森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

ヤブツバキとメジロ

2月3日(水) 野路菊の丘のヤブツバキに、メジロが花の蜜を吸いにきていました。

ヤブツバキの葉の色に溶け込んでいます。
2021020341_ (2)s

花に首を入れ、蜜を吸っています。
2021020345_ (2)s

花弁に足を掛け。さあ これから蜜を吸うぞ。
2021020350_ (2)s

一風当たると、羽毛が現れました。暖かそうです。
2021020399_ (2)s





別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの刈取り、道補修

12月22日(火) 晴れ、参加者19名。今年最後の活動日です。先週に続いてのノジギクの刈取り、リープ階段の補修、のぼり坂の階段の補修等を行い、全て完了しました。

草地に牛が集まっています。(メンバーが来年の干支の丑を折り紙で作ってきてくれました。
2020122201_ (2)t

手前でロープ階段の古くなった横木を全て、新しいもので取り換えあるいは補強しました。向こうではノジギクの刈取り。
2020122211_ (2)t

刈取り
2020122216_ (2)t

2020122225_t.jpg

ロープ階段の補修
2020122218_t.jpg

のぼり坂の横木付替え
2020122213_t.jpg

3斜面、3平地の全てのノジギクの刈取りを終えました。
2020122228_ (2)t

2020年最後の集合写真(この時だけマスクをはずし)。来年は、コロナも収まり良い年でありますように。
2020122230_t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの刈取り、道の補修等

12月15日(火) 晴れ時々曇り、参加者19名。
3班に分れ、①ノジギクの花の見頃も終わり、来年の満開に備えての刈取り ②野路菊の丘への登り坂の補修 ③野路菊の丘中央の作業用ロープ階段の補修を行いました。

残菊と紅葉と明石海峡大橋
2020121501_s.jpg

刈取り班作業開始
2020121504_s.jpg

今までは刈り取ったものは全て廃棄しましたが、今回初めてテスト的に一部の各段の横通路に置くことにしました。
2020121506_s.jpg

2020121509_s.jpg

元気に育ったところには、冬至芽が沢山 芽をだしています。
2020121514_s.jpg

2020121516_s.jpg

3班に分れましたが、思いの他 作業がはかどり、来週の今年最後の作業日には刈取りは終えそうです。
2020121518_ (2)s

登り坂の段差の大きなところに横木を追加、材は隣接する憩いの森で最近伐り出して保管していたものを使用。
2020121503_s.jpg

8ケ所を修理。
2020121521_s.jpg

太いロープに横木を止めた作業用の斜面中央のロープ階段。横木が各所で破損、40数本全てを更新することにし、ウバメガシ林で伐り出し。手前は運んできた丸太。まず 一番下に新しい横木を取り付け。残りは次週に。
2020121519_s.jpg









別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

残菊と紅葉

12月9日 晴れが続いています。
よこお野路菊の丘の花は殆ど、満開時の面影は無くなりましたが、モミジの紅葉が際立ってきました。

2020120907_s.jpg

2020120911_s.jpg

ぽつぽつと訪れる人があり、のんびりとしたひと時を過ごされています。ノボリや案内板は明日には撤去です。
2020120910_ (2)s



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの開花状況(11月28日)

11月28日(土)晴れ時々曇り。多くの人によこお野路菊の丘に登ってきて頂きました。が、月末ともなると早く咲いた花の傷みが目立ち、ピーク時の一面に真っ白となる元気なを様子は見れなくなってきます。
年により若干 異なりますが、一番花は10月下旬、大分咲いたなは11月10日頃、見頃に入ったなは15日頃、満開だなは20日頃、少し傷みが気になるなは25日頃、今年のノジギクも終わりだなは月末。この頃から周辺のモミジやハゼが色づき残菊との組み合わせもいいものだは、12月初旬です。
中旬になると、翌年の満開に向けて全てのノジギクを根元部から刈り取り、野路菊の丘は地肌が見えるようになり、すっきりとした冬の様相に変わります。
ノジギクは次のために根を周辺に伸ばし、その伸びた部分から新しい緑の芽(冬至芽)を出し、また段々と緑を濃くしていきます。
この時期を見て頂いて、満開をまた見てもらえれば良いかなと思います。
少し 寒いですが、ここから見る冬の景観もよいものです。

11月28日(土)
2020112810_s.jpg

周回路
2020112812_s.jpg


 


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

よこお野路菊の丘風景(11月26日)

11月26日(木)晴れ。昨日 神戸新聞朝刊総合版に載せて頂いたことにより、朝から県内の遠方からも多くの人が訪れました。

2020112614_ (2)s

ワンちゃんも。飼い主が足台を置き、「2本足」と号令すると、台に前足を掛け、私が写真を撮り終わるまでこのポーズを維持してくれました。
2020112624_ (3)s

2020112628_s.jpg

2020112632_ (3)s

2020112630_ (3)s


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギクの開花状況(11月23日)

11月23日 曇り時々晴れ。曇りが勝った1日、3連休の最終日で、遠方から訪れる人は少なくなりました。
ノジギクのつぼみは殆どなくなり花は峠の段階です。
これからは、晩菊とモミジやハゼ等の紅葉との組み合わせが楽しめます。

2020112305_ (2)s

海と濃い雲の間の狭い隙間が窓のように明るく、小豆島や家島諸島がくっきりと、家島諸島の南端の松島等の小島も望むことが出来ました。
2020112309_s.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギク開花状況(11月22日)

11月22日(日) 晴れ時々曇り。ノジギクは満開。よこお野路菊の丘には、近隣の人や遠方からのハイカー等のグループが次々と登って来られました。屋外で微風が吹く場所ですが、殆どの方がマスクを着けてきてくれています。

阪神地区のグループがノジギクの観賞前に、下にある現在整備中のユーカリ緑地で、クリスマスリースづくりを行っていました。withコロナ時代の緑地の利用方法です。
2020112214_s.jpg

早く来た子供たちがキクをバックにパチリ
2020112206_ (2)s

2020112216_s.jpg

2020112218_s.jpg

明日は3連休の最後の日、多くの人に来てもらえることでしょう。
2020112226_s.jpg





別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギク開花状況(11月21日)

11月21日(土)曇り後晴れ
3連休の初日、よこお野路菊の丘には、殆ど途切れることなく 近隣やまた遠方からの人が訪れ、満開となった野路菊を鑑賞して頂きました。坂を登って平地に着いた途端 一様に「すごい」の声。皆で取り組んだ甲斐がありました。

須磨ニュータウン開発時の地元中学校一期生(1979年)の同級の女性らが集まって、登ってきました。数日前は地元高校生らが卒業アルバムの写真を撮りにきたりと、うれしい話です。
2020112115_s.jpg

遠方のハイキングのグループ。カメラを向けると手を振って応えてくれました。
2020112121_s.jpg

満開です。
2020112124_s.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ノジギク開花状況(11月18日)

11月18日(水)  よこお野路菊の丘のノジギクは8分咲き。
遠くからも白味が増しています。

白味が強くなっているのが、よくわかります
2020111805_s.jpg

県花のノジギク、左の大きな木は県木のクスノキ
2020111801_s.jpg

青空、色づき出したモミジ
2020111811_s.jpg

上の段から遠望を楽しむ人達
2020111816_s_20201118202126abd.jpg

花に近づいて撮影する人
2020111812_s.jpg

一昨日は、地元の高校の3年2クラスが、卒業写真を撮りに登ってきました。近年は定例になっており、うれしいことです。
2020111814_s.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT