森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の定例活動及び関連する情報を適宜掲載しています。

ひょうご森のまつりに参加

11月4日(日) 絶好のイベント日和。福崎町で行われた「ひょうご森のまつり」に参加した兵庫県森林ボランティア団体連絡協議会の一員として、当会の立体ぶんぶんごまを出店しました。
式典会場では
PB040009-t.jpg

PB040013-t.jpg

PB040016-t.jpg

立体ぶんぶんごまづくり
PB040018-2-t.jpg

子供を中心として、途切れることなく多くの老若男女が、ぶんぶんごまづくりに取り組みました。
PB040006-t.jpg

PB040010-t.jpg

PB040020-t.jpg

PB040024-t_20181104210927b74.jpg

隣では、私たちの活動地にも近い学園都市の高塚山を愛する会が、「丸太切り体験」を行っています。
PB040007-t.jpg







別窓 | 日記
∧top | under∨

さつま芋の収穫

10月27日(土) 心配された雨は夜半にあがり秋晴れの下、友が丘の活動地に隣接する地元自治会の自然教材園にて、毎年恒例のさつまいも収穫祭が行われました。
総参加者80名、当会からは7名が参加。

PA270008-t.jpg

PA270009-t.jpg

今年の出来はまずまずです。品種は紅はるか。
PA270012-t.jpg

近くのしいたけン園では、シイタケが負けじと顔を出しています。
PA230018-t.jpg

区域内の公園で大きくなったクヌギを伐採するという情報があり、厚かましくもほだ木用に1mに伐って頂くことをお願いし、実現。
PA230020-t.jpg

各所に分散し仮置き。確保できた丸太約200本。この木にシイタケが出来るのは再来年の秋。
PA270001-t.jpg


別窓 | 日記
∧top | under∨

さつま芋の苗植え付け

6月30日(土) 6月10日にじゃがいも掘りをした地元自治会の自然教材園で、今度はさつま芋の苗の植え付け。
昨日から夜半まで続いた豪雨は、朝方には上がり、すがすがしい天気となりました。
しかし 畑地の溝には水が溜まり、泥んこの足元での植え付けとなりました。

植え付け開始予定時間15分前
P6300038-s.jpg

開始予定時間5分前
063001.jpg

植え付け開始予定時間(9時)には、植え終わりました。(いつも通り)
P6300044-s.jpg

秋の収穫を期待してみんなで記念写真 総参加者 55名。当会から4名が参加。
063002.jpg

鮮やかな色の霊芝「マンネンダケ、サイワイダケ」が、顔をだしていました.
古代中国では、これを発見した者は採取して皇帝に届けることが義務付けされていたとのことです
P6300047-s.jpg













別窓 | 日記
∧top | under∨

じゃがいも収穫祭

6月10日(日) 地元自治会の自然教材園のじゃがいも収穫祭。 当会からは4名が参加しました。

開会。雨を心配しましたが、幸い降られることなく多くの人が参加。
P6100011-s.jpg

ジャンケンにて団体毎に畝を決め、ジャガイモを掘り出していきます。
P6100014-s.jpg

これは、子供会と婦人会の畝。
P6100015-s.jpg

畝毎に1ケ所に集め、分配。
P6100016-s.jpg









別窓 | 日記
∧top | under∨

ハチクのタケノコ採り

5月3日 ゴールデンウイーク 真っ最中。皆伐作業を定期的に行っているハチクのタケヤブでタケノコ採り。

アチコチで、タケノコが頭を出しています。ただ タケヤブの拡大の抑制の為に毎年皆伐を続けており、その影響でタケノコは小さく、また数も少なくなっています。皆伐作業の効果ありと、喜ぶことにします。
P5030001-s.jpg

P5030007-s.jpg

野路菊の丘の斜面のモミジが、通過した低気圧による風で大きくなびいています。
P5030011-s.jpg

野路菊の丘の下の健康地蔵尊の広場のこいのぼりが力強く泳いでいます。
P5030012-s.jpg





別窓 | 日記
∧top | under∨

山は春

4月28日 よこおの山は全て春です。

雑木林の木漏れ日の中で、野路菊の苗が順調に育っています
P4280019-s.jpg

種から育ててきたモチツツジが、さわやかなピンクの花を沢山つけています
P4280021-s.jpg

野路菊の丘の南の藤が満開です
P4280034-2-s.jpg

アオスジアゲハが、野路菊の畝の中で交尾中
P4280013-s.jpg

P4280018-s.jpg

自生や増殖したヒヨドリバナが、順調に育っています。昨年は他所でも飛来するアサギマダラは少なかったようで、今年は期待したいものです。
P4280022-s.jpg

昨年植えたジャコウアゲハの食草のウマノスズクサが脇芽を増やながら伸びています。柔らかい葉の裏には卵が無数
P4230081-s.jpg

しかし困ったことも。木橋の傍のマユミの若葉が、幼虫(何の?)にむしゃむしゃ食われて葉がなくなってきています。野路菊の丘の斜面のマユミは丸裸になってしまい、枯れが心配です。
P4280024-s.jpg

P4280028-s.jpg

 
別窓 | 日記
∧top | under∨

会員募集のチラシ

会員募集の新版が完成しました。
須磨ニュータウン及びその周辺の方々に、色々な機会に案内していきたいと考えています。
ご関心のある方は、お問合せ下さい。


会員募集チラシ2018m表-s

会員募集チラシ2018m裏-s


別窓 | 日記
∧top | under∨

通常総会・親睦会の実施

4月24日(火) 参加者 17名。
平成30年度の通常総会を行いました。 当初は活動地のテーブル広場で予定していましたが、雨模様の為に地元マンションの集会場をお借りしました。総会の後に懇親会。

総会の模様
総会-s

総会 (4)-s

昼からは 懇親会に移り この1年に入会された方が順に一言や、民謡の披露等。
総会 (18)-s

総会 (13)-s



別窓 | 日記
∧top | under∨

赤穂市坂越の集いに参加

2月25日(日) 赤穂市坂越の坂越小学校で開催された「坂越のまちづくりの将来を考える集い」県政(150周年記念県民連携事業)に、参加しました。先の国土交通大臣表彰の「手作り郷土賞」に、近畿地区で坂越のまち並みを創る会と当会が受賞したご縁で呼ばれ、当会の「須磨ニュータウン周辺の森を整備し、癒しの森(場)づくり」の活動紹介をさせて頂きました。
会が始まる前に、まちや山を駆け足で回ってきました。
歴史あるまちみ並み、神社仏閣、身近に山、川、海があり、温かいおもてなしの気持ちありと、何か快い気持ちになって、会場に。

坂越の歴史を感じるまち並み
P2250016-s.jpg

奥藤酒造での利き酒(銘柄は忠臣蔵)
P2250017-s.jpg


大避神社の絵馬
P2250008-s.jpg

山の中腹の妙見寺観音堂
P2250012-s.jpg

更に登ったところからの海(生島)
P2250010-s.jpg

下山途中に見た坂越の海と町
P2250011-s.jpg

集いは小学校の講堂で行われ、アトラクションとして地元の皆さんによる伝統芸能紹介
P2250021-s.jpg

つづいてチェンバロ演奏と北前船寄港地 坂越にからめてのトークショー
P2250023-s.jpg

坂越の現状についての紹介(少子高齢化が進む中でどうして町おこしをするか)
P2250027-2-s.jpg

当会から活動紹介
P2250029-s.jpg

最後に「坂越の歴史遺産を観光資源として保存から活用へ」をテーマにしてパネルディスカッション。中学生、高校生からも力強い意見がだされました
P2250036-s.jpg





別窓 | 日記
∧top | under∨

手づくり郷土賞の受賞

2月19日 国土交通大臣表彰 「手づくり 郷土(ふるさと)賞」を受賞し、本日 大阪の国交省 近畿地方整備局での授与式にて、整備局長から表彰状を頂きました。
須磨ニュータウンの周辺の森を整備し、癒しの森(場)づくりの活動が認められたものです。
この賞を頂けたのは、神戸市の西武建設事務所をはじめとする行政、助成をして頂いた団体並びに地元の皆様のご協力があってのことと感謝しています。
尚 今年度は、全国で19団体が選ばれ、近畿からは赤穂市の坂越のまち並みを創る会と当会の2団体が選ばれました。

P2190071-t.jpg

P2190075-t.jpg




別窓 | 日記
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT