
PA220118-s.jpg


急斜面の枯れ松を伐採。
PA220120-s.jpg

PA220122-s.jpg

PA220127-s.jpg

PA220133-s-s.jpg

伐採した木や枝を車が入るところまで、引っ張り降ろします。向こうに明石海峡大橋。
PA220131-2-s.jpg

車にのる大きさに寸法切り。写真の上の三画の緑の部分が、野路菊の丘です。
PA220134-s.jpg

PA220140-s.jpg

散らばった木くずや松葉を掃除。他のメンバーは、切り株に薬剤を噴霧。
PA220144-s.jpg

PA220147-s.jpg

怪我もなく順調に伐採作業を終えました。後刻 市の管理部署に回収を連絡。これで、少しは来年の松枯れを抑制できると期待しています。
11月に入ると野路菊の見学者が多く訪れますが、枯れた松を見ずに気持ちよく来て頂けることと思います。
PA220151-s.jpg



 
別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

シイタケほだ場遮光ネット張り完了

10月15日 台風26号の為、定例活動は中止しましたが、有志でやれるところまでやろうと友が丘のしいたけ園に9時に集合。
まず 今年の超雨不足でシイタケがまだ顔を出さず、ほだき木を順に浸水してきましたが、昨日に浸水したものの引き上げ。残りは台風の雨を期待できるため、浸水は中止しました。
この後は、大幅に遅れている今年植菌したほだ場の棚の遮光ネット張りを実施。
作業は5名、別途焼き芋の差し入れをもって1名駆けつけてくれました。

水槽に浸水していた1昨年植菌したほだ木を引き上げ、立て掛けました。今日で5回目の作業。他のほだ木はまだ寝かせたまま、この台風で沢山の水分を吸収してほしいもの。
PA150102-s.jpg

今年植菌した大径木ほだ木の棚の職工ネット張りを行うことにしました。
PA150103-s.jpg

PA150104-s.jpg

PA150108-s.jpg

皆 慣れたもの。
PA150112-s_2013101512310071d.jpg

PA150116-s.jpg

遮光ネット張りが全て完了しました。11時丁度 台風の先端の雨がポツポツと降り出し、作業を終え解散。
PA150117-s.jpg



別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

よこお野路菊の丘の除草作業等

10月8日 今日は台風の影響で、曇り空ながらも蒸し暑い一日でした。
入会の為の体験参加者も加わり、野路菊の丘の下斜面のクズ等の除草を行いました。これで除草作業の山は越えました。

横一列になり、クズのツルを切り、下に落としていきます。
PA080003-s.jpg

PA080010-s.jpg

PA080006-s.jpg

PA080009-s.jpg

また同時に、上の段に植樹していたモミジの枯れたものを友が丘の竹林で育てていた苗と植え替えたり、野路菊への水遣りを実施。
PA080024-s.jpg

下ではの除草が終わってすっきりとした斜面となり、下からも見やすくなりました。
PA080026-s.jpg




別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘からの夕日

10月7日 今日も強い日照り。夕方 よこお野路菊の丘に水遣りに行きました。メンバーのKさんがすでに水遣りを開始していました。
谷筋の水を集めた水槽から、ホースを長くつなぎ、エンジンポンプで約2時間強 直接散水を行いました。
丁度 散水を終えた頃、西の空が夕焼けで赤く染まります。夕刻の散水は、この楽しみがあります。
地元で素晴らしい景色の写真を撮られているお二人のカメラマンも夕日を撮りに見えられ、ご一緒に刻々と変わる景色を楽しみました。
先日は、雲一つない茜色の空でしたが、今日は雲がまた違った空を演出してくれました。

日が沈む直前の夕日
PA070008-s.jpg

日没後の雲
PA070010-s.jpg


 

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘の作業

10月6日 まだまだ残暑が厳しい。
先月15日の台風の雨から、雨が殆ど降っていません。土はカラカラです。
野路菊はつぼみを着けだしていますが、成長がもう一つ。次の本格的な雨までは、水遣りを続けねばならない模様。
野路菊の季節が近づいてきましたので、種々の周辺の整備も行いました。

エンジンポンプを使って、溜めている谷水を散水。明石海峡大橋がきれいに見えます。PA060003-s.jpg

斜面にも散水
PA060007-s.jpg

野路菊はつぼみを着けはじめています
PA060020-s.jpg

平地に残していた自家製の肥料土を、次に撒くまで土嚢袋に詰めて移動片づけ
PA060009-s.jpg

また野路菊の丘への登り口部の側溝の掃除を実施。11月中旬にはこの坂を沢山の方が登って来られることと思います
PA060015-s.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

近隣の子供達の竹細工

10月5日 近隣の南落合青少協、南落合探検隊の子供達(小学生)14名とスタッフの皆さん13名が、友が丘竹林の道に来所し、竹細工。当会メンバー3名。
台風の影響で、めまぐるしく変わる天気予報と空模様の中、10:00に実施を決定。
ポツリポツリしていた雨も、皆が集合する13:30には止みました。
挨拶後、林内にある素材を使って、モウソウチクとマダケの違いは?、竹とササの区別は?等を質問。説明できる子がいました。後の林内散策でキノコの幼菌も説明し、驚きました。
竹細工は竹カエル。前もって準備したものを使って、少しのノコ作業と色づけ、組立をやってもらいました。
子供達は、こちらの想像を超えていろいろ面白いものを作ってくれました。

小学校から40分程歩いて友が丘竹林の道に集合。校長先生も同行して見えられました
PA050008-s.jpg

説明後、2週間前に実習されたスタッフの皆さんの指導を得て、皆夫々の発想で作り出します。
PA050011-s.jpg

説明の時に使ったいろいろなカエルの顔。目の形を変えるだけで、笑っている、微笑んでいる、怒っている、怒鳴っている、泣いている、悩んでいる、うとうとしている等と表情が大きく変わります。
皆 いい顔をしたいものですね。
PA050011-2-s.jpg

PA050014-s.jpg
 
初めてのノコ使い。押して切ろうとする子が多い。要領をつかむのが早い。子供の時にノコやナイフを使うことは大事なことですね。
PA050016-s.jpg

見本通りで作る子は少ない。面白い発想と感心します。
PA050023-s.jpg

PA050025-2-s.jpg

また歩いて小学校に戻る為、林内散策後 15:10に、作ったものを大事に抱えて、皆無事に帰途につきました。




別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

シイタケ遮光ネットづくりの続き等

10月1日 今日で4回目となるシイタケの遮光ネットづくり。ネット張りを除いて完了しました。
同時に、ホタルカズラ自生地や溜池跡の除草、よこお野路菊の丘の斜面の土止め用竹材づくりを行いました。
今日の参加者は当会が12名、教材園が13名と大人数での作業となりました。

雨が降れば水が噴き出すところがあり、廃水溝の設置と整地。
PA010024-s.jpg

休息のひととき
PA010028-s.jpg

本伏せ用のほだ木を寝かせる横棒の取り付け
PA010030-s.jpg

さあ 大径木のほだ木の移動
PA010033-s.jpg

PA010040-s.jpg

プロは、こんな太い木は使わないです
PA010043-s.jpg

PA010045-s.jpg

横棒に寝かせていきます
PA010048-s.jpg

ホダ木の移動も終了し、教材園の皆さんと当会メンバーの一部で記念写真。お疲れ様でした
PA010052-s.jpg

ホタルカズラ自生地の除草をおこないました
PA010059-s.jpg

溜池跡も
PA010061-s.jpg

よこお野路菊の丘斜面の土止めに使う竹材づくり
PA010058-s.jpg

竹材は、竹を4つに割り節をとり、後は現地に運び、組立。
400本強がとれました
PA010062-s.jpg











別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |