森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ

よこおみち森もりの会の日々の活動等を適宜掲載しています。

野路菊の丘の除草

8月20日(火) 晴れ(蒸し暑い) 参加者9名。 朝方に降った雨もあがり、お盆前までにできなかった野路菊の丘の除草の残りを実施しました。

P8200001-t.jpg

P8200008-t.jpg

P8200010-t.jpg

P8200014-t.jpg

P8200011-t.jpg



別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ベンチづくり等

8月17日(土) お盆も過ぎ、台風10号も去り、また 元の暑い平常の夏に戻りました。 参加者3名。
昨年 台風で傾いたユーカリを伐り倒し、丸太にしておいていたものを、ベンチにする作業を行いました。
周辺には、純白のユリが咲き誇っています。

チェンソーを使って半割り(チェンソー歴 約半年)
P8170011-t.jpg

大成功
P8170014-t_20190817174928917.jpg

座り初め。今日で12~16人分の席ができました
P8170018-t.jpg

雑木林の中に咲くユリ。以前は花に赤い筋がj入ったもの(タカサゴユリ)だけだったものが、今では純白のものが大半を占めるようになりました
P8170024-t.jpg

純白のユリ。葉は細い。テッポウユリ(別名 リュウキュウユリ)とタカサゴユリの交雑種のシンテッポウユリのようです
P8170022-t.jpg

P8170027-t.jpg







別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

ナラ枯れ、ノジギクへの散水

8月10日(土) 晴れ、日照りが続いています。
最近 遠方から野路菊の丘方面を見たときにナラ枯れ様の葉が茶色くなった高木が見つけ、本日現地に行き、大量のフラス(カシナガキクイムシが穿孔している証しの木屑と糞の混ざったもの)を確認しました。
周辺にまだ葉の変色はないが根本部にフラスが認められるものが他に別に3株あり。全てコナラです。
2014年と2016年にも穿孔されたものを見つけ、行政に夫々伐採・燻蒸処理をして頂いて落ち着いていましたが、また活発に動き出した模様です。
15日ぐらいに台風が来る予想ですが、それまで猛暑が続くとのことで、上下の斜面と平地のノジギクへの散水を実施しました。

啓明学院のグラウンド越しに。画面の真ん中に茶色くなった葉の高木。
P8100002-t.jpg

該当高木の根元に大量のフラス。
P8100018-t.jpg

周辺にまだ葉の色は変わっていないが、フラスを出しているものが3株あり。盆明けに行政に報告する予定。
P8100022-t.jpg

近くで、ヤブランが花をつけていました。
P8100031-t.jpg

ノジギクへの散水。
P8100038-t.jpg

月に向けて散水。
P8100039-t.jpg

野路菊の丘からの夕焼け。
P8100052-t.jpg





別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ノジギクへの散水

8月8日(木) 日照りが続き、水を求める野路菊の苗が増えてき、今年4回目の散水を行いました。 参加者 6名。
PM5時から6時半 2班に分かれ、2台のポンプをフルで回転し、上下で散水。

ベテランが新人に指導
P8080123-t.jpg

<2-t_20190809070502068.jpg

P8080128-2-t.jpg

1-t_20190809070500a91.jpg

P8080130-t.jpg

散水はお任せし、平地の除草
8-t_20190809070500004.jpg

片づけ。近日中にたっぷりと雨が降って欲しい。
P8080132-t.jpg






別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘の除草

8月6日(火) 晴れ、参加者12名。先週に続けての野路菊の丘での除草作業。

P8060017-t.jpg

P7300019-t.jpg

P8060021-3-t.jpg

P8060025-2-t.jpg

ウマノスズクサを訪れたジャコウアゲハ。10数匹の幼虫がウマノスズクサの葉を喰って、大きく育っています。 
P8060029-2-t.jpg

活動地視察待ちで入った喫茶店のテーブルに訪れた虫。体長2mm程、宝石のように輝いたきれいな虫でした。名前が不明。
P8060106-2-t.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

野路菊の丘の除草等

7月30日(火) 晴れ(時々吹く風が気持ちが良い) 参加者12名。
野路菊の丘および遊水地近くの除草と片づけ、階段道の補修、8月6日の神戸市の視察の準備を行いました。
ウマノスズクサに沢山のジャコウアゲハの幼虫。

久しぶりの野路菊の丘での除草
P7300016-t.jpg

雑草が野路菊よりよく伸びています
P7300014-t.jpg

P7300018-t.jpg

P7300019-t.jpg

8月6日の視察時の木陰のミーティング場所づくり
P7300022-t.jpg

除草作業は、来週も行います
P7300024-t.jpg

ウマノスズクサにジャコウアゲハの幼虫
P7300020-t.jpg

野路菊の丘への登り口にある遊水地近くの除草は、2名が分かれて行いました。
1-t_2019073020291195a.jpg

2-t_2019073020291046b.jpg








別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

ハチクの皆伐、除草

6月23日(火)曇りのち晴れ 参加者12名。
梅雨の為に3週間ぶりの定例活動日です。
よこおのハチクのタケヤブの皆伐作業、野路菊の丘の斜面及び登り口の除草作業に、少ない人数ですが3手に分かれて行いました。ハチクの皆伐作業は、まだ少し残っています。

作業の写真は、登り口の除草のみ。
2019 07 23 2 横尾駐車場 2-t

2019 07 23 2 横尾駐車場 1-t

野路菊の丘は、草で覆われています。
P7240006-t.jpg

ウマノスズクサの花が咲いています。ジャコウアゲハはウマノスズクサの葉をまだ見つけられていないのか、卵産み付けられてはいませんでした。
P7240001-t.jpg







別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

友が丘の竹林とつつじの森の整備

7月16日(火)晴れ(非常に蒸し暑い) 参加者 20名。 友が丘の竹林とつつじの森の整備を実施しました。
雨のために3週間ぶりの活動日、また 今年最初のサマータイム日。もう 今年も半分が過ぎました。

なまった体をほぐします。
友が丘-t

つつじの森、つつじの苗の周りのササの刈取り
友が丘 (2)-t

友が丘 (6)-t

枯れた竹の処理
友が丘 (4)-t

ウバメガシの除伐
友が丘 (3)-t

道の補修
友が丘 (5)-t




別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

七夕用竹取り

6月28日(金) 神戸大学の学生の皆さんが学内で開催する恒例の七夕まつりに使う竹を採りに来ました。
当会から4名が対応。学生7名。地元の人には駐車場借用等で協力をしていただきました。
竹は急斜面の下のタケヤブで伐り出し、手渡しで運び上げ、トラックに積み上げで、約2時間内に順調に終えることが出来ました。

IMG_0032-t.jpg

IMG_0033-t.jpg

IMG_0036-t.jpg

IMG_0040-t.jpg

無事 竹取り作業は終了しました。お疲れ様でした。年齢差 3倍以上。学生の皆さんが私たちの歳になった時に、このようなヤブに入って竹を伐り出し、持ち帰って竹灯篭をつくり、七夕祭りを楽しむというようなことが行われるているだろうか。いくら 科学が進んだとしても、こういう行事は残って欲しいものです。
IMG_0048-t.jpg

七夕まつり当日の展示した作品の写真を、後日 送られてきました。
line_103574687765745-t.jpg

line_103594117751102-t.jpg



別窓 | 日記
∧top | under∨

ハチクのタケヤブの皆伐

6月5日(火)晴れ 参加者15名。先週の上斜面の皆伐に続き、今回は中斜面の皆伐。
皆伐開始当初太かった竹も年ごとに細くなり、また背丈も低くなってきました。根気よく続け ここから完全竹を駆逐し、四季を彩る雑木林に変えたいものです。

登り口で朝の準備体操(ここは昨年の豪雨の時に土石流で埋まりましたが、行政によってきれいに整地されました。
1-t_201906260849212c0.jpg

今回は、前回の上斜面に続いての中斜面のハチクの皆伐
IMG_3089-t.jpg

1本1本は、細く低くなってきていますが、これを放置すると根に養分を蓄え、また 元の太く高いタケヤブに戻ってしまいます
IMG_3118-t.jpg

横一列になって、下から上に攻めていきます
IMG_3175-t.jpg

通路の草は、刈払機で
IMG_3129-t.jpg

IMG_3239-t.jpg

中斜面の皆伐を終え、残すは下斜面となりました
IMG_3272-t.jpg





別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

ハチクのタケヤブの皆伐

6月18日(火)曇り 参加者17名。横尾の斜面に拡がるハチクのタケヤブの駆除を続け、今年で約8年。
1年も経つと竹で覆われますが、竹の太さは小指程の細いものやたネザサのようになり、皆伐の効果が出てきています。
今回は、上・中・下の3斜面の上斜面を実施しました。

新竹で覆われた斜面
1-t_20190619220142882.jpg

竹にもぐって
2-t_20190619220144332.jpg

3-t_2019061922014537f.jpg

5-t_20190619220147e36.jpg

伐り出した竹のボリュームが小さくなってきました
6-t_201906192201415aa.jpg

来週は、残りの斜面の皆伐の予定です
8-t_20190619220243833.jpg

別窓 | 横尾マダケ・ハチクのタケヤブ
∧top | under∨

フジバカマの苗の植え付け

6月14日(金) 参加者4名。遊歩道の横尾道に架かる木橋下の除草を行い、フジバカマの苗の植え付けを行いました。
この谷に自生しているヒヨドリバナの花に秋には渡り蝶のアサギマダラが飛来し、木橋から観察ができていました。更に飛来数を増やそうと苗を育て沢山植え付けていましたが、昨年の豪雨での土石流により、大半が埋まってしまいました。このために新たに育てたフジバカマの苗を植えることにしました。

木橋から見た谷筋(草で覆われています。普段は水は流れていません)
P6140017-t_201906141626283a7.jpg

刈払機を使って
P6140018-2-t.jpg

草は刈り取られ
P6140022-t_201906141626311dd.jpg

他の活動地やメンバー宅で育った苗を植え付け、竹で目印
P6140024-t.jpg

35株の苗が植わりました。手前左は、辛うじて残っていたヒヨドリバナの株。周辺には流されてきたコンクリートの溝や大きな石が転がっています
P6140031-t.jpg

豪雨の時に壊れた貯舛は、この5月に作り直されました
P6140030-t.jpg

この下の中央部が、今日 苗を植え付けた場所
P6140028-t.jpg




別窓 | 須磨の山々・横尾道周辺
∧top | under∨

ユーカリ緑地の整備等

6月11日(火)晴れ 参加者23名。久方ぶりのユーカリ緑地の整備。同時に新メンバーに木の伐り方の基本について講習。クリンソウの苗の植え付けや各種植え付けた苗に杭打ち。野路菊の丘の未使用の土や肥料の片づけ等を行いました。

ユーカリ緑地への下り階段の補修、緑地内の除草
P6110001-t.jpg

P6110006-t.jpg

緑地内の雑木の伐採
P6110004-t.jpg

遊水地脇に植えたフジバカマの苗に縦杭を打ち込み
2019 06 11-t

土、肥料の片づけ
P6110009-t.jpg



別窓 | よこお雑木林・ウバメガシ林
∧top | under∨

ホダ木の本伏せ、竹林整備

6月4日(火)晴れ 参加者 当会19名、自治会自然教材園21名。
自然教材園のメンバーを中心としてのシイタケホダ木の本伏せ、当会メンバーでのホダ場の補修、竹林の整備等実施。

今年植菌し仮伏せをしていたシイタケのホダ木230本を、教材園の人達が中心になって斜面の下のホダ場に移動し本伏せ。
下のホダ場で残っているホダ木の整理
P6040025-t.jpg

上の仮伏せしていたホダ木を運びだし
P6040027-t.jpg

手渡しで
P6040045-t.jpg

昨日作成したシューターで落下
P6040041-t.jpg

滑り落ちています
P6040046-t.jpg

順調に落ちてきました
P6040036-t.jpg

手渡しで運び本伏せに
P6040038-t.jpg

今年植菌した新しいホダ木
P6040051-t.jpg

昨年までに植菌したホダ木
P6040050-t.jpg

下段のホダ場では、傷んだ竹が付け替えられていました。
P6040052-t.jpg

これらの作業と並行して、竹林の整備を行いました
2-t

5-2-t

6-t

P6040054-t.jpg









別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

さつま芋、シイタケ、フジバカマ

6月2日(日) 曇り、参加者 総勢60名、内 当会7名。
北須磨団地自治会の自然教材園のさつま芋の苗の植え付け。
9時開始予定が、いつもの如く9時には植え終わりました。

さつま芋の苗の植え付け完了。
希望者に渡り蝶アサギマダラが吸蜜するフジバカマの苗を配布(約60本)しました。
P6020035-t.jpg

シイタケのホダ場の100本強の古いシイタケのホダ木の廃棄作業
上段から、下段へ
P6020039-t.jpg

下段のホダ場から運びだし
P6020041-t.jpg

P6020045-t.jpg

30分程で、全ての廃棄作業は終えました。驚きのスピード。
P6020044-t.jpg

最後に当会のメンバーでフジバカマの苗(20本程)の植え付け。
P6020046-t.jpg





別窓 | 日記
∧top | under∨

シイタケホダ木運び用滑り台の作成

6月1日(土)晴れ。 今年も早 6月に入りました。参加者 6名、自然教材園1名 計7名。
シイタケの仮伏せしている230本のホダ木を、急斜面下のホダ場に移動させるために、竹の滑り台を作成。
その後、古くなったホダ木を廃棄する場所づくり。

仮伏せしている平地で、伐り出した竹に番線を通し、滑り台の台づくり。
P6010031-t.jpg

斜面にて、竹の台をつないでいきます
P6010033-t.jpg

完成。テストにて上から滑らせたホダ木は、一瞬に下のホダ場に到着。230本の本番は4日の予定。
P6010034-t.jpg

別窓 | 友が丘竹林の道・つつじの森
∧top | under∨

ノジギクへの水遣り開始

5月26日(日)晴れ 野路菊の丘に補植用の苗を植えてから5日間日照りが続いているため、有志3名で今年最初の水遣りを行いました。

平地から
P5260001-t.jpg

P5260004-t.jpg

夕日に映える斜面から
P5260005-t.jpg


別窓 | 未分類
∧top | under∨

ノジギクの補植(続き)

5月21日(火) 晴れ 参加者18名(内 体験参加者1名)。
よこお野路菊の丘にて、先週に続けてノジギクの苗の補植を行い、先週分と合わせて約1600本を植えました。
昨夜の雨で地面が湿り、苗の植え付けに最適日。

まず土づくり
P5210008-t.jpg

斜面の残りの補植
2-t_2019052119074235a.jpg

上斜面への補植
P5210011-t.jpg

平地の補植
P5210009-t.jpg

3-t_20190521190744e72.jpg

登り坂の補植
4-t_20190521190745f31.jpg


野路菊の丘の南の谷の対面で、昨年の豪雨にて大きく動いた溜め枡の改修作業が行われていました。
P5210005-t.jpg

P5210001-t.jpg








 


別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨

神戸まつり(須磨音楽の森)

5月18日(土) 須磨区の神戸まつり(須磨音楽の森)が須磨離宮公園で行われ、今年も 須磨FRSネットが出店しました。
今年は、「海藻おしば」「手づくりおもちゃ」「エコ工作」「フジバカマの苗」の4点を行い、各所属団体から計30名がスタッフとして、参加しました。沢山の人(,子供達を中心に約200名)に、各種の手づくりの作品づくりを楽しんでもらいました。

離宮公園内はバラが満開。多くの人が訪れています。
P5180015-t.jpg

P5180017-t.jpg

須磨FRSネットのブース全景
P5180023-2-t.jpg

海藻おしば(生の各種の海藻をはがきに貼って、模様をつくっていきます
P5180041-t.jpg

P5180036-t.jpg

手づくりおもちゃ(紙やストロー、発泡スチロール等を利用して)
P5180022-t.jpg

P5180028-t.jpg

エコ工作・フジバカマの苗
P5180008-t.jpg

受付風景
P5180021-t.jpg

P5180039-t.jpg

P5180042-t.jpg

16:00 前加工等をして用意した材料は、全て出尽くし 盛況のうちに出店を終えました。
公園内では、まだまだ 色々な催しや花火などがあり、新しい人が増えています。
P5180055-t.jpg











別窓 | 須磨FRSネット
∧top | under∨

ノジギクの補植

5月14日(火) 参加者21名。よこお野路菊おの丘の育ちの悪い場所に、ノジギクの補植を行いました。
きょうの補植本数 約500本。

作業前の準備体操。
P5140001-t.jpg

先週 仕残した場所の除草
全体1 (4)-t

補植用土づくり
全体1 (5)-t

補植する場所に記しをつけるための竹棒の作成
P5140007-t.jpg

全員で補植の開始
全体1 (8)-t

P5140011-t_20190514182658879.jpg

P5140016-t.jpg

植樹して大きくなってきたヤマザクラに、支柱の取りつけ
P5140008-t_201905141825303b3.jpg

別窓 | よこお野路菊の丘
∧top | under∨
| 森林ボランティア よこおみち森もりの会のブログ | NEXT