森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

プラスチックごみから自然環境を考える

須磨FRSネットが須磨区役所の協力を得て開催する自然環境サミットは、近年問題となっているプラスチックごみを取り上げ、「プラスチックごみから自然環境を考える」をテーマとし、下記のとおり行います。

FRS環境サミット2019_A4チラシ-t

日時 3月24日(日)開場13:00 13:30~16:00 申込不要、参加無料
場所 神戸市須磨区 地下鉄名谷駅前 須磨パティオ健康館3F パティオホール 
一部では、京都大学の田中周平准教授から「マイクロプラスチックと私たちの生活」と題し、クリーンアップ関西事務局の古川公彦共同代表から「漂着ゴミ調査からわかったこと」と題し、講演をして頂きます。
二部では、森・川・海で活動する各団体のクリーン作戦の報告を行います。
ご関心のある方 奮ってご参加ください。
別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

須磨の自然を訪ねるウオーキング(2018)

11月17日(土) 晴れ(数日前の予報には雨マーク) 須磨FRSネット主催、須磨区役所協力の恒例の[須磨の自然を訪ねるウオーキング」を行いました。参加者:一般 50名、スタッフ 27名(内 当会から6名) 計77名。
出発地点の妙法寺駅前から、全員が頑張りそして助け合い、最終点の須磨海岸の砂を踏むことが出来ました。

妙法寺駅前にて。受付開始前の風景
PB170049-t.jpg

出発前の準備体操
PB170053-t.jpg

須磨アルプスの馬の背を遠くに見て
PB170062-3-t.jpg

よこお野路菊の丘手前のハンモックを先に着いた子供らが楽しんでいます
PB170066-t.jpg

よこお野路菊の丘に到着。菊は満開
PB170070-t.jpg

花を背に、前面には180°の展望
PB170074-t.jpg

おらが山展望台にて、周辺の地形のお話。360°の展望
PB170079-t.jpg

山頂の木が伐られ、見晴らしが良くなった鉄拐山からの遠望
PB170085-2-t.jpg

旗振り山からの遠望
PB170087-t_20181117195946a7b.jpg

日時計広場からの遠望。六甲山系の最西端から 明石海峡大橋を最も近くに望める場所
PB170089-t.jpg

噴水広場から淡路島を望む。ここで昼食
PB170092-2-t.jpg

反対から見て
PB170102-t_2018111720100313d.jpg

山腹歩道を行く
PB170115-t.jpg

PB170119-t.jpg

妙見堂跡から少し下った場所の展望台から眼下の須磨海岸を望む
PB170120-t_201811172030500f9.jpg

全員が無事須磨海岸に到着。須磨海岸の海浜植物の保護についてお話
PB170124-t.jpg

須磨海岸の特徴についてのお話
PB170129-2-t_201811172031337b1.jpg

最後に参加者全員で記念写真。お疲れ様でした
PB170130-t.jpg



別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

ウオーキングの下見

10月20日(土) 11月17日に須磨FRSネットの主催で行います「須磨の自然を訪ねるウオーキング」の最終の下見を行いました。
天候にも恵まれ、当会3.5名、西神戸山の会3.5名の計7名で、妙法寺駅から摂津と播磨の国境の旗振り山を経て須磨海岸まで、景色を楽しみながら本番の時と同じように歩きました。

おらが山から西の景観。
PA200020-t.jpg

おらが山の山頂に植えられたフジバカマの花に、渡りチョウのアサギマダラ。
PA200025-2-t.jpg

PA200029-2-t.jpg

鉄拐山からの景色。数年前に山頂の木が伐採されて非常に景観がよくなり、訪れる人が増えました。
PA200032-t.jpg

旗振り山を下って、山腹歩道を。台風にて折れていた木の処理作業。
PA200040-s.jpg

妙見堂跡下の展望台から。ここからの景観は、山をだいぶ下った場所ですが、一見の価値あります。
PA200044-s.jpg

須磨海岸には、本番の予定時間より1時間早く 無事に到着しました。ウオーキング当日の天候を祈るのみ。
西側の海辺で、須磨海岸にアサリを復活させようと須磨FRSネットにも参加されている須磨里海の会の皆さんが、アサリの生育状況の調査をされていました。
PA200046-2-t.jpg

鉄製の大きな熊手に網をつけ、ロープで引っ張って海底の砂をすくってきますが、この作業は人力だけでは非常にきつく、船の動力を利用されていました。
PA200047-t.jpg

引き揚げた砂をひっくり返したり、海水で洗ったりして、ミリ単位のかわいいアサリを見つけいきます。同時に小さいイシガレイやワタリガニもまぎれていました。
PA200050-t.jpg

地道なまた大変な労力がいる作業です。須磨海岸でザクザクとアサリが採れる日がくることを期待しています。
PA200056-t.jpg







別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

須磨FRSネットウオーキングの下見

6月3日(日) 11月17日に予定している須磨FRSネットの「須磨の自然を訪ねるウオーキング」の下見を須磨FRSネットのメンバーと須磨区役所担当者の計7名で行いました。当会からは4名が参加。
下見は、後半の2/3程を実施。須磨海岸、明石海峡、遠くの市街地等の展望や森林浴を楽しめるコースです。

最初の展望地 おらが山のおらが茶屋屋上
P6030002-s.jpg

鉄拐山山頂からからの展望 最近山頂の木が伐採され素晴らしい展望を楽しめるようになりました
P6030005-s.jpg

須磨海岸では丁度 アサリの潮干狩りが開催され、多くの人が見えます
P6030006-2-s.jpg

旗振山を過ぎ、山上遊園に下る途中にある日時計広場からからの明石海峡。明石海峡大橋が間近に望めます。
P6030008-s.jpg

噴水公園着。丁度 噴水が吹き上がり、我々を迎えてくれました。前方は淡路島。ここで昼食。当日もここで昼食の予定。
P6030009-s_20180603183417d19.jpg

旗振り山に戻り、南側に少し下って山腹を巻く歩道を歩く。尾根道と異なり、森林浴を楽しめます。
P6030016-s.jpg

P6030019-s.jpg


P6030021-s.jpg

妙見堂跡を下ったところからの展望
P6030027-s_20180603183448112.jpg

無事に須磨海岸に到着しました。(今年も 、山(森)から海へのコースとなります)
P6030036-s.jpg








別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

神戸まつり 須磨音楽の森2018 (須磨FRSネット)

5月19日(土) 神戸まつり 須磨区の「須磨の音楽の森」が、今年も須磨離宮公園で行われました。前線の通過で降った雨も夜半で止み、晴天の下で沢山の人が訪れました。当会は須磨FRSネットの加盟団体として参加しました。
今年の須磨FRSネットの出し物は、「イシガメをまもろう」「海藻クラフト」「手づくりおもちゃであそぼう」「竹切りをしよう」の4点。

バラが満開の須磨離宮公園
P5190039-s.jpg

P5190076-2-s.jpg

須磨FRSネットのブース
P5190043-s.jpg

P5190053-s.jpg

カメと海藻クラフトコーナーの入口
P5190052-s.jpg

イシガメ、クサガメには実際に触ってもらいました。
P5190030-s_2018051922563232f.jpg

P5190058-s.jpg

海藻クラフト。乾かした色とりどりの海藻を貼って模様を創っていきます。
P5190024-s_201805192256310eb.jpg

P5190031-s_2018051922563298f.jpg

P5190049-s.jpg

P5190055-s.jpg

いい作品ができました
P5190063-s.jpg

手づくりおもちゃコーナー 7種のおもちゃ(前準備が大変)
P5190046-s.jpg

P5190056-2-s.jpg

竹切りコーナー
P5190013-s.jpg

P5190048-s.jpg

ノコを持つのが始めての子供達も真剣に、太い竹切りに挑戦。
P5190014-s.jpg

P5190047-s.jpg




別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

須磨FRSネット 自然環境サミット

2月17日(土)  自然環境サミット2018を、「六甲山地の生い立ちと災害を考える」のテーマで、須磨区役所にて開催しました。
このサミットも今回で、9回目となりました。
オリンピックのフィギヤの羽生・宇野選手の試合と重なる為、参加者数を心配しましたが、150名程の方が最後まで熱心にお二人の講師の話を聴講し、また質疑にも参加されました。

受付前の資料の袋詰め(例年の風景です)
P2170004-t.jpg

定刻になり、司会の開会の辞
P2170020-t.jpg

代表幹事の開会の挨拶
P2170022-t.jpg

須磨区長のご挨拶
P2170024-t_201802172305263c8.jpg

觜本教授による「六甲山地の生い立ち」についての講演
P2170026-t.jpg

六甲砂防事務所 石塚所長による「近年の土砂災害」を中心とした講演。
P2170029-t.jpg

休息時、羽生・宇野選手が金・銀となったとの報告があり、歓声。
その後、2講師と一般参加者の質疑応答が、活発に行われました。
P2170033-t.jpg

最後に、加盟団体(須磨里海の会)の活動事例発表(アサリの復活の取組)
P2170037-t.jpg











別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

自然環境サミット2018のご案内

今年も、当会も加盟している須磨の森・川・海の保全活動に関わっている団体のネットワーク「須磨FRSネット」が須磨区の協力を得て、「自然環境サミット2018」を2月17日(土)に区役所で開催します。
今年の講演会のテーマは、「六甲山地の生い立ちと災害を考える」とし、2講師から六甲山系の造山活動と現在の災害の結びつき及び災害を防止する対策について話をして頂きます。
会の加盟団体の活動事例報告は、「須磨のアサリ復活への取り組み」について行います。
須磨区民のみならず、ご関心のある方はおいでください。

img965-t.jpg

別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

須磨の自然を訪ねるウオーキング2017

11月11日(土) 須磨FRSネット恒例の「須磨の自然を訪ねるウオーキング」を須磨区役所、西神戸山の会の協力にて、実施しました。
夜半まで降っていた雨も上がり、ウオーキング日和の下、小学1年生から80歳の総勢90名強が、須磨区役所を出発し、六甲山系東山-よこお野路菊の丘-六甲縦走路の尾根-栂尾山-須磨離宮公園-須磨海岸のコースを全員 無事に歩き通しました。

須磨区役所にて開会。代表幹事(よこおみち森もりの会 伊與田)の挨拶
伊與田さん (1)-t

福本区長にご挨拶を頂く
PB110003-t.jpg

出発前の「都市と山村を結ぶ会」の谷澤さんのリードにて準備体操
PB110004-t.jpg

9時に元気に出発
PB110006-t.jpg

最初の休息地 板宿八幡神社にて、この近くで里山整備を行っている板宿里山クラブの森さんから活動紹介
PB110014-t.jpg

宮司さんから神社の名前の「板宿」と摂社の飛松天神の「飛松」が、菅原道真公が九州に左遷されるおりに所縁があることの説明をして頂いた
PB110018-t.jpg

神社から山に入り2番目の休息地(神戸市の中心地を見下ろす場所)にて、とびまつ森の会の觜本さん(ブラタモリに出演して神戸の土地がどうして出来たかを説明された)から、六甲山の地形・地質の話
PB110027-t.jpg

先日の台風21号によりヤマザクラが倒れ、山道に大きな亀裂
PB110030-t.jpg

東山から須磨アルプスの馬の背を見下ろす。前方は横尾山。
PB110037-t.jpg

よこお野路菊の丘に到着(昼食地)
PB110051-t.jpg

野路菊は4~5部咲き
PB110060-2-t.jpg

須磨ニュータウンを見下ろして、觜本さんから須磨の地形の話
PB110066-t.jpg

横尾山山頂近くの尾根に向けて出発
PB110074-t.jpg

急な岩場を登ったところからの展望
PB110076-t.jpg

栂尾山の木のやぐら傍で休息(ここから須磨離宮公園に向かって下り)
PB110086-t.jpg

須磨離宮公園を経て須磨海岸の砂を踏み、須磨海岸で貴重な海浜植物の保護活動をしている「すま・はまの会」の桜井さんから海浜植物の現状についての話を聞く
PB110102-t.jpg

続いて 須磨の砂浜であさりの復活に取り組んでいる「須磨里海の会」の吉田さん(須磨海浜水族園園長)から、取組状況の話を聞く。
PB110105-t.jpg

最後に 登ってきた山を背に、JR須磨駅の前で集合写真。
定刻の4時に、全員 適度の疲労感とこころよい達成感を得て家路につきました。
集合写真-t












別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

神戸まつり「須磨音楽の森」

5月20日 快晴の下 神戸まつり「須磨音楽の森」が須磨離宮公園にて開催され、今年も須磨FRSネットが参加しました。
須磨FRSネットのブースでは、①日本の亀を守ろう ②手作りおもちゃ ③チリメンモンスターをさがそう ④どんぐりの苗を育てようの4つのコーナーを設け、ネットの加盟団体のメンバー30名がスタッフとして参加しました。

開始前のブース設営
P5200005-t.jpg

どんどんと入園者が増えてきます。
P5200018-t.jpg

カメコーナーでは、子供達が日本の亀や外来種の亀について、熱心に説明を聞いています
P5200052-t.jpg

チリメンコーナーでは、真剣にチリメンモンスター(チリメンジャコの中に混ざっている色々な雑魚やいか・たこ・かに・エビ等)を探しています。(チリメンジャコを漢字で書くと「縮緬雑魚」、いろいろ混ざっているのが本来の姿なんですね)
P5200054-t.jpg

子供がピンセットで選別し、図鑑で調べて名前を記入したものです。
P5200079-t.jpg


どんぐりコーナーで、どんぐりから根が出てくる話を聞く野球少年。
P5200058-t.jpg

手づくりおもちゃコーナーでは、子供たちが手づくりしたいろいろなおもちゃに大喜び。
P5200060-2-t.jpg

P5200063-2-t.jpg

P5200067-t.jpg

各コーナー 大盛況。
P5200070-t.jpg

P5200073-t.jpg

P5200074-2-t.jpg

P5200077-t.jpg

P5200081-t.jpg

バラ園では、今 バラが真っ盛りです。
P5200035-t.jpg

P5200037-2-t.jpg







別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

須磨FRSネット 自然環境サミット2017

2月4日 須磨FRS(森川海)ネット主催、須磨区役所協力で須磨区役所で開催しました「自然環境サミット2017)は、約200名のご参加を得て、少し(?)時間をオーバーをしましたが、無事終えました。
神戸市の久元市長にも、お忙しい中ご参加を頂きました。
第一部の講演会では、須磨海浜水族園の吉田園長に「どっこい生きている須磨の海と自然」と題し、豊富な写真を使って、突堤や離岸堤に囲まれた中での砂浜や海中の普段見えない場所にこれだけの多くの生物が連携を持ちながら生きているんだということを教えてもらいました。
第二部の「須磨・神戸の自然を次世代に!」のテーマでのパネルディスカッションでは、森・川・海で活動する団体のパネラーが各団体の活動紹介や意見発表を行い、久元市長にはご感想・ご意見を頂きました。

自然環境サミットの開場前の配布資料準備風景(須磨FRSネット参加団体有志による例年恒例の風景)
P2040006-t.jpg

開会直前(用意した席は全て埋まりました。
P2040009-2-t.jpg

講演会(どっこい生きている須磨の海と自然)須磨海浜水族園 吉田園長
P2040010-t.jpg

P2040014-t.jpg

パネルディスカッション(須磨・神戸の自然を次世代に!) 
P2040015-t.jpg

P2040026-t.jpg

P2040027-t.jpg

P2040031-t.jpg






別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT