森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

シイタケの植菌

2月27日(土)晴れ、参加者 当会2名、地元自治会員45名。
23日に玉切りし、運搬、穴あけを行っていた丸太にシイタケの植菌を行いました。
9時に一斉に撃ち方はじめ、林内には快いコンコンコンと木を打つ音が響きます。
9時30分前、用意していた種駒が無くなり、撃ち方終わり。
種駒を追加購入し、残りの菌打ちを明日行います。

2021022703_ (2)s

2021022710_ (2)s

シイタケの植菌(動画)


別窓 | 日記
∧top | under∨

友が丘 シイタケ植菌準備、竹林の整備等

2月23日(火)晴れ、参加者20名 体験1名 計21名。自治会 自然教材園草抜き64名、内約30名がシイタケ作業に残る。
9時前には既に多くの自治会員が教材園に集まり、玉ねぎを植えた畑の草抜き作業。
9時から 当会メンバー シイタケ作業と林内整備作業に分れて行動。

除草作業
2021022309_s.jpg

除草作業を終えて
2021022312_s.jpg

玉ねぎ 順調に生長しています
2021022329_s.jpg


昨年 山道脇のクヌギに大量に樹液が染み出し、それにスズメバチが数十匹集まって危険なため、年末に伐倒しておいたものを、シイタケの榾木用に玉切り(当会 チェンソーで玉切りを担当)
2021022315_s.jpg

2021022316_s.jpg

次々と教材園メンバーが、丸太を運び出し
2021022319_s.jpg

場所を変えて、運ばれてきた丸太74本にシイタケの菌を打ち込む穴あけ。27日に植菌の予定
2021022318_s.jpg

林内では、伐り出し仮置きしていた竹の移動、
2021022323_s.jpg

2021022328_s.jpg

ササ刈り等を実施
2021022326_s.jpg

帰途に見た春間近
2021022332_s.jpg










別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

よこお緑地の整備

2月20日(土) 晴れ、参加者4名。2月6日に行った緑地の表側の整備を行いました。この2~3日と打って変わって暖かい日でした。

カマと刈り払い機で枯草の刈り取り
2021022001_s.jpg

2021022003_s.jpg

絡みついているツルの除去
2021022005_s.jpg

すっきりしました。遊歩道を行き来する人も気持ちよく歩ける事と思います。
2021022010_s.jpg

野路菊の丘のベンチでは、毎朝 遊歩道を歩くグループの人たちが、和やかにランチパーティーを開いていました(以前から計画されていたものが天候不良で延びていたもの)。整備地がこのように利用されるのも嬉しいことです)
2021022012_s.jpg





別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

須磨浦普賢象等の植樹

2月16日(火) 晴れ、参加者数 16名。よこお地区で桜の植樹作業、先週に続いて2回目。
神戸市 西部建設事務所から頂いた「須磨浦普賢象」 の苗2本と、「河津桜」(1本Sさん寄贈、1本購入」の苗2本を植樹しました。
5年もすれば、遊歩道を利用する者を楽しませてくれることでしょう。
植樹地に、西武建設事務所の課長さんらが見えられました。有難うございました。

朝 9時前に「須磨浦普賢象」の立派な苗が届きました。
2021021602_ (2)s

斜面に植える場所の土止め用に、遊水池に溜まった土を運び出し
2021021604_s.jpg

1本目を植える場所の前準備
2021021608_s.jpg

記念に皆で順に土を入れました。木が大きくなった満開の桜を元気に見に来られますように
2021021610_s.jpg

植え終わった後の始末
2021021617_ - コピー_LIs

2021021631_s.jpg

2本目を植える場所の前準備
2021021607_s.jpg

支柱の組み立て
2021021620_s.jpg

2本目も植え終わり、参加者全員でマスクを着けて記念写真。あれ 1人行方不明、1人早やマスクを外した人がいる
2021021627_s.jpg

皆 息を止めてマスクをはずし、もう1枚。緊急事態宣言も 来週には解除されるかな
2021021629_s.jpg

2021021632_ (2)s

河津桜2本も植え終えました。花芽が3つ程確認。今月中に開花が見られるかも。1番花は誰が見つけるでしょう
2021021622_s.jpg
















別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

桜の移植&植樹準備

2月9日(火) 晴れ、参加者13名。よこおの遊歩道沿いに桜を増やし、春の桜、秋の野路菊の名所にしようと、ヤマザクラの移植と須磨の桜「須磨浦普賢象」の植樹の準備を行いました。

メンバーお手製のドングリのテントウ虫バッチ、これを帽子に着けてくださいと皆に配ってもらいました。「テントウボウシ転倒防止」 有難う
2021020909_s.jpg

久し振りに参加のメンバー2名も加わり、全員 マスクを着けて準備体操。参加者男女ほぼ同数。
2021020911_s.jpg

ヤマザクラの掘り起こし班、植える穴の拡張班、日照のための木の伐倒班(女性陣主体)の3班に分れました。
「須磨浦普賢象」植える場所周辺のトウネズミモチやオオバヤシャブシ伐倒開始
2021020914_s.jpg

基本に従って受け口切り、追い口切りを交代でノコ引き
2021020913_s.jpg


2021020917_s.jpg

2021020919_s.jpg

伐倒終了。ここに来週 神戸市から提供を受ける「須磨浦普賢象」2本のうちの1本を植える予定
2021020925_s.jpg

ヤマザクラの掘り起こし、移植も順調に終え、最後の杭打ち
2021020922_s.jpg











別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

緑地の整備

2月6日(土) 晴れ、参加者 6名、体験参加1名。暖かく作業日和。
よこおのハチク皆伐地への登り口の以前伐採木を集積した場所に、自生のヤブランがあり、それを助け出すために、周辺を含め、整備を行いました。

整備開始
2021020601_s.jpg

2021020602_s.jpg

整備が進む。数年前に植えたマテバシーが根付いています。(成長はもう一つ)
2021020603_s.jpg

被さっていた切り枝を取り除き、全容を見せたヤブラン。これから元気に拡がることでしょう。
2021020604_s.jpg

整備完了
2021020608_s.jpg

お疲れさまでした
2021020607_s.jpg









別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

桜植樹の為の穴掘り

2月5日(金) 晴れ、参加者5名。桜を植えるために3ケ所の穴掘りを行いました。

野路菊の丘への登り口。1つ目の穴。毎朝 散策されている人が「何もお手伝いが出来なくてすみません」と通り過ぎるのを捕まえて、「穴掘りをしてみてください」。「土の匂いはいいですね」。これで植える桜に愛着を持って頂けるでしょう。
2021020504_s.jpg

2つ目の穴
2021020506_s.jpg

3つ目の穴。ここは急斜面の為、土留め柵の設置となります。
2021020509_s.jpg





別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

ヤブツバキとメジロ

2月3日(水) 野路菊の丘のヤブツバキに、メジロが花の蜜を吸いにきていました。

ヤブツバキの葉の色に溶け込んでいます。
2021020341_ (2)s

花に首を入れ、蜜を吸っています。
2021020345_ (2)s

花弁に足を掛け。さあ これから蜜を吸うぞ。
2021020350_ (2)s

一風当たると、羽毛が現れました。暖かそうです。
2021020399_ (2)s





別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

クヌギの伐倒、堆肥作り、クヌギの仮植え

2月2日(火) 晴れ 参加者9名。新型コロナによる緊急事態宣言発令により、有志による今年になって初めてのまとまった作業。

昨年スズメバチが樹液を吸いに集まるったクヌギを重心に逆らって倒す為、ウインチやローププーラー等3台を使用。
高所に竹を使って3本のロープ掛け
2021020202_s.jpg

追い口伐り
2021020203_s.jpg

ほぼ想定通りの掛かり木にし、後は順調に掛かり木をはずして解体
2021020204_s.jpg

他のメンバーは、クヌギの落ち葉を集め,糠と重ねて踏み固めて堆肥作り、昨日2段目まで、本日は3段目まで。
昨日の写真。落ち葉を集め、ヌカを上に敷き。
IMG_7351s.jpg

古い堆肥も撒きます
IMG_7355s.jpg

本日の写真
更に上に落ち葉を重ねます
IMG_7372s.jpg

ビニールを被せ、あとは寝かせます
IMG_7373s.jpg

2021020212_s.jpg

伐倒隊と合流し、2~3年前に平地にクヌギのドングリが落ちて芽を出しているものを、踏み倒さないように仮移植。
直根が深く伸びています
2021020205_s.jpg

山際に植え替え
2021020206_s.jpg

40cm程真っすぐに伸びた根
2021020210_s.jpg








別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

寒さの中で

1月30日(土) 野路菊の丘 寒さの中にも春に向かっての兆しが見えてきました。

昼過ぎ 水槽の中にはまだしっかりとした氷が張っていました
2021013003_s.jpg

そばのモミジの小枝の先には新しい芽の先が少し膨らみ、色づき出しました。
2021013007_ (2)s

ヤブツバキのつぼみも
2021013008_s.jpg

林の中では、自生のヤブランの葉が濃い緑に変わってきています
2021013005_s.jpg







別窓 | 未分類
∧top | under∨

活動地の冬景色

1月27日(水)  コロナ禍により、年初からの定例活動は休み。きょうは天候もよく、友が丘。よこおの活動地を巡回してきました。
今は、落葉樹の葉は落ち、新芽もまだ殆ど出ず、山の木々は皆お休み中です。ただ 多種多様な野鳥は非常に多い。

友が丘地区
クヌギの葉も殆ど落ち、地面は絨毯のようになっています。
2021012709_s.jpg

2021012706_s.jpg

よこお地区(よこお野路菊の丘)
2021012725_s.jpg

色々な野鳥が訪れ、容姿やさえずりを楽しませてくれます。メジロも多いですが、写真に撮れていません。
2021012108_ (2)s

2021012721_ (2)s

2021012719_ (2)s




 





別窓 | 日記
∧top | under∨

自然環境サミットのご案内

今年もよろしくお願い致します。遅くなりましたが、今年最初の投稿をさせてもらいます。
新型コロナウイルスの収束の兆しはまだ見られず、全国的に感染者数は記録更新の状態が続いています。
明日にも当県においても緊急事態宣言が発令される模様で、本日は定例活動日でしたが、様子を見るために休止にしました。
月末には、自粛の効果が出るものと期待しています。

例年須磨区内の森・川・海で活動している団体のネットワークである須磨FRSネット主催の「自然環境サミット」を下記の通り行います。
残された広い里地・里山の保全・再生・活用を、立場の異なった多くの関係者が協調して取り組むにはどうしたらよいかを考えてみたいと思います。
今回は新型コロナのために、オンライン(youtube)視聴をメインにし、会場での参加は人数を絞ることにしています。 オンラインですから、どこからでもご視聴して頂けます。奮ってご参加ください。 

◆自然環境サミット2021(須磨FRSネット)
img146s.jpg

日時 令和3年2月14日(日)13:30~15:45
場所 ・オンライン(当日13:30まで申込受付)
   ・内容 高田知紀氏(兵庫県立大学自然・環境科学研究所 准教授)による講演
    「森・川・まち・海をつなぐ市民プロジェクト」
日本国内の事例から学ぶ、環境を保全・再生・活用するためのテクニックについて
須磨FRSネット加入団体による活動事例発表
質疑応答

詳細確認や申し込みは下記キーワード、URL及びQRコードから出来ます。
「須磨区 自然環境サミット2021」で検索
https://www.city.kobe.lg.jp/i73375/kuyakusho/sumaku/kekaku/event/frs2.html

自然環境サミット2021申し込み用QRコード

別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

活動地内の合着木(3)

12月29日。今年も残りわずかとなりました。新型コロナウイルスの感染は、残念ながら収束の兆しがない状態で年を越えそうです。
縁起の良い合着木を新たに見つかりましたので、来年は良い年になることを願って報告します。
森の中に入ると、2本の木や枝分かれした幹・枝が年月をかけて一体化した合着木を結構多く見つけられます。
活動地内にも沢山あり、大体は合着の過程の説明は出来ますが、「どうしてこうなった?」というものが時折あります。

新たに見つかった合着木(ヤブツバキ)。分れた2本の幹が夫々自分から近づいて一体化しています。不思議
2020122703_s.jpg

反対側からみたものです。
2021010209_s.jpg


下記の2点は、既に報告済みのものです。
太い木の真ん中に細い木が突き刺さって完全に一体化し、細い木は消えて無くなっています(トウネズミモチ)。不思議
P2050001s.jpg

分れた幹が一体化し大きな輪を作っています。穴の向こうに細長い輪を作った合着木がもう1本。その一直線上に等間隔で更に3本の合着木が連なっています。手前2本はクヌギ、奥の3本はウバメガシ。不思議。
P9210023-2s.jpg

別窓 | 日記
∧top | under∨

ノジギクの刈取り、道補修

12月22日(火) 晴れ、参加者19名。今年最後の活動日です。先週に続いてのノジギクの刈取り、リープ階段の補修、のぼり坂の階段の補修等を行い、全て完了しました。

草地に牛が集まっています。(メンバーが来年の干支の丑を折り紙で作ってきてくれました。
2020122201_ (2)t

手前でロープ階段の古くなった横木を全て、新しいもので取り換えあるいは補強しました。向こうではノジギクの刈取り。
2020122211_ (2)t

刈取り
2020122216_ (2)t

2020122225_t.jpg

ロープ階段の補修
2020122218_t.jpg

のぼり坂の横木付替え
2020122213_t.jpg

3斜面、3平地の全てのノジギクの刈取りを終えました。
2020122228_ (2)t

2020年最後の集合写真(この時だけマスクをはずし)。来年は、コロナも収まり良い年でありますように。
2020122230_t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ササユリの定植

12月10日(木) 参加者9名。数名のメンバーが自宅で種から丹精込めて育成していたササユリの球根が大きく育ち、計28球を友が丘の竹林に2段に分けて定植しました。

上段用の9球
IMG_7233s.jpg

下段用の19球
IMG_7232s.jpg

植え付ける土づくり
P1030304s.jpg

古い土は、消毒して再利用
IMG_7234s.jpg

植付け中の下段
P1030303s.jpg

植え終わった上段
IMG_7236s.jpg

水を撒き、作業終了。花が咲き、芳香が周辺を漂う日が楽しみです。
IMG_7239s.jpg

休息風景
P1030298s.jpg

お疲れ様でした
P1030297s.jpg








別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

フジバカマの植栽地準備

12月19日(土) 曇り、参加者4名。
今秋、活動地内のフジバカマ・ヒヨドリバナの植栽地には多くのアサギマダラが飛来し、楽しませてもらいました。
多くの人に身近にアサギマダラを見てもらおうと、遊歩道の両脇に新たに植栽場所をつくることにしました。

現地に向かう途中に、ドバト3羽
2020121901_s.jpg

今年 奥の木橋下の谷筋に植えたフジバカマに、多くのアサギマダラが飛来しました。遊歩道を利用する人びとにもっと身近に接してもらおうと、道の両脇にも植えることにしました。
2020121911_s.jpg

左側の薄いピンクは、マユミです。
2020121912_s.jpg

マユミの実
2020121906_s.jpg

来春の植え付け場所の準備が出きました。お疲れさまでした。
2020121916_s.jpg

今年の遊水池傍の風景。このようになることをイメージしています。
2020100619_s.jpg







別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

ノジギクの刈取り、道の補修等

12月15日(火) 晴れ時々曇り、参加者19名。
3班に分れ、①ノジギクの花の見頃も終わり、来年の満開に備えての刈取り ②野路菊の丘への登り坂の補修 ③野路菊の丘中央の作業用ロープ階段の補修を行いました。

残菊と紅葉と明石海峡大橋
2020121501_s.jpg

刈取り班作業開始
2020121504_s.jpg

今までは刈り取ったものは全て廃棄しましたが、今回初めてテスト的に一部の各段の横通路に置くことにしました。
2020121506_s.jpg

2020121509_s.jpg

元気に育ったところには、冬至芽が沢山 芽をだしています。
2020121514_s.jpg

2020121516_s.jpg

3班に分れましたが、思いの他 作業がはかどり、来週の今年最後の作業日には刈取りは終えそうです。
2020121518_ (2)s

登り坂の段差の大きなところに横木を追加、材は隣接する憩いの森で最近伐り出して保管していたものを使用。
2020121503_s.jpg

8ケ所を修理。
2020121521_s.jpg

太いロープに横木を止めた作業用の斜面中央のロープ階段。横木が各所で破損、40数本全てを更新することにし、ウバメガシ林で伐り出し。手前は運んできた丸太。まず 一番下に新しい横木を取り付け。残りは次週に。
2020121519_s.jpg









別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

残菊と紅葉

12月9日 晴れが続いています。
よこお野路菊の丘の花は殆ど、満開時の面影は無くなりましたが、モミジの紅葉が際立ってきました。

2020120907_s.jpg

2020120911_s.jpg

ぽつぽつと訪れる人があり、のんびりとしたひと時を過ごされています。ノボリや案内板は明日には撤去です。
2020120910_ (2)s



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

友が丘竹林の整備

12月8日(火)晴れ、参加者20名。友が丘の竹林及び周辺の整備を行いました。

周辺はクヌギの紅葉の真っ盛り。
2020120804_s.jpg

植樹した苗木の周りのササ刈り
2020120810_s.jpg

ササユリの植え付け地整備
2020120815_s.jpg

伐採した竹の枝廃棄場整備
2020120813_s.jpg

つつじの森のササ刈り
2020120807_s.jpg

樹液が出てススメバチが集まったクヌギを、伐倒する前の掛かり木対策で太い枝の切り落とし
2020120818_s.jpg




別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

モミジの植樹、フジバカマの刈取り

12月5日(土) 晴れ、参加者9名。 12月1日の横尾のハチク皆伐作業地での植樹の継続と、今秋アサギマダラが沢山飛来し楽しませてくれたフジバカマ等の刈取りを行いました。(使用していたブラウザとブログの相性不良により投稿が出来なくなり、発信が遅れました)

作業地から淡路島と明石海峡を望めます
2020120504_s.jpg

ポットで育てていたモミジとヤブツバキの小さな苗を植樹
2020120509_s.jpg

2020120506_s.jpg

植樹作業が早く終わり、場所を変えてアサギマダラが吸蜜の為に訪れたフジバカマ等を刈取り
木橋下でのフジバカマとヒヨドリバナの刈取り
2020120511_s_2020120615311518a.jpg

遊水池内外での刈取り
2020120514_s.jpg

来年は、アサギマダラにもっと近くで見られるように、栽培地を増やそうと考えています
2020120517_ (2)s







別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT