森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

ノジギクの補植(続き)

5月21日(火) 晴れ 参加者18名(内 体験参加者1名)。
よこお野路菊の丘にて、先週に続けてノジギクの苗の補植を行い、先週分と合わせて約1600本を植えました。
昨夜の雨で地面が湿り、苗の植え付けに最適日。

まず土づくり
P5210008-t.jpg

斜面の残りの補植
2-t_2019052119074235a.jpg

上斜面への補植
P5210011-t.jpg

平地の補植
P5210009-t.jpg

3-t_20190521190744e72.jpg

登り坂の補植
4-t_20190521190745f31.jpg


野路菊の丘の南の谷の対面で、昨年の豪雨にて大きく動いた溜め枡の改修作業が行われていました。
P5210005-t.jpg

P5210001-t.jpg








 


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの補植

5月14日(火) 参加者21名。よこお野路菊おの丘の育ちの悪い場所に、ノジギクの補植を行いました。
きょうの補植本数 約500本。

作業前の準備体操。
P5140001-t.jpg

先週 仕残した場所の除草
全体1 (4)-t

補植用土づくり
全体1 (5)-t

補植する場所に記しをつけるための竹棒の作成
P5140007-t.jpg

全員で補植の開始
全体1 (8)-t

P5140011-t_20190514182658879.jpg

P5140016-t.jpg

植樹して大きくなってきたヤマザクラに、支柱の取りつけ
P5140008-t_201905141825303b3.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘の除草

5月7日(火) 晴れ、参加者 14名。令和になって最初の活動日。山々は日に日に緑が濃くなってきています。
同時に雑草も増えてきました。 例年の如く 雑草1本1本の抜き取り作業。

P5070002-t.jpg

1-t_201905080703175f7.jpg

3-t_20190508070319b9d.jpg

P5070006-t.jpg

5-t_20190508070320743.jpg

6-t_20190508070321e7f.jpg

P5070011-t.jpg

P5070014-t.jpg

7-t_20190508070316f5e.jpg

P5070016-t.jpg

ノジギクが無くなっているところには、後日 別途 ポットで育てている苗で補植をします。
P5070025-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵更新・除草・植樹

4月2日(火) 晴れ~曇り 参加者 25名。
新年度 最初の定例活動日。 竹杭で作った土留め柵の更新、ノジギクの畝の除草を並行して実施。
作業終了間際に、ユウカリ緑地に下り 会創立10周年を記念して、桜(須磨普賢象、河津桜)2本の苗を植樹しました。

土留め柵更新作業
横尾 (28)-t

除草作業
横尾 (3)-2-t

会創立時の二人
横尾 (1)-2-t

会創立10周年記念樹の桜2本を植え、記念植樹。大きく成長し、満開となった花を皆で見たいものです。
植樹10周年記念-t



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの苗づくり等

3月26日(火) 快晴。 参加者 会員27名+体験参加者1名。28名の参加は、過去最高。
例年 恒例のノジギクの補植用のポット苗づくりと土留め柵の更新を行いました。
土留め柵の更新作業時に、土から顔を出しているノジギクの苗を踏んで傷めているため、例年より大幅増の2000本強の冬至芽をポットに植え付けました。
同時に 斜面上部の土留め柵の更新を継続。
来週は、創立記念植樹を行う予定。

快晴の下 準備体操。
P3260004-t.jpg

今日の作業の段取りの説明
4_s-t_201903262126178e0.jpg


2班に分かれ、5名が土留め柵更新作業
P3260005-t.jpg

下の平地では、残りのメンバーが苗づくり
P3260013-t.jpg

平地に育っている冬至芽を掘り起し、株分けをしてポットに植え付け
P3260019-t.jpg

隣の雑木林では、ポット苗を育てるため、簡易水槽を組立て水を貯める。
P3260009-t.jpg

ポットに植え付けた苗を、全て林内に移動
P3260027-t.jpg

苗を前で1枚
P3260023-t.jpg

早退した2名を除いて、会の創立10周年記念の集合写真
P3260026-t.jpg





別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘 土留め柵更新作業(継続)

3月12日(火) 晴れ時々曇り。参加者 19名。 よこお野路菊の丘の土留め柵の更新作業が続いています。作業に慣れ、斜面の左右の2チームに分かれてハイスピードで組み上がっていきました。

右チーム
3-2-t_201903130832107ba.jpg

P3120009-t.jpg

組んだ竹の緑が清々しい
P3120027-t.jpg

左チーム
P3120002-t.jpg

5-t_2019031308321148b.jpg

P3120006-t.jpg

左右両チームとも ほぼ同スピードで進んでいます
P3120014-2-t.jpg

冷風を避け、雑木林に入って昼休み
P3120017-t.jpg

古い竹を取り外し、どんどん捨て場に。捨て場を整理
P3120039-t.jpg

土留め柵更新作業 動画
[広告]


昨年の冬にシイタケの菌を植え付けたホダ木に、通常より半年早く、初めてシイタケが頭を出しました。
P3120018-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘 土留め柵更新作業(継続)

3月5日(火) 晴れ。参加者 17名。
土留め柵の更新作業を続けています。同時に竹杭150本の作成。また ニシキギの苗20本の植樹、浜ナデシコの苗11本の植え付けを行いました。

左右の斜面夫々に2班に分かれ、土留め柵を下から更新。竹を組む前の縦面の整備に時間を要しました。
2-t_20190305221846027.jpg

9-t_201903052218509a7.jpg

10-t_20190305221845e94.jpg

12-t_20190305222030655.jpg

14-t.jpg

13-t.jpg

3-t_201903052218478bd.jpg

5-t_201903052218490b3.jpg


傍の雑木林に彩りを添えるヤブツバキの落花
P3050006-t.jpg

近くのウバメカシ林では、備長炭の原料にすべく業者による部分伐採が行われています。
P3050008-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギク栽培の為の土留め柵更新作業

2月26日(火) 晴れ(2月と思えないような暖かい1日でした)。参加者 19名。
友が丘から運んできた竹を使って、土留め柵の更新の作業に入りました。

作業前の準備体操
 P2260002-t.jpg

竹杭づくり
P2260007-t.jpg

P2260020-t.jpg

P2260025-t.jpg

6-t_20190227201352ef0.jpg

土留め柵に編む割り竹の各段への配分
4-t_201902272013547da.jpg

割り竹束の引き揚げ(動画)
[広告]


P2260003-t.jpg

割り竹束を各段に配分
[広告]


古くなった柵の竹を取り除き、新しい竹で編み直し
P2260017-t.jpg

木陰になる木を伐採し、幹および枝の整理
P2260009-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギク栽培の為の土留め柵用材の運搬等

2月12日(火) 晴れ時々曇り。参加者 19名。野路菊の丘の土留め柵更新用材等の運搬を継続し、友が丘で用意した竹材や行政から頂いた用土は、全て野路菊の丘に運ぶことが出来ました。柵の更新直前の準備に入り、次回には、新しい柵に変わっていく予定です。

用土の引き揚げ前(当会の精鋭女性陣)
2-t_20190212231720934.jpg

引き揚げ開始
P2120011-t.jpg

P2120022-t.jpg

P2120025-t.jpg

P2120009-t.jpg

引き揚げた用土を一輪車で運搬
1-t_201902122328090a6.jpg


日照を悪くしている木を伐採
P2120014-t.jpg

昼休みの風景(細紐を使ったマジックで盛り上がる)
P2120030-t.jpg

竹杭を作る為に、厚めの竹の4つ割り(ナタ目を入れる)
5-t_20190212231722fbd.jpg

竹4つ割りの動画(皆 息があっています)


割り竹を竹杭用に寸法切り
8-2-t.jpg

斜面の低い部分の柵を作るために、割り竹を担ぎ揚げ
6-t_20190212231723300.jpg

斜面の高い部分に割り竹を引き揚げるための台車の準備
P2120032-t.jpg

古い竹を廃棄するための場所づくり
P2120007-t.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵用竹材の運搬(続き)

2月5日(火)快晴。参加者 19名。新入会員が作業に初参加。
1班 友が丘~横尾の水道局配水池前の軽トラック運搬、2班 配水池~野路菊の丘登り口での台車運搬、3班 登り口から野路菊の丘までの引き揚げ運搬の3班に分かれて作業。4mの割竹約100珠、3mの丸竹約50本の長尺ものの運搬は完了し、残るは竹キャップと用土のみとなりました。

朝 3つの班が配水池前で偶然に一緒に。丁度 1班が軽トラックで割り竹を運んできました。
P2050003-t.jpg

2班が割り竹束を台車に積んで出発。高校生会員が久しぶりに参加してくれました。
P2050015-t.jpg

2班が3班に引き継ぎ
P2050013-2-t.jpg

野路菊の丘への登り口。大量の竹や用土を坂を担ぎ揚げるのは厳しく、縦溝を利用し、皆で協力して引き揚げます。
2-t_20190206093033a6d.jpg

3班 割り竹束を引き揚げ台車に取り付け
P2050008-t.jpg

引き揚げOK!
P2050009-t.jpg

了解
5-t_20190206093031086.jpg

順調に台車は登っていきます
P2050011-t_20190205220142b69.jpg

P2050017-t.jpg

野路菊の丘の平地では、皆がロープを引いています。
P2050005-t.jpg

友が丘の竹林に生えていた竹は、多くの人に手を加えられ、何度も場所を変えながら、よこおの野路菊の丘に到達しました。
P2050007-t.jpg

長尺ものの運び揚げは、ほぼ完了。
6-2-t.jpg


次に引き揚げる竹キャップも運ばれてきました
1-t_20190206093032911.jpg

使用した軽トラックは、友が丘の北須磨団地自治会からお借りしたもの。沢山の竹を載せるために取り外していたスピーカーを着け戻し。有難うございました。
P2050022-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT