森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

北須磨友あい自然教材園の皆さんと協働で椎茸植菌用穴あけ

発電機を借りて椎茸榾木の穴あけ準備" />2月28日(火)昨年11月に北須磨友あい自然教材園周辺の日照を妨げる大きなくぬぎを伐採しました、その材を活用して椎茸用榾木にするため乾燥をしていましたが植菌の日が迫りましたので駒菌を打ち込む穴あけ作業を自然教材園の皆さんと21名で行いました。
発電機を借用して電気ドリルに椎茸穴あけ用のビットをつけ手製の穴あけ位置メジャーを当てながら穴あけしました。
太さ8cmから17cmまで75本と20cmより太い8本で約3000個の穴を開けました。
また、伐採したくぬぎは春には新らしい芽吹きをし再生(萌芽更新)し、それは新たな苗木を植えるより早く成長し10年くらいでまた伐採できるようになります。
その後竹林の道東にある雑木林を整備して(間伐や木の伐採は当会が行う)つつじをたくさん植える、その育苗、鉢上げ、定植など管理や作業を北須磨友あい自然教材園と協働で行いたいとの提案説明をがありました。
午後からは自然教材園にはやと瓜を育成する瓜棚を間伐した竹を活用して作る竹材の伐採と瓜棚の作成を始めました。

034.JPG

























026.JPG

























024.JPG
2月28日(火)昨年11月に北須磨友あい自然教材園周辺の日照を妨げる大きなくぬぎを伐採しました、その材を活用して椎茸用榾木にするため乾燥をしていましたが植菌の日が迫りましたので駒菌を打ち込む穴あけ作業を自然教材園の皆さんと21名で行いました。発電機を借用して電気ドリルに椎茸穴あけ用のビットをつけ手製の穴あけ位置メジャーを当てながら穴あけしました。太さ8cmから...">別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

野路菊の土づくり等と間伐作業実習

2012年2月21日(火) よこお野路菊の丘及びよこおヤブツバキ林にて活動を実施。参加者12名(内 新規入会者2名)
 よこお野路菊の丘では、満開になった時に花を見やすいように、また回遊しやすように畝の形を変更しました。
 また 畝起こしをしない、出来ない場所に撒く土づくりを行いました。
 午後は、この年末年始に相次いで伐倒作業中に他県の森林ボランティアグループにて重大事故を発生したとの情報があり、私たちも初心に戻って参加者全員で間伐実習を行いました。

野地菊の畝の付け替え作業
1-s.JPG



























2-s.JPG



























追加畝起こし
3-s.JPG

























畝起こしをしない場所へ撒く土づくり
腐葉土をベースに、もみ殻、油粕、骨粉、コメぬか(お米屋さんから大量に頂いた)を混ぜる
4-s.JPG
























ブルーシートをかぶせ、1ケ月程養生させます
5-s.JPG
























午後は雑木林に入て、基本通りの作業手順により、間伐実習を行いました
カクレミノの伐採。
6-s.JPG

























7-s.JPG
























カシの伐採
8-s.JPG

























9-s.JPG























 
別窓 | よこお野路菊の丘 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

枯損竹の伐採

2012年2月19日(日)友が丘の竹林にて、枯損竹の伐採整理。参加者 7名(内新規入会者1名)
朝 竹林に入ったときには、昨日の雪がうっすらと残り、きれい。
竹(真竹)が天狗巣病のために、枯れが非常に目立つようになり、伐採を進めました。
まだ 一部ですが、200本以上整理。

残雪の竹林
P1100680-s.JPG

























伐採作業
P1100683-s.JPG

























P1100687-s.JPG

























P1100685-s.JPG
























棚積み場所に移動
P1100689-s.JPG
別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

竹林のイメージを

2月8日(火)明日から須磨区名谷の須磨パティオで須磨ニュータウン展が開催されます。
そこで当会が参加している須磨FRSネット(須磨区自然愛護系団体のネットワーク)のブースがあり、何か自然の雰囲気を出してみたいと、昨日 活動地から伐り出した竹(モウソウチク)を搬入、組み立てを行いました。当会から8名が参加。
竹林の雰囲気が出れば、万々歳。

竹の葉が会期中(9~14日)緑を保ってくれるようにと、枝が付いた節毎に開けた穴から水を注入。屋外での11日間の実験では、まずまず緑を保ってくれましたが、暖房がきき、乾燥している屋内ではどうなるでしょうか。
P1100620-s.JPG
























組み立てを開始
P1100621-s.JPG

























P1100622-s.JPG
























完成しました。多くの方が来場し、自然の良さを少しでも感じてもらえれば有り難いです。
P1100629-s.JPG
別窓 | 須磨FRSネット | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

棚積み竹の移動

2月7日(火)前日の天気予報では100%雨でしたが全く濡れることなく、友が丘の竹林の作業を行うことが出来ました。 参加者9名。

2年半程前に整備し、棚積みしていた竹の移動を行いました。
今回で主要な移動は一段落です。
P1100590-s.JPG
























まず平地の端に移動し、下の斜面に新たに作った棚積み場に移しました。
P1100605-s.JPG























移し終わりました。
P1100616-s.JPG























元の竹はきれいに無くなりました。
P1100614-s.JPG
別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

野路菊の畝づくり(その2)

2月5日(日)前々回に引続き野路菊の畝づくりを行いました。参加者7名

平地の縁部の畝づくり
P1100560-s.JPG























今日はメンバーのお孫さんの協力な助っ人がありました
P1100562-2-s.jpg
























掘り起こした土に腐葉土・油粕・骨粉・もみ殻を混ぜる
P1100566-s.JPG























斜面最下段の掘り起こした場所にも腐葉土を
P1100568-s.JPG
























下の平地の畝づくりは、完了しました
P1100572-s.JPG
























上の段の育ちが悪いところを掘り起こし、畝を作り直しました
P1100571-s.JPG
別窓 | よこお野路菊の丘 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ |