森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

シイタケの植菌

2月17日(日) 晴れ。参加者 当会 5名、北須磨団地自治会 43名。
昨日の丸太への穴あけに続いて、シイタケの植菌を行いました。沢山のご婦人連も加わり、総勢48名。
木琴のように木を叩く音が林内にこだまし、無事に230本のクヌギに7200個の種駒の植菌を終えました。

P2170007-t.jpg

P2170010-t.jpg

P2170013-t.jpg

シイタケ植菌(動画)


仮伏せ
P2170023-t.jpg



別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

シイタケの植菌の為の穴あけ

2月16日(土) 快晴。参加者 当会7名、北須磨団地自治会員 28名、計35名。
用意していたクヌギの丸太230本の穴あけを行いました。
大半の人は例年の経験者により、にぎやかにまたスムーズに進行し、1時間半ほどで全て完了。
明日 17日には、女性・子供が加わって、シイタケの種駒 7200個の打ち込みを行います。

P2160038-t_2019021616262355d.jpg

P2160042-t.jpg

P2160048-t_20190216162626aad.jpg

P2160050-t.jpg

P2160052-t_20190216162621064.jpg


別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

ノジギク栽培の為の土留め柵用材の運搬等

2月12日(火) 晴れ時々曇り。参加者 19名。野路菊の丘の土留め柵更新用材等の運搬を継続し、友が丘で用意した竹材や行政から頂いた用土は、全て野路菊の丘に運ぶことが出来ました。柵の更新直前の準備に入り、次回には、新しい柵に変わっていく予定です。

用土の引き揚げ前(当会の精鋭女性陣)
2-t_20190212231720934.jpg

引き揚げ開始
P2120011-t.jpg

P2120022-t.jpg

P2120025-t.jpg

P2120009-t.jpg

引き揚げた用土を一輪車で運搬
1-t_201902122328090a6.jpg


日照を悪くしている木を伐採
P2120014-t.jpg

昼休みの風景(細紐を使ったマジックで盛り上がる)
P2120030-t.jpg

竹杭を作る為に、厚めの竹の4つ割り(ナタ目を入れる)
5-t_20190212231722fbd.jpg

竹4つ割りの動画(皆 息があっています)


割り竹を竹杭用に寸法切り
8-2-t.jpg

斜面の低い部分の柵を作るために、割り竹を担ぎ揚げ
6-t_20190212231723300.jpg

斜面の高い部分に割り竹を引き揚げるための台車の準備
P2120032-t.jpg

古い竹を廃棄するための場所づくり
P2120007-t.jpg













別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵用竹材の運搬(続き)

2月5日(火)快晴。参加者 19名。新入会員が作業に初参加。
1班 友が丘~横尾の水道局配水池前の軽トラック運搬、2班 配水池~野路菊の丘登り口での台車運搬、3班 登り口から野路菊の丘までの引き揚げ運搬の3班に分かれて作業。4mの割竹約100珠、3mの丸竹約50本の長尺ものの運搬は完了し、残るは竹キャップと用土のみとなりました。

朝 3つの班が配水池前で偶然に一緒に。丁度 1班が軽トラックで割り竹を運んできました。
P2050003-t.jpg

2班が割り竹束を台車に積んで出発。高校生会員が久しぶりに参加してくれました。
P2050015-t.jpg

2班が3班に引き継ぎ
P2050013-2-t.jpg

野路菊の丘への登り口。大量の竹や用土を坂を担ぎ揚げるのは厳しく、縦溝を利用し、皆で協力して引き揚げます。
2-t_20190206093033a6d.jpg

3班 割り竹束を引き揚げ台車に取り付け
P2050008-t.jpg

引き揚げOK!
P2050009-t.jpg

了解
5-t_20190206093031086.jpg

順調に台車は登っていきます
P2050011-t_20190205220142b69.jpg

P2050017-t.jpg

野路菊の丘の平地では、皆がロープを引いています。
P2050005-t.jpg

友が丘の竹林に生えていた竹は、多くの人に手を加えられ、何度も場所を変えながら、よこおの野路菊の丘に到達しました。
P2050007-t.jpg

長尺ものの運び揚げは、ほぼ完了。
6-2-t.jpg


次に引き揚げる竹キャップも運ばれてきました
1-t_20190206093032911.jpg

使用した軽トラックは、友が丘の北須磨団地自治会からお借りしたもの。沢山の竹を載せるために取り外していたスピーカーを着け戻し。有難うございました。
P2050022-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

土留め柵用竹材の運搬準備

2月2日(土) 穏やかに晴れ。参加者 4名。
よこお野路菊の丘の土留め柵更新用に友が丘で採取した竹材が、途中まで軽トラック運ばれて来ています。
それを野路菊の丘まで運ぶテストを実施。順調に終了。

1月22日に運んできた竹を使ってテスト運搬
P2020001-t_201902021748057e9.jpg

近くには、昨日行政から頂いた土や肥料が積まれています。
P2010045-t.jpg

野路菊の丘の登り口に、竹材の仮置き場設置。
P2020006-t.jpg

上の野路菊の丘の平地まで引き揚げる縦溝の整備
P2020004-t.jpg


平地に引き揚げるための滑車等の取り付け
P2020007-t_20190202174855377.jpg

引き揚げテスト順調
P2020008-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

プラスチックごみから自然環境を考える

須磨FRSネットが須磨区役所の協力を得て開催する自然環境サミットは、近年問題となっているプラスチックごみを取り上げ、「プラスチックごみから自然環境を考える」をテーマとし、下記のとおり行います。

FRS環境サミット2019_A4チラシ-t

日時 3月24日(日)開場13:00 13:30~16:00 申込不要、参加無料
場所 神戸市須磨区 地下鉄名谷駅前 須磨パティオ健康館3F パティオホール 
一部では、京都大学の田中周平准教授から「マイクロプラスチックと私たちの生活」と題し、クリーンアップ関西事務局の古川公彦共同代表から「漂着ゴミ調査からわかったこと」と題し、講演をして頂きます。
二部では、森・川・海で活動する各団体のクリーン作戦の報告を行います。
ご関心のある方 奮ってご参加ください。
別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

土留め柵用竹材の準備及び運搬開始

1月29日(火) 晴れたり曇ったり 参加者 19名 友が丘の地元自治会自然教材園のメンバー 19名。総勢 38名。
先週に続いての作業に合わせて、運び上げた竹材を軽トラックで、横尾の水道配水池まで運搬開始。
自然教材園の皆さんのご協力 感謝。

作業前に、当会と教材園のメンバー一緒に準備体操
3-t_20190129215438ed4.jpg

1-t_2019012921543769b.jpg

竹キャップ班。伐り出した細い竹を寸法切り。必要数 確保できました
P1290007-t.jpg

竹割り、節取り、束ね
P1290015-t.jpg

動画


竹キャップ運び
P1290014-t.jpg

割り竹運び
P1290012-t.jpg

仮置き
P1290021-t.jpg

軽トラックで運び出し
P1290022-t.jpg

竹割り等が全て済み、後片づけ。来週からは、当分野路菊の丘に向けての運搬作業になります。
P1290030-t.jpg















別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

土留め柵用の竹材の準備

1月22日(火) 穏やかな晴れ。参加者 17名。よこお野路菊の丘の土留め柵用の竹材づくり。
先々週に続き、竹キャップづくりや、伐り出した竹の4つ割り、節取り、運搬等の作業を行いました。

写真の右、太い竹に十字にナタ目を入れる。左奥、十文字割り具を使い竹を4つ割り。左手前、割った竹の内側の節取り、右手前、割り竹10枚づつをひもで結束等 を流れ作業で行った。
P1220010-t.jpg

テーブル広場では、竹キャップづくり。総必要数1140本に対し、前回分と合わせ820本が出来ました。
P1220012-t.jpg

画像 (3)-t

画像-t

破竹の勢い(動画)
[広告] VPS




割り竹が増えていきます。
P1220018-t.jpg

画像 (6)-t

10枚づつ結束した割り竹の束を、上部に運搬開始。
P1220020-t.jpg

一部を、山道の降り口まで運び揚げ。
P1220024-t.jpg



別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

よこおの諸々の作業

1月19日(土) 終日 暖かい陽射し。参加者 4名。先の15日(火)は、天候不順の為にお休み。
昨年末の枯れ松の伐採後に、枯れ気味となった松やネズミサシを伐採、集積。
雑木林内の男女の仮設トイレの改修を実施。

ネズミサシの伐採
P1190006-t.jpg

昨年末に伐採したものの上に積み増し。
P1190007-t.jpg

仮設男子用トイレの改修
P1190009-t.jpg

仮設女子用トイレの改修
P1190012-t.jpg

P1190021-t.jpg

P1190022-t_20190119180339540.jpg





別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

竹伐り

平成31年1月8日(火) 参加者 19名。今年最初の活動日、穏やかなお天気に恵まれました。
横尾の野路菊の丘の土留め柵更新用の竹の伐り出しと加工を昨年度末に続けて行いました。
柵の横木や竹杭に使う太い竹4mものが計245本と3mもの56本、および鉄杭に被せる竹キャップ480本を確保できました。
同時に クヌギの落ち葉を肥料にするために集めました。

今年初めての作業を始める前に安全について
IMG_4566-2.jpg

細い竹を伐り出し竹キャップに。
P1080001-t.jpg

不足している太い竹の伐り出し」
P1080004-t.jpg

作業は順調に進行
P1080008-t.jpg

昼休み。お正月あけとのことで、おめでたい民謡(謙良節)を聞かせてもらいました。
P1080014-t.jpg

キャップ用竹の節抜きを実施
P1080018-t.jpg

細い竹の伐り出し
P1080020-t.jpg

竹キャップが増えてきましたが、来週に継続。
P1080021-t.jpg










別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

竹伐り

12月25日(火) 参加者 17名。今年 最後の活動日。穏やかな晴れ日でした。
先週に続き、友が丘の竹林(タケヤブ)にて、よこお野路菊の丘の土留め柵用の竹の伐り出しを行いました。
今日予定の柵用の竹本数80本の内77本を、杭用の竹50本の内36本を採取できました。
残りは年初に。

活動地に隣接するタケヤブにて、希望の寸法の竹を伐り出し。おびただしい枯竹や倒竹を整理しながらの作業でした。
出来れば、タケヤブの整備も計画していきたい。
PC250005-t.jpg

伐った竹の運びだし。
PC250004-t.jpg

太い竹は、4つ割りして杭に使います
2-2-ta.jpg

何をしているの?
3-2-ta.jpg

休息時風景。
PC250009-t.jpg

竹柵用は、先週分を合わせ261本を確保できました。
PC250007-2-t.jpg




別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

丸太運び、竹伐り、忘年会

12月18日 晴れ。参加者 18名。今年も活動日は、残り1日となりました。
朝一番は、地元自治会の教材園の皆さん(約40名)と、しいたけのほだ木にするクヌギの丸太の運搬。
その後は、野路菊の丘の土留め柵更新用の竹の伐り出し。
夜は22名が参加し、忘年会を行いました。

行政が友が丘の公園内のクヌギを大量に伐採されるとのことで1mの長さに伐ってもらい、その丸太230本を現地に仮置きしていました。これを活動地に向かう山道の降り口に軽トラで移動させ、そこから、担いだり・一輪車を使ったりして、教材園傍の平地に運搬しました。
10時スタート予定が、9時半過ぎから集まり出して、即開始。平均年齢75歳はゆうに越されている自治会主体の元気な老々男女がずしりと重たい丸太をどんどん運んでいきます。
PC180005-t_20181219104750ef3.jpg

PC180001-t.jpg

PC180016-t.jpg

PC180020-t.jpg

PC180018-t.jpg

PC180013-t.jpg

当初の運搬開始時刻の10分後には、230本の丸太は、全て運び終えられました。驚くばかりのパワーです。
2月中頃まで乾燥させ、穴開け・植菌を予定しています。
PC180021-t.jpg

すぐ傍の玉ねぎを植えた自然教材園で記念写真。
PC180024-t.jpg

この後 会のメンバーは、タケヤブの中に入って太さ8cm程、長さ4mの竹の伐り出し。168本を伐り出すことが出来ました。
この一連の作業は、来年2月初ぐらいまで続きます。
PC180029-t.jpg

PC180035-t.jpg

PC180036-t.jpg

PC230002-t.jpg

一部のメンバーは並行して、モミジやガクアジサイ等の木の苗やタンポポ、ホタルカズラ等の野の花の苗の植え付けを行いました。

夜は22名が参加し、にぎやかに食べ放題飲み放題の忘年会。
PC180039-t.jpg

毎年 定番の女性陣によるコーラス。
PC180043-2-t.jpg

来年も元気に楽しく、充実した年になりますように。
IMG_5934 (4)-2_s



別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

ノジギクの刈取り

12月11日(火) 晴れたり雲ったり。参加者 17名。よこお野路菊の丘にて作業。
ノジギクの花が終わり、雑種の発生の抑制と冬至芽の生長をよくするために、トリマー、刈込みばさみ、カマ等にて刈込み。
また 同時に土留め柵改修の為の竹材の必要数の計数を行いました。

PC110002-2-t.jpg

PC110003-t.jpg

休息時
PC110006-t.jpg

PC110008-t.jpg

全ての刈込みが完了しました。来週からは当面 土留め柵用の竹材の伐り出しや運搬、組立の作業が続きます。
PC110010-2-t.jpg







別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

現在の活動地の風景

12月5日 現在の2活動地の風景

横尾地区(よこお野路菊の丘)
PC020020-2-t.jpg

友が丘地区(友が丘竹林の道)
PC050024-t.jpg

別窓 | 日記
∧top | under∨

ハチクの皆伐

11月27日(火) 参加者19名。先週に引き続き ハチクのタケヤブ皆伐作業を行いました。
ハゼの紅葉が進み、目を楽しませてもらいました。

各所に分散し、ハチクが拡がっている場所を周囲から伐採していきました
ウバメガシ林の中
PB270014-t.jpg

谷間の中を
PB270015-2-t.jpg

サネカズラ(ビナンカズラ)の実が赤くなっています
PB270018-t.jpg

ハチクのヤブの中のハゼが紅葉
PB270019-t.jpg

PB270023-t.jpg

あちこちでハゼが色合いを競っています
PB270025-t.jpg

今日の作業は終了。来週に残りを伐採し、今年の皆伐作業は終わる予定です。
PB270030-t.jpg

帰途 よこお野路菊の丘へ。今年の花のピークは過ぎました。
PB270034-t.jpg

ただ 私たちがノジギクを栽培する前から植わっていた薄いピンクの菊は、見る度に色合いをどんどん変化をさせて、あきません。
PB270004-t.jpg









別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

ノジギクといろいろ

11月23日 よこお野路菊の丘ではノジギクといろいろな組み合わせが見られました。

ノジギクと子供達
PB230015-t.jpg

ノジギクと明石海峡大橋
PB230005-1-t.jpg

ノジギクとモミジ
PB230010-t.jpg

PB230022-t.jpg

ノジギクと柿
PB230012-t.jpg

ノジギク(ひょうごの県花)とクスノキ(ひょうごの県木)
PB230003-t.jpg

PB230018-t.jpg

ノジギクとヤマザクラ
PB230019-t.jpg

ノジギクとハゼ
PB230021-t.jpg

ノジギクとネズミモチ
PB230024-t.jpg

ノジギクとピラカンサ
PB230025-t.jpg

ノジギクと松(須磨区の木)とススキ?
PB230031-t.jpg









別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ハチクのタケヤブ皆伐作業

11月20日(火) 晴れ。参加者14名。
先週に引き続き、よこおのハチクのタケヤブの皆伐作業を行いました。上・中・下の3斜面の内 中・下を終え、上の斜面に取り掛かりました。

作業前、現地にのぼりを立てる準備
4-t_20181120215436485.jpg

先週の中斜面の残り作業継続
PB200002-t.jpg

PB200009-t.jpg

下斜面の雑木の間に生えた細竹の伐採
PB200005-t_2018112018295553f.jpg

PB200016-t.jpg

上の斜面の竹の伐採に取り掛かる
PB200022-t.jpg

頭上の鈴なりの柿。熟したものは若干渋みが残っているが美味しい。
PB200008-t.jpg

メンバーがお正月のお飾りの干し柿用に持ち帰る
PB200018-t.jpg

帰途 野路菊の丘に向かう
PB200024-t.jpg

西日にあたるノジギク。今年のノジギクも段々と終わりに近づいてきました
PB200027-t.jpg









別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

須磨の自然を訪ねるウオーキング(2018)

11月17日(土) 晴れ(数日前の予報には雨マーク) 須磨FRSネット主催、須磨区役所協力の恒例の[須磨の自然を訪ねるウオーキング」を行いました。参加者:一般 50名、スタッフ 27名(内 当会から6名) 計77名。
出発地点の妙法寺駅前から、全員が頑張りそして助け合い、最終点の須磨海岸の砂を踏むことが出来ました。

妙法寺駅前にて。受付開始前の風景
PB170049-t.jpg

出発前の準備体操
PB170053-t.jpg

須磨アルプスの馬の背を遠くに見て
PB170062-3-t.jpg

よこお野路菊の丘手前のハンモックを先に着いた子供らが楽しんでいます
PB170066-t.jpg

よこお野路菊の丘に到着。菊は満開
PB170070-t.jpg

花を背に、前面には180°の展望
PB170074-t.jpg

おらが山展望台にて、周辺の地形のお話。360°の展望
PB170079-t.jpg

山頂の木が伐られ、見晴らしが良くなった鉄拐山からの遠望
PB170085-2-t.jpg

旗振り山からの遠望
PB170087-t_20181117195946a7b.jpg

日時計広場からの遠望。六甲山系の最西端から 明石海峡大橋を最も近くに望める場所
PB170089-t.jpg

噴水広場から淡路島を望む。ここで昼食
PB170092-2-t.jpg

反対から見て
PB170102-t_2018111720100313d.jpg

山腹歩道を行く
PB170115-t.jpg

PB170119-t.jpg

妙見堂跡から少し下った場所の展望台から眼下の須磨海岸を望む
PB170120-t_201811172030500f9.jpg

全員が無事須磨海岸に到着。須磨海岸の海浜植物の保護についてお話
PB170124-t.jpg

須磨海岸の特徴についてのお話
PB170129-2-t_201811172031337b1.jpg

最後に参加者全員で記念写真。お疲れ様でした
PB170130-t.jpg



別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

ノジギクが満開

11月16日(金) よこお野路菊の丘のノジギクが満開。昨日(15日)の神戸新聞の朝刊に載せて頂いたこともあり、曇り空でしたが多くの人が次々に訪れました。17日は、須磨FRSネットの「須磨の自然を訪ねるウオーキング」で、80名程で立ち寄ります。

PB160026-t.jpg

PB160025-t_20181117065615d40.jpg

PB160029-t.jpg

PB160031-t.jpg

PB160034-t.jpg

PB160042-2-t.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ハチクのタケヤブ皆伐作業

11月13日(火) 曇り 参加者15名。夏場には出来なかった法面でのハチクの皆伐作業。
10年程前は腕ほどもあった太さも、皆伐作業を繰り返してきた結果、小指程の太さに。但し 数量は飛躍的に増えました。

ハチクのヤブの末端
PB070001-t.jpg

末端から作業開始
PB130007-t.jpg

PB130009-t.jpg

伊與田さん  (2)-t

6日前にキツネがいた場所
PB070006-2-t_201811131917109e6.jpg

その場所で昼休み
PB130013-t.jpg

前方に淡路島
PB130014-t.jpg

作業再開
PB130019-t.jpg

PB130022-t.jpg

1-t_2018111409154752b.jpg

2-t_20181114091549d6b.jpg

4-t_20181114091550810.jpg

作業は、まだ数回は必要です。
5-t_20181114091545e4c.jpg

帰途の風景。啓明学院の全校生徒が学校の周辺をジョギング。前方の横尾山の左側の中腹が、野路菊の花で真っ白になっています。
PB130036-2-t.jpg






別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT