森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

よこお憩いの森整備等、ノジギク開花状況(11/17)

11月17日(火) 快晴、参加者 19名。よこお憩いの森の整備を行いました。
ノジギクは、7~8部咲き。見頃です。

野路菊の丘に隣接する雑木林にもう少し陽が入るようにし、林内を歩きやすい場にするため、常緑樹の間伐を行いました。幹と枝を分け、枝の部分は細かくし集積。
2020111712_s.jpg

幹の部分の一部を使って道の補修。
2020111713_s.jpg

野路菊の丘にはノジギクの鑑賞者が訪れているために、休息は林内で。
2020111724_s.jpg

森上部の平地に伸びているササの刈取り。
2020111716_s.jpg

ササヤブを整備、育苗中のササユリをここで育てる予定です。
2020111720_s.jpg

ハチクの皆伐作業を行っている場所に、来週 モミジ等を植樹するための土づくり
2020111705_s.jpg

ハイキングの途中にノジギクの観賞に立ち寄る人達。
2020111707_s.jpg

特殊なカメラを使って、野路菊の丘全体を撮影されるYさん
2020111721_s.jpg

斜面の左半分。今年はボリューム感があります
2020111732_s.jpg


別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

活動地内の四季(7月23日)

7月23日 梅雨の合い間の横尾の活動地。
雑木林内のコナラの大径木(樹齢70~80年にが、高率でナラ枯れ現象が始まっており、葉も変色。昨年より一段と増えている模様。
モリアオガエルのオタマジャクシに後ろ足が出だしました。

2020072301_s.jpg

2020072306_s.jpg

2020072307_s.jpg

林内の古くなったキノコの中から新しいキノコが無数に生まれています
2020072314_s.jpg

モリアオガエルのオタマジャクシに足が出だしました。5匹 捕獲し、遊水地内の水溜りに。ここでカエルまで成長し、来年卵を産みに戻って来てくれないだろうか。
2020072319_s.jpg




別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

よこお 緑地の作業

3月3日(火) 晴れ 参加者21名。今年も 早3月になり、新芽が膨らみだし、また枯草のある場所でも少し緑が見えだして、段々と春を感じるようになってきました。しかし 巷では新型コロナウィルスの感染者が増え、暗い気持になってきます。今日 神戸でも初めての感染者が出ました。
萎縮しては駄目だと、風邪気のない元気な者は、青空の下でいつも通りの整備作業を行いました。

ユーカリの木の傍のトウネズミモチの伐採
IMG_0549at.jpg

IMG_0550at.jpg

平地の傍の枝の整理。ユーカリ緑地を一般の方が容易に自然に近づける場所にしていきたいと考えています。
ユーカリ緑地での枝整理t

ユーカリ緑地のトウネズミモチ伐採t

緑地の奥から見て
IMG_0551at.jpg

更に奥から
IMG_0552at.jpg

緑地の西側。フェンスの内側をきれいにしました
IMG_0553at.jpg

きれいになったフェンス沿いt

ジョウビタキが小枝に。ここにはいろいろな野鳥が集まります。
ジョウビタキの姿t

別動隊は、木橋の下手の斜面でササ刈り
木橋下の笹がりt














別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

よこおの雑木林等整備

2月25日(火) 曇り。参加者19名。
 友が丘の作業が続いていましたが、よこおに戻ってきました。
 ①第2炭焼き場跡周辺の雑木伐採と小笹刈り ②周回路用の道の整備(桜の若木3本発見し、支柱を立てる) ③野路菊の丘下の斜面に植えた樹木に支柱の取り付け(ヤマザクラ・イロハモミジ・マユミ・モチツツジ・コバノミツバツツジ 等に)
 国内外で、新型コロナウィルス感染者が増えています。早く収まって欲しいものです。
 
 P2250762t.jpg

P2250765t.jpg

IMG_0541at.jpg

IMG_0542at.jpg

IMG_0543at.jpg

IMG_0544at.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

次の作業の準備

1月18日(土) 晴れ。参加者3名。
よこおのユーカリ緑地で、来週友が丘で行うシイタケのホダ場改築用の木杭づくり、また同時に行うシイタケの種駒を打ち込む叩き棒づくりをしました。
午後は野路菊の丘に隣接する雑木林内に伐倒しているコナラの半割り加工を行いました。半割りしたものは急斜面の土止めに使います。

ユーカリ緑地内の既に伐採し集積したところから、使えそうな木を選別
2020011803_t.jpg

太いものは木杭に (約80本)
 (2020011801_t.jpg

細いものは叩き棒に (約30本)
2020011802_t.jpg

午後からは場所を変え、先週掛かり木になり手間取って倒した径30cm強のコナラの半割り加工。
2020011805_t.jpg

きれいに半分になりました
2020011808_t.jpg

Sさんの半割り作業初体験
2020011810_t.jpg

別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

雑木林の整備

11月19日(火)晴れ 参加者23名。
ノジギクが満開のよこお野路菊の丘を少し離れ、隣接する雑木林内の第2炭焼き窯跡周辺の整備を行いました。

谷筋の整備
2019111914_t.jpg

昨年の台風で倒れた樫の木の整理
2019111916_t.jpg

木漏れ日の中での昼食
2019111909_t.jpg

谷筋の整備を続ける
2019111917_t.jpg

2019111919_t.jpg

刈り払い機も頑張る
2019111920_t.jpg

横尾山山頂への登山路に向かう道筋
2019111929_t.jpg

2019111930_t.jpg

野路菊の丘に戻り、ミーティング。ヒヤリハット無し
2019111932_t.jpg










別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ユーカリ緑地の整備

9月3日(火) 晴れ 参加者17名(新会員 初参加) 秋雨前線により先週は休み、久しぶりの晴天下の作業。
ブログの投稿も2週間振りです。

作業前の準備体操
2019090301__R.jpg

トウネズミモチを中心に除伐
2019090306__R.jpg

2019090308__R.jpg

先日 太いユーカリを半割にして作ったベンチに、座って休息。
2019090304__R.jpg

2019090309__R.jpg

手前の2本は、今年の4月に会の創立10周年記念に植えた桜「須磨浦普賢象」と「カスミザクラ」。
2019090311__R.jpg








別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ナラ枯れ、ノジギクへの散水

8月10日(土) 晴れ、日照りが続いています。
最近 遠方から野路菊の丘方面を見たときにナラ枯れ様の葉が茶色くなった高木が見つけ、本日現地に行き、大量のフラス(カシナガキクイムシが穿孔している証しの木屑と糞の混ざったもの)を確認しました。
周辺にまだ葉の変色はないが根本部にフラスが認められるものが他に別に3株あり。全てコナラです。
2014年と2016年にも穿孔されたものを見つけ、行政に夫々伐採・燻蒸処理をして頂いて落ち着いていましたが、また活発に動き出した模様です。
15日ぐらいに台風が来る予想ですが、それまで猛暑が続くとのことで、上下の斜面と平地のノジギクへの散水を実施しました。

啓明学院のグラウンド越しに。画面の真ん中に茶色くなった葉の高木。
P8100002-t.jpg

該当高木の根元に大量のフラス。
P8100018-t.jpg

周辺にまだ葉の色は変わっていないが、フラスを出しているものが3株あり。盆明けに行政に報告する予定。
P8100022-t.jpg

近くで、ヤブランが花をつけていました。
P8100031-t.jpg

ノジギクへの散水。
P8100038-t.jpg

月に向けて散水。
P8100039-t.jpg

野路菊の丘からの夕焼け。
P8100052-t.jpg





別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ユーカリ緑地の整備等

6月11日(火)晴れ 参加者23名。久方ぶりのユーカリ緑地の整備。同時に新メンバーに木の伐り方の基本について講習。クリンソウの苗の植え付けや各種植え付けた苗に杭打ち。野路菊の丘の未使用の土や肥料の片づけ等を行いました。

ユーカリ緑地への下り階段の補修、緑地内の除草
P6110001-t.jpg

P6110006-t.jpg

緑地内の雑木の伐採
P6110004-t.jpg

遊水地脇に植えたフジバカマの苗に縦杭を打ち込み
2019 06 11-t

土、肥料の片づけ
P6110009-t.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ベンチ材づくり

3月16日(土) 晴れ時々雨。参加者 3名。
よこお野路菊の丘の小さなベンチは散策で訪れた人がよく利用されるが、多くが傷んでいるため作りなおすことにしました。

昨年の台風で倒れたコナラを、新人のチェンソー操作実習を兼ね、半割り。
非常に硬く、刃がなかなか喰い付かず苦労。
P3160038-t.jpg

同時に枝処理
P3160039-t.jpg

ベンチ材は10脚分を確保。手直しする必要が無いほど、きれいに切れました。
P3160044-t.jpg

作業後、桜の木を見に近くの谷間に。幹の表面には非常に大きな凸凹があり、一抱え半もある太いヤマザクラ。樹齢は数百年か。
P3160042-t.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT